フォントサイズ変更

新着記事

月間アーカイブ

ツイッター



稲美町立子育て交流施設 いなみっこ広場がオープンします 2021.04.15.

竣工式  5月5日(水・祝) 10:00~
場 所  いなみっこ広場(いなみ野水辺の里公園南側)
利用開始日時

子育て支援エリア  5月5日(水・祝) 13:00~
福祉会館エリア   5月11日(火)   9:00~
*福祉会館エリアの利用予約は、5月6日(木)9:00から受け付けます(5月・6月分の予約をあわせて行います)。
開館時間 9:00~17:00(福祉会館エリアは、許可を得たときは、22:00まで利用可能)
休館日  毎週月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)・年末年始(12月28日~翌年1月4日)
誰もが安心して子育てができるコミュニティーの拠点として、子育て交流施設(いなみっこ広場)をご利用ください!




あした天気になぁれ(稲美町) 2021.04.14.

ひろげよう こころのネットワーク
令和3年度「人権教育・啓発に関する事業」のお知らせ
人権教育課では、稲美町内に人権文化を広めていくため、様々な事業を計画しています。どうぞご参加ください。
①自治会別人権学習「ふれあい学習会」
町内自治会の公民館や集会所で、年1 回、身近な人権課題やまちづくりについての「ふれあい学習会」を開催します。時期や学習内容については、自治会長、生涯学習推進員(人権学習担当)、ふれあい学習アドバイザーを中心にご相談いただき、事務局で日程調整後、各自治会の担当の人からお知らせしていただきます。
②人権啓発講座「ほっとホットセミナー」
各方面から講師をお招きし、様々な人権課題について、豊富なご経験に基づき講演していただきます。当日、直接会場にお越しいただければ、どなたでも参加することができます。開催日時や講師については、決定次第、広報などでお知らせします。
③体験から学ぶ人権講座「稲美町じんけんわくわくスクール」
小学生と保護者を対象に、様々な人と出会い、自然、文化にふれあい、人権尊重の心を育むことを目的とした「体験型人権学び講座」を開催します。各小学校を通じて講座生を募集し、5月中旬から開講する予定です。
④人権大会・フェスティバル・研究大会の開催
・第35回稲美町人権大会(こころあった会) 8月29日(日) 文化会館コスモホール講演会
講師 テレジンを語りつぐ会 代表 野村路子こ さん
テレジン収容所の幼い画家たち展 8月24日(火)~29日(日) ふれあい交流館2階
・2021いなみ人権・福祉フェスティバル   12月4日(土) 文化会館コスモホール
講演会 講師 児童精神科医 医学博士 夏なつ苅かり 郁いく子こ さん
・第41回稲美町人権・同和教育研究大会   令和4年1月29日(土) 役場本館4階コミュニティセンターホール
町内の学校園・地域団体・職場における人権・同和教育の実践発表と情報交換の場です。
講演会 講師 西光寺(水平社運動発祥の地)住職 清きよはら原 隆りゅうせん宣さん
(問合先)人権教育課 ☎ 492-2550




不妊・不育症治療費の一部を助成をします(稲美町) 2021.04.13.

不妊や不育症治療に取り組まれているご夫婦を支援するため、特定不妊治療、一般不妊治療、不育症治療について治療費の一部を助成しています。所得制限を撤廃し、より多くのご夫婦を支援できるよう拡充しました。
◎特定不妊治療・・・体外受精及び顕微授精
◎一般不妊治療・・・タイミング法及び人工授精など
◎不育症治療・・・妊娠しても流産や死産を繰り返す場合の検査・治療

(助成内容)

特定不妊治療 一般不妊治療 不育症治療
対  象
(主な要件)
①県の特定不妊治療の助成を受けた夫婦(事実婚を含む)
②治療期間の初日における妻の年齢が43歳未満  など
①一般不妊治療を受けた夫婦
(事実婚を含む)
②一般不妊治療の開始時において妻の年齢が43歳未満  など
①不育症治療を受けた夫婦
(事実婚を含む)
②不育症治療の開始時において妻の年齢が43歳未満  など
対象費用 指定医療機関で受けた医療保険適用外の特定不妊治療に要した費用(特定不妊治療に至る過程において精子を採取するための手術も含む) 医療機関における一般不妊治療に要した費用に係る本人負担額(保険適用・適用外は問いません) 医療機関における不育症の治療費等(検査料を含む)に係る本人負担額(保険適用・適用外は問いません)
助成回数・
助成年度
40歳未満 6回まで
40歳以上43歳未満 3回まで
1月から12月までの診療分で、連続する2年度 1月から12月までの診療分で、
通算で5年度
助成額 1回あたり上限10万円
(治療内容によっては5万円)
1年度あたり上限5万円 1年度あたり上限10万円

※詳しくは、下記までお問い合わせください。
この記事の全般については     こども課 育児支援係 ☎492-9155
県の特定不妊治療費助成については 加古川健康福祉事務所 地域保健課 ☎422-0003
または兵庫県ホームページ




~移住・結婚に伴う補助制度のお知らせ~(稲美町) 2021.04.10.

お試し居住補助金
移住を目的として、町内でお試し住宅を利用した場合の家賃などを補助します。
■補助金額
お試し住宅を利用した期間の家賃、仲介手数料及び家賃保証保険保証料の合計額(上限18万円)
※ただし、家賃は平成30年4月1日から令和4年3月31日までのうち最長6カ月間を対象とし、月額3万円を上限とする。
■補助対象者
平成30年4月1日から令和4年3月31日までの間にお試し住宅に入居し、次のいずれにも該当する人
1.お試し住宅入居前の1年間、以下の地域以外に在住していること
令和2年3月31日以前:兵庫県内
令和2年4月1日以降:稲美町・加古川市・高砂市・播磨町
2.お試し住宅を利用する目的が転勤・進学以外であり、稲美町に定住する意思があること
3.申請者が、お試し住宅の賃貸契約の名義人であること
■用  語
お試し住宅:町内にある民間の賃貸物件で、一般社団法人兵庫県宅地建物取引業協会加盟の不動産仲介業者が仲介するもの
家賃:お試し住宅に係る1カ月分の賃料で、共益費、管理費及び駐車場代を除いたもの

結婚新生活支援補助金
結婚を機に、町内で新生活を始める新婚世帯に対して、住居費用(購入・賃借費用)及び引越費用を補助します。令和3年度から補助を受ける要件を緩和し、補助額の上限を拡充しました。
■補助金額
新居に要した費用及び引越費用の合計額(上限30
万円)
※千円未満の端数がある場合は、切り捨てた額
■補助対象者
令和3年1月1日から令和4年3月31日までの間に婚姻届を出し、受理された夫婦のうち、次の要件を満たしている世帯
1.夫婦の所得金額の合計が400万円未満の世帯
2.対象となる住宅が町内にあり、居住・住民登録していること
3.婚姻届が受理された時点での年齢が、夫婦どちらも39歳以下であること
■用  語
新居に要した費用:新居の購入費、賃料、敷金、礼金、共益費、仲介手数料など
引越費用:新居へ引越しするために、引越業者または運送業者へ支払った費用




ふれあい交流館3月のイベント情報 2021.04.05.

ふれあい交流館
☎ 079-492-7700 📠 079-492-7878
休館日:4月5日(月)・19日(月)

あたご大学生入学式・進級式
令和3年度の高齢者大学「あたご大学」の入学・進級式を行います。
と き 4月15日(木) 受付  9 :00~ 開式 10:00~
ところ コスモホール

いなみ野山野草展~春~
春を飾る山野草が、皆さんをお待ちしています。
と き 4月24日(土)~25日(日) 9:00~17:00(ただし、25日(日)は16:00まで)
ところ ふれあい交流館 研修室・ギャラリー
主 催 稲美町・稲美町教育委員会
主 管 <ふれあい交流館サークル>いなみ野山野草の会




コスモホール4月のイベント情報 2021.04.03.

文化会館(コスモホール)
☎ 079-492-7700 📠 079-492-7878
休館日 4月5日(月)・19日(月)

佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ2021関連企画
喜歌劇『メリー・ウィドウ』ハイライトコンサート ~ええとこどり
関西で活躍するオペラ歌手がピアノの生演奏とともにお贈りします。
楽しいお話もあり、初心者でも楽しめます!
井原敏行(Pf.MC)  迎肇聡(バリトン)  端山梨奈(ソプラノ)
中川正崇(テノール) 北野智子 (ソプラノ)
と き 4月18日(日)
開 演 15:00予定
入場料 [全席指定] 500円 ※未就学児入場不可
企画・制作 兵庫県立芸術文化センター
※入場券 のこりわずか

第29回コスモ吹奏楽祭
町内の2中学に加え、近隣の学校の吹奏楽部、コスモシンフォニックウィンズなどの団体で吹奏楽祭を開催します。
と  き 7月4日(日)
開  演 14:00(開場13:30) 全席自由
要入場整理券(無料) 5月8日(土) 9:00~発行開始
※4歳以下のお子様の入場はお断りします。

*新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、催しの中止や、座席数の変更等がある場合があります。予めご了承いただきますようお願いいたします。

COSMO 夢コンサート
毎月第1水曜日の夜にお楽しみいただいている夢コンサートは、本年度リニューアルして再開しますので、しばらくお待ちください。再開については広報などでお知らせします。

 




あんしんボタンをご利用ください(稲美町) 2021.04.03.

あんしんボタン(緊急通報システム)は、高齢者が急な発作や突発的な事故など万が一のときに、胸にかけたペンダントか端末機器の『緊急ボタン』を押すだけで、近隣の協力者などに助けを求めることができるシステムです。自宅に電話回線のない人でも使用できます。また、有料で見守りセンサーを設置できます。詳しくは、お問い合わせください。
対   象
①65歳以上の1人暮らしの高齢者
②65歳以上の高齢者世帯(ただし、 要介護3以上の認定を受けた高齢者がいる世帯に限ります)
近隣協力者 緊急時にご協力いただく近隣協力者が原則3人必要です。
費 用 負 担 世帯の収入に応じて費用負担があります。(町民税非課税世帯は無料です)
問 合 先 健康福祉課 高齢福祉係 ☎492-9137




一部の公共施設でFree Wi-Fiが 利用できるようになりました(稲美町) 2021.04.02.

町では、来庁者の皆さんの利便性の向上などを目的として、一部の公共施設に無料公衆無線LAN(FreeWi-Fi)を整備しました。お立ち寄りの際は、ぜひご利用ください。
利用方法:各端末のWi-Fi ネットワーク設定画面で「INAMI_Free_Wi-Fi」を選択し、利用規約に同意のうえ認証を受けてください。
SSID:INAMI_Free_Wi-Fi
認証方法:電子メールまたはSNS アカウント(Facebook、Google、Twitter、Yahoo! JAPAN)による認証
利用可能な公共施設
・稲美町役場       ・いなみ文化の森
・いなみ野体育センター  ・いなみアクアプラザ
・いなみっこ広場(子育て交流施設)
※各施設における実際の利用可能エリアは、各施設でご確認ください。
※いなみっこ広場(子育て交流施設)は、5月5日(水・祝)オープン予定です。
※その他利用規約や詳細は、町ホームページをご確認ください。
問合先
企画課 情報係 ☎492-9130




各種利用券の申請をお忘れなく!(稲美町) 2021.04.01.

高齢者優待利用券(バス券・タクシー券)の申請を受け付けています
高齢者の生活行動範囲の拡大と社会参加を支援するため、バス券・タクシー券を交付しています。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、郵送でも申請を受け付けています。郵送をご希望の場合はご連絡ください。
【対象となる人】
(1)稲美町に住所のある65歳以上75歳未満の人で、下記の両方にあてはまる人
①令和2年度の住民税非課税世帯の人(同じ世帯の人全員が非課税)
②自宅で生活しており、外出時にバス・タクシーの利用が必要な人
(利用券の有効期間は令和3年4月1日から令和4年3月31日まで)
(2)稲美町に住所のある75歳以上の人で、下記の両方にあてはまる人
①後期高齢者医療保険1割負担の人  ②自宅で生活しており、外出時にバス・タクシーの利用が必要な人
(利用券の有効期間は令和2年8月1日から令和3年7月31日まで)
※すでに令和2 年8 月以降に利用券の交付を受けた人については、令和3 年8 月頃からの申請になります。
【窓口の申請に必要なもの】
・本人確認できる書類(保険証、免許証など)
・印かん(本人が署名できない場合)
※代理の人が申請する場合は、代理人の本人確認書類が必要です。利用券は、申請者のご住所に郵送します。
【利用券の種類と交付枚(冊)数】
○バス券・・・1カ月につき1冊(1,320円分相当)の回数乗車券(利用は稲美町発着の神姫バスに限る)
○タクシー券・・・1カ月につき660円×4枚(利用は町と契約しているタクシー会社に限る)
※1回の乗車につき、乗車料金が1,320円以上の場合は2枚まで使用できます。
【申請・問合先】 健康福祉課 高齢福祉係 ☎492-9137

はり・きゅう・マッサージ利用券の申請を受け付けています
令和3年4月1日から利用可能な「はり・きゅうマッサージ券」を申請により交付しています。
【対象となる人】 稲美町に住所のある65歳以上の人
【窓口の申請に必要なもの】
・本人確認できる書類(保険証、免許証など)
・印かん(本人が署名できない場合)
※代理の人が申請する場合は、代理人の本人確認書類が必要です。利用券は、申請者のご住所に郵送します。
【助成内容】
・1枚あたりの助成額が1,000円の利用券を年間12枚発行します(利用券の有効期間は令和3年4月1日から令和4年3月31日まで)。
・利用券は、はり・きゅうマッサージ等の1,000円以上の施術1回につき、1枚のみ使用できます。利用券との差額は、現金でお支払いください。
・利用券の使用は、町と契約している施術所に限ります。
※各種保険診療による治療(保険証を使った施術)の場合は使用できません。
【申請・問合先】 健康福祉課 高齢福祉係 ☎492-9137

重度障がい者(児)福祉タクシー利用券
在宅の重度障がい者(児)に対して、タクシーの利用券を申請により交付しています。
【対象となる人】 次の①から③のいずれかにあてはまる在宅の人
①身体障害者手帳1級または2級の人  ②療育手帳A判定の人
③精神障害者保健福祉手帳1級の人  ※高齢者優待利用券と重複して交付はできません。
【利用券の種類・枚数】
1 枚500 円の利用券を年間72枚(利用は町と契約しているタクシー会社に限る)
【利用方法】
1回の乗車料金が1,000円未満の場合は1枚、1,000円以上1,500円未満の場合は2枚、1,500円以上の場合は3枚まで利用できます。また、ストレッチャーを利用した場合は、ストレッチャー使用料金として、2,000円(上限)を別途助成します。
【利用券について】
2月に実施したアンケートに基づき、希望者全員のご自宅に利用券を郵送しています(利用券の有効期間は令和3年4月1日から令和4年3月31 日まで)。
年度途中から利用券を希望される人は、申請が必要です。障害者手帳をお持ちのうえ、地域福祉課窓口で申請してください。
【申請・問合先】 地域福祉課 障がい福祉係 ☎492-9136




「2歳児の会・3歳児の会』会員募集!(稲美町) 2021.04.01.

1年を通して、親子で四季の行事やふれあい遊びの体験、育児の喜び・悩みを共有しながら子育てのスキルを楽しく学びます。活動を通じて、親子で素敵な仲間作りをしてみませんか。
【活動期間】 令和3年5月~令和4年3月(年間18回程度)
【対  象】 2歳児・3歳児の子どもとその保護者(祖父母世代で孫育てをされている人も大歓迎です)
・2歳児(平成30年4月2日~平成31年4月1日に生まれた子ども)
・3歳児(平成29年4月2日~平成30年4月1日に生まれた子ども)
※主に火~木曜日が活動日となりますので、いずれの曜日でも参加可能な人に限ります。
※月齢順にグループ分けをします。異年齢のグループになる可能性もあります。
【活動場所】 主に、いなみっこ広場
【活動時間】 10:00 ~ 11:30( 開級式は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、5月25日(火)、26日(水)、27日(木)の3日間に分けて行います)
【定  員】 30組程度(申し込みが定員を超えた場合は、抽選により決定します)
【申込期間】 5月6日(木)10:00 ~5月13日(木)16:30
【申込方法】 申込書に①保護者氏名、②子どもの氏名(漢字・ふりがな)、③子どもの生年月日、④住所、⑤電話番号を記入し、いなみっこ広場窓口またはメール、FAXで申し込んでください。申込書はいなみっこ広場窓口または町ホームページからダウンロードできます。
※電話による申し込みはできません。 ※先着順ではありません。
【問合先】 いなみっこ広場 ※4月1日(木)から問い合わせを受け付けています。
☎497-7100 FAX 497-7130 メール inamikko@town.hyogo-inami.lg.jp




令和3年度施政方針(稲美町) 2021.04.01.

『健やかな暮らし』 を!
協調と対話をモットーに、住民の皆さんの健やかな暮らしを1日も早く取り戻すよう、取り組んでまいります。

『子育て支援』
稲美町立子育て交流施設「いなみっこ広場」が、いよいよ5月5日のこどもの日にオープンします。次代を担う子どもたちが地域のあらゆる世代の人たちとの出会いや交流を通じて、いきいきと健やかに育つことができる環境を整えます。
また、出産お祝い金支給事業として5万円分の稲美町共通商品券を交付するとともに、保育所に対する保育士の人材確保の取り組みを強化します。
『福祉の充実』
あんしんボタンシステムにより、自宅に電話回線のない人でも使用できる携帯端末のサービスを追加し、高齢者の安全確保と在宅福祉の充実を図ります。
また、同一施設で夜間及び休日の一次救急医療を実施する東はりま夜間休日応急診療センターの11月開設に向け、東播磨2市2町(加古川市、高砂市、稲美町、播磨町)が連携して取り組みます。
『公園の整備』
稲美中央公園では大型遊具をはじめとした大規模リニューアルを実施します。
また、岡東公園の整備、国安小池公園の実施設計に取り組み、住民の皆さんのふれあいの場や憩いの場の充実を図ります。
『生活環境の推進』
令和4年4月の東播臨海広域クリーンセンターの本格稼動に先駆け、令和3年11月から稲美町の家庭系可燃ごみの受け入れが新施設で始まることから、収集運搬体制を見直します。
また、資源ごみの集団回収運動を促進することにより、循環型社会の実現を目指します。
『教育の充実』
小中学校において1人1台タブレット端末を配置することで、持ち帰り学習を含めたICTを活用した学習活動の充実を図ります。
また、母里小学校及び天満東小学校にエレベーターを設置するための実施設計に取り組みます。
さらに、幼稚園で夏休みなどの長期休業中においても預かり保育を実施します。
また、天満幼稚園での3歳児教育の実施に向け、園舎の増築に取り組みます。
『新型コロナウイルス感染症対策』
新型コロナウイルスのワクチン接種が的確に実施できる体制の確保を図ります。
また、地域の消費を喚起するため、一人につき5千円分の地域振興商品券を再度交付します。
さらに、加古・母里・天満小学校及び稲美中学校のトイレの洋式化や自動水栓の導入に取り組みます。

令和3年度の主要施策については稲美町ホームページをご覧ください。




こんにちは♡保健師です(稲美町) 2021.03.15.

大切なこころといのちを守るために
日本では、年間約2万人もの人が自ら命を絶っています。あなたの身近なところにも、誰にも相談できず、1人で悩みを抱えている人がいるかもしれません。その中の多くは、うつ病などこころの問題を抱えていると言われています。
日常生活の中でストレスを感じることはあると思いますが、それに加え、新型コロナウイルス感染症の影響で、新しい生活様式に戸惑い、不安に思う日々が続いています。さまざまな制約があり、経済的な不安、社会的な孤立など、これまでとは違う問題を抱えている人もいるかもしれません。
周囲の人からのSOSはありませんか?
「いつもより元気がないようだけど、大丈夫かな?」
そんな誰かの「気づき」や「優しいひとこと」が、大切な人のこころやいのちを守ることにつながるかもしれません。たくさんの温かい地域の目で見守っていきたいですね。




「稲美町事業系指定ごみ袋」について 2021.03.13.

4月1日(金)から70リットル・90リットルのごみ袋を販売します!

●販売価格(税込)
70リットル(厚さ0.04㎜)  10枚入り 180円
90リットル(厚さ0.045㎜) 10枚入り 240円
●販売場所
稲美町商工会 ☎492-0200




子育て支援センターからのお知らせ(稲美町) 2021.03.10.

申込・問合先 こども課 育児支援係(子育て支援センター)☎492-9090

●ネンネの会
助産師、栄養士、保健師を交えて日常の育児について相談したり、親子のリラクゼーション遊びが体験できます。申し込みはいりません。
【と き】 3月25日(木)10:00~11:00
【ところ】 いきがい創造センター 多目的ホール
【対 象】 0歳児とその保護者
【持ち物】 バスタオル




はり・きゅう・マッサージ利用券及び 高齢者優待利用券(バス・タクシー券)の申請受付を開始します(稲美町) 2021.03.07.

各種利用券の申請受付の混雑を避けるため、3月22日(月)から受付を開始します。希望する人は申請してください。
窓口は午後が比較的空いています。新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、混雑緩和にご協力をお願いします。

はり・きゅう・マッサージ利用券※窓口で受付
65歳以上の高齢者に対して、令和3年4月1日から利用可能な「はり・きゅうマッサージ券」を申請により交付します。
【対  象】 稲美町に住所のある65歳以上の人
【申請に必要なもの】
・本人確認書類(保険証、免許証など)
・印かん(本人が署名できない場合)
※代理の人が申請する場合は、代理人の本人確認書類が必要です。利用券は申請者のご自宅に郵送します。

高齢者優待利用券(バス・タクシー券) ※郵送または窓口で受付
65歳以上74歳未満の人で、令和3年3月31日有効期限のバス・タクシー券をお持ちの人には、3月
上旬に申請書をお送りしますので、必要事項をご記入のうえ、返送してください。令和3年4月1日から利用可能な「バス・タクシー券」を3月下旬に交付します。
また、新規の人で利用を希望される人は申請してください。
【対  象】 稲美町に住所のある65歳以上74歳未満の人で下記の両方にあてはまる人
①令和2年度の住民税非課税世帯の人(同じ世帯の人全員が非課税)
②居宅において、外出時にバス・タクシーの利用を必要とする人
【申請に必要なもの】
・本人確認できる書類(保険証、免許証など)
・印かん(本人が署名できない場合)
※代理の人が申請する場合は、代理人の本人確認書類が必要です。利用券は申請者のご自宅に郵送します。
【利用券の種類】
○バス  ・・・1カ月につき1冊(1,320円相当)の回数乗車券(神姫バスに限ります)
○タクシー・・・1カ月につき660円×4枚(利用は町と契約しているタクシー会社に限ります)
※有効期限が令和3年7月31日のバス・タクシー券をすでにお持ちの75歳以上の人は、重複して交付できません。8月から受付を開始します。詳しくは「広報いなみ8月号」でご案内します。

【申請・問合先】 健康福祉課 高齢福祉係 ☎492-9137




健診結果の提供にご協力ください(稲美町) 2021.03.05.

健康ポイント対象

稲美町国民健康保険に加入している40歳から74歳までの人のうち、職場(パート先など)や人間ドックなどで、特定健診と同じような健診を受けている人はいませんか?
稲美町が発行している特定健診受診票を使用せずに職場などで受診されると、稲美町には健診結果が届かず、受診された健診結果を役立てることができません。
そのため、健診結果通知が届きましたら、稲美町へ結果の写しの提供をお願いします。
〔健診結果の提供について〕
健診結果通知を健康福祉課までお持ちください。写しを取らせていただきます。
ぜひ、稲美町国民健康保険の特定健診受診率の向上にご協力をお願いします。
問合先 健康福祉課 健康推進係 ☎492-9138




コスモホール3月のイベント情報 2021.03.04.

文化会館(コスモホール)
☎ 079-492-7700 📠 079-492-7878
休館日 3月1日(月)・15日(月)

佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ2021関連企画
喜歌劇『メリー・ウィドウ』ハイライトコンサート ~ええとこどり
関西で活躍するオペラ歌手がピアノの生演奏とともにお贈りします。
楽しいお話もあり、初心者でも楽しめます!
井原敏行(Pf.MC)  迎肇聡(バリトン)  端山梨奈(ソプラノ)
中川正崇(テノール) 北野智子 (ソプラノ)
と き 4月18日(日)
開 演 15:00予定
入場料 [全席指定] 500円 ※未就学児入場不可
企画・制作 兵庫県立芸術文化センター
※入場券 好評発売中

*新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、催しの中止や、座席数の変更等がある場合があります。予めご了承いただきますようお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため下記公演は、中止とさせていただきます。

第22回COSMO夢コン音のフェスティバル
と き  令和3年3月7日(日)




行財政改革推進委員会 公募委員募集(稲美町) 2021.03.03.

町では、行財政改革大綱に基づき『自立することができる稲美町を創る』ため、行財政改革実施計画の推進に取り組んでいます。
そこで、稲美町行財政改革実施計画の進捗状況の点検及び評価をしていただける人を募集します。
◆募集人員 若干名
◆任  期 令和3年4月1日~令和5年3月31日
◆応募資格 次の条件を満たしている人
・行財政改革に関心のある人
・20歳以上の町内在住の人
・国や地方公共団体の議員や常勤の職員でない人
・町の附属機関などの委員でない人
◆応募方法 企画課窓口に備え付け、または町ホームページに掲載している応募用紙に応募理由などの必要事項をご記入のうえ、郵便または電子メールにて応募してください。
◆応募締切 3月18日(木)
◆応募・問合先 企画課 政策・行革係
☎492-9130 FAX492-5162
メールアドレス kikaku@town.hyogo-inami.lg.jp




新型コロナワクチン接種は4月以降いなみ野体育センターなどで実施予定です(稲美町) 2021.03.03.

新型コロナワクチンは、医療従事者、高齢者、基礎疾患のある人などから順次接種を開始します。接種費用は無料で、接種回数は2回です。
町では、4月以降65歳以上の高齢者を対象に、接種の準備が整い次第、いなみ野体育センターなどで接種を実施する予定です。
対象者には、接種券(クーポン券)を3月中に郵送する予定です。接種場所や予約方法については接種券に同封のチラシなどでお知らせしますので、接種券が届くまでお待ちください。
※ワクチンの供給状況などにより、変更になる可能性があります。ご了承ください。
問合先 健康福祉課 健康推進係 ☎492-9138




お互いの人権を大切にする心を育てよう(稲美町) 2021.03.02.

~新型コロナウイルス感染症への正しい理解と人権に配慮した言動を!~

基本的な感染拡大防止対策を心がけ、感染のリスクを避けましょう!
新型コロナウイルスの収束が見通せない中、感染に対する不安が大きく、安心できない日々をお過ごしの皆さんも多いと思います。基本的な感染防止対策(手洗い・マスクの着用・3密の回避など)を取って行動することで、十分に感染のリスクを避けることができます。
お互いの命・健康を守るために、一人ひとりが基本的な感染対策を実行しましょう!

新型コロナウイルス感染拡大防止対策を徹底してください。
①マスクの着用、毎日の検温、こまめな手洗いを徹底してください。
②不要不急の外出を控えてください。
③会食は感染リスクが高いので、少人数、短時間で、会話は控えてください。
④間近での会話は避け、室内の換気を徹底してください。
新型コロナに強い不安を感じた時の相談窓口
○こころの健康電話相談専用ダイヤル ☎078-252-4987 火~土曜日
発熱や息苦しさを感じた時の相談窓口
○発熱等受診・相談センター     ☎079-422-0002
○新型コロナ健康相談コールセンター ☎078-362-9980 FAX 078-362-9874
【問合先】 危機管理課 消防係 ☎492-9168  健康福祉課 健康推進係 ☎492-9138

差別や偏見、心ない言動をなくしましょう!
感染への不安や恐れから、感染された人や医療・介護従事者及びそのご家族をはじめ、外国から帰国された人、私たちの生活を支えてくださっている事業者や施設、店舗の従業員の皆さんに対する偏見や差別、誹謗中傷が起こっています。さらに、インターネット上での悪質な書き込み、心ない言動なども広がっています。このような行為は、決して許されるものではありません。
お互いの人権を守るために、一人ひとりが人権に配慮した言動を心がけましょう!
〈新型コロナウイルスに関連した差別や人権侵害につながる事例(報道より)〉
◇感染者や医療関係者、その家族に対して
・罵声を浴びせられた。
・SNSなどで個人情報をさらされた。
・店舗への入店やタクシーの乗車を拒否された。
・子どもの通園や通学を拒まれた。
・集団感染が発生した施設などへの苦情電話やSNSへの悪質な書き込み。
◇自粛要請などの対応に関連する嫌がらせ
・他府県ナンバー車両への嫌がらせや破損行為。
・営業している店舗への苦情電話など。

正しい知識・情報に基づいた冷静な対応をしましょう!
新型コロナウイルス感染症に関して、様々な媒体から多種多様な情報が発信されていますが、中には不確かな情報や事実とは異なる情報もあります。このような情報に惑わされることなく、国や県、町などの公的機関が提供している正しい情報に基づき、感染対策や人権に配慮した行動を取るようにしましょう。
感染者を非難したり特定するような言動、これらの個人情報をネットやSNSに掲載するようなことは決してしてはいけません。
お互いの人権を尊重し、支え合いましょう!
新型コロナウイルス感染症は、誰でも感染しうる病気です。見えないウイルスに不安や恐れを感じることは当然のことですが、正しい情報のもと、理解を深め、冷静な行動を取るとともに、お互いの人権を尊重し、支え合ってウイルスに立ち向かっていきましょう。
私たちが立ち向かうべきはウイルスであって人ではありません。
一人ひとりが今できること実践していきましょう!
問合先 人権教育課 ☎492-2550




稲美町水道ビジョン(素案)について ご意見をお聞かせください 2021.03.02.

町では、水道事業の基本的な方針となる『稲美町水道ビジョン』の見直しに取り組んでいます。
このたび、素案がまとまりましたので、住民の皆さんのご意見を募集しています。
提出いただいたご意見は、計画策定に活用するとともに、後日公表します。
■募集期間 3月15日(月)まで
■計画(素案)の閲覧方法
・水道課窓口(新館2階)
・情報公開コーナー(新館1階ロビー)
・町ホームページ
■意見の提出方法
水道課窓口に備え付け、または町ホームページに掲載している所定の用紙に意見をご記入のうえ、郵便または電子メールにて応募してください。
■提出・問合先
水道課 ☎492-9145 FAX492-2345
メールアドレス suidou@town.hyogo-inami.lg.jp




3月は「自殺対策強化月間」です 2021.03.01.

全国の自殺者数は、平成10年以降毎年3万人を超えていましたが、平成22年から減少傾向になり、令和元年には全国で2万169人、兵庫県で877人となっています。しかし、15歳から39歳の若年層における死因の第1位は自殺という深刻な状況です。
自殺は、その多くが追い込まれた末の死であり、自殺の背景には、精神保健上の問題だけでなく、過労、生活困窮、育児・介護疲れ、いじめや孤立など様々な社会的要因があることが知られています。
あなたの周りに一人で悩みを抱えている人がいないでしょうか。もし気になる人がいたら、次のような相談先がありますので、一度利用してみるよう声を掛けてみてください。
▼電話相談
こころの健康相談統一ダイヤル ☎0570(064)556
県の相談窓口につながります
兵庫県こころの健康電話相談 ☎078(252)4987
火~土曜日9:00~11:30、13:00~15:30
兵庫県いのちと心のサポートダイヤル ☎078(382)3566
月~金曜日 18:00~翌朝8:30、土・日曜日と祝日は24時間
はりまいのちの電話 ☎079(222)4343
14:00~深夜1:00
いのちの電話フリーダイヤル ☎0120(738)556
毎月10日8:00~翌朝8:00
こころのケア相談 ☎079(422)0003
加古川健康福祉事務所地域保健課につながります。予約制。専門医による相談




まちづくり 桜ウォーキング(稲美町) 2021.03.01.

暖かくのどかな春の季節、桜咲き誇る美しい景色を眺めながら、各校区の特色を活かしたコースを地域の皆さんと歩いてみませんか。

開催日 4月3日(土)
※3月1日時点で稲美町に新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が引き続き発出されている場合は中止します。

対  象 町内在住の人
申込方法 お住まいの小学校区のコースに参加を希望する人は、自治会の隣保回覧で申し込んでください。他の小学校区のコースに参加を希望する人は、生涯学習課の窓口で申し込んでください。電話・FAX・メール(syougaigakushu@town.hyogo-inami.lg.jp)でも申し込みができます。
※小学3年生以下の児童は、保護者同伴で参加してください。
※町ホームページ「まちづくり桜ウォーキング」からも申込書をダウンロードできます。
詳しくは、町ホームページをご覧ください。
申込期間 3月5日(金)~20日(土・祝) 9:00~17:00
【ただし、15日(月)は休館日のため窓口での受付はできません】
参加費 無料
申込・問合先 教育委員会 生涯学習課(いなみ文化の森内) ☎492-2340 FAX 492-7878
※当日マスクを着用し、体調の悪い人は参加を控えてください。
※会場での飲食の提供はありませんので、ご了承ください。
※天候や道路状況により、当日やむを得ずコースを変更することがあります。

加 古 校 区  受 付 8:30  開会式 9:00
※小雨決行。雨天・警報発令時(当日朝7時の時点で稲美町に気象警報発令時)は中止します。
集合場所:加古小学校
コ  ー  ス:6.8km 加古小学校→五軒屋ふれあい広場→加古大池管理棟→加古八幡神社→加古大池西交差点→中新田公会堂→加古小学校
主  催:まちづくり加古の会

母 里 校 区  受 付 8:30  開会式 9:00
※雨天・警報発令時(当日朝7時の時点で稲美町に気象警報発令時)は中止します。
集合場所:母里福祉会館
コ  ー  ス:7.0km 母里福祉会館→高薗寺→草谷天神社→さくらの森公園→風呂ノ谷池→下野谷→母里福祉会館
主  催:母の里まちづくりの会   共  催:おにおいため池協議会

天 満 校 区  受 付 8:15  開会式 8:45
※雨天・警報発令時(当日朝7時の時点で稲美町に気象警報発令時)は中止します。
集合場所:天満小学校
コ  ー  ス:ロング9.5km・ショート6.5km
〔ロング〕 天満小学校→竜ケ池→曇川→稲美北中学校→茨池→見谷上池→稲美北中学校→曇川→天満小学校
〔ショート〕 天満小学校→竜ケ池→曇川→稲美北中学校→曇川→天満小学校
主  催:まちづくり天満

天 満 南 校 区  受 付 8:30  開会式 9:00
※雨天決行。警報発令時(当日朝7時の時点で稲美町に気象警報発令時)は4月4日(日)に延期します。
集合場所:天満南小学校
コ  ー  ス:ロング7.0km・ショート4.5km
天満南小学校→森安公園→いなみ野病院→今池公園→幸竹天満神社→梶ケ池→天満南小学校
※ショートコースは、ロングコースの幸竹天満神社を外したコースです。
主  催:なんなんまちづくりの会   共  催:梶ヶ池ため池協議会

天 満 東 校 区  受 付 8:30  開会式 9:00
※雨天決行。警報発令時(当日朝7時の時点で稲美町に気象警報発令時)は4月4日(日)に延期します。
集合場所:天満東小学校
コ  ー  ス:5.9km 天満東小学校→いなみ野水辺の里公園→サン・スポーツランドいなみ→稲美中央公園→琴池→天満東小学校
主  催:こころ豊かなまちづくり東




祝‼ 東播磨高等学校 第93回選抜高等学校野球大会出場決定! 2021.03.01.

1月29日(金)に第93回選抜高等学校野球大会の出場校を決める選考委員会が開催され、21世紀枠で町内唯一の高校である兵庫県立東播磨高等学校が選出されました。春夏を通じて初の甲子園出場となります。

出場校発表当日、選考委員会本部からの電話連絡を待つ吉田校長先生の周りには、たくさんの報道陣が集まり、緊張感が漂う中、発表の時を待ちました。午後3時半すぎ、張りつめた空気を裂くように、部屋に電話の音が鳴り響き、受話器をとった吉田校長先生は、甲子園出場決定の知らせを受けて、「ありがたくお受けします。」と頭をさげました。その後、野球部員の待つグラウンドへ急いで移動し、校長先生から野球部員へ「選抜大会の21世紀枠に選ばれました。野球の技術はもちろん、人としてより一層成長して甲子園に行きましょう。」と吉報が伝えられました。校長先生の言葉を聞いた野球部員からは、大きな拍手が沸き起こり、笑顔でガッツポーズをするなど初の甲子園出場決定を喜びました。
同時に、校内には第93回選抜高等学校野球大会の入場行進曲「パプリカ」(Foorin)が流れ、甲子園出場決定が全校生徒に知らされました。曲が流れた瞬間、生徒から大きな歓声と拍手が沸き起こり、学校全体で野球部の甲子園出場決定の歓喜を分かち合いました。

東播磨高等学校野球部は、昨年の秋の県大会で過去最高の準優勝に輝き、近畿大会に初出場しました。新型コロナウイルス感染症の拡大で思うように部活動ができない中、SNSを使ったオンライン指導を実施するなど工夫を凝らして日々練習に取り組んできました。同校では、演劇部や放送部でも野球部を題材にした作品をつくり、全国大会で優勝するなど文化部の活動も盛んです。今回、このような学校全体の取り組みが評価され、戦力以外の特色を加味する「21世紀枠」で、初の甲子園出場の切符をつかみました。吉田校長先生は「野球部だけでなく、学校全体の取り組みが認められ、甲子園の出場につながったことはとても嬉しい。」と笑顔で話されました。




法務局で自筆証書遺言書の保管が可能になりました 2021.02.15.

令和2年7月10日から法務局で自筆証書遺言書の保管が可能になりました。
自筆証書遺言書保管制度」は、法務局で長期間適正に保管することにより、遺言者の死後、相続人に発見されなかったり、改ざんされるおそれがあるという自筆証書遺言のデメリットを軽減します。 また、法務局に保管されている遺言書については、家庭裁判所における検認が不要となります。
(問合先) 神戸地方法務局加古川支局 ☎079- 424-3555




こんにちは♡保健師です(稲美町) 2021.02.15.

食後の高血糖に注意!
血液中の血糖は常に一定ではなく、食後に上がり、約2時間後にはほぼ元に戻るのが正常です。普段の血糖値は正常なのに、食後に短時間で数値が急上昇し、その後正常に戻るのに時間がかかってしまうことを「食後の高血糖」と言います。
この「食後の高血糖」は血管を傷つけ、その傷を修復しようと血管の壁はどんどん厚くなり動脈硬化を進行させ、やがて心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす危険があります。食後の高血糖を防ぐために、次のポイントに注意して生活してみましょう。
食後の高血糖を防ぐために
①食べる順序は、まず「野菜」から
➡野菜の食物繊維の働きで糖の吸収が遅くなる。
②早食いをしない(ゆっくりよく噛んで食べる)
➡食べ過ぎを防止。糖の吸収も穏やかになる。
③炭水化物の重ね食べをしない
➡急激な血糖上昇を防ぎ、すい臓を疲れさせない。
④甘い飲み物は飲まない
➡水に溶けた糖は吸収が早いので、血糖値の急激な上昇を抑える。
⑤欠食・まとめ食い・間食はしない
➡インスリンの多量分泌を防ぐ。
⑥脂肪の多い料理は少なくする
➡エネルギーが高く、胃の停滞時間も長いので「食後の高血糖」を長く続かせない。
⑦食後に少しでも歩く、またはからだを動かす
➡運動で糖が消費され、血糖値の急上昇を防止できる。




令和3年度「2歳児の会(現コロボックルの会)」 「3歳児の会(現幼児のつどい)」について 2021.02.13.

1年を通して、親子で四季の行事やふれあい遊びを体験したり、育児の喜びや悩みを共有しながら、子育てのスキルを楽しく学びます。活動を通じて素敵な仲間作りをしてみませんか。
活動期間 令和3年5月~令和4年2月(月2~3回程度)
対  象 2歳《平成30年4月2日以降に生まれた子ども》~就園前の子どもとその保護者
※年齢順にグループ分けをします。異年齢のグループになる場合もあります。
活動場所 主に、いなみっこ広場
活動時間 10:00~11:30
☆募集期間・募集人数など、詳しくは「広報いなみ4月号」でお知らせします。
孫育てをされている人も大歓迎です!
問合先 子育て支援センター ☎492-9090  コスモス児童館 ☎492-6592




ふれあい交流館2月のイベント情報 2021.02.09.

ふれあい交流館
☎ 079-492-7700 📠 079-492-7878
休館日:2月1日(月)・15日(月)

あたご大学生募集
令和3年度の高齢者大学「あたご大学」の学生を募集します。
対  象 町内在住の満60歳以上(昭和36年4月1日以前生まれの人)
自治会費 5,000円(新入生の人)
(令和2年度自治会費を納付された人は、令和3年度に自治会費を充当させていただきます。)
開  講  日 原則として第1・3木曜日(8月は休み)
申込期限 2月28日(日)まで
申込方法  ふれあい交流館窓口にてお申し込みください。
問  合  先 ふれあい交流館 ☎492-7700




令和3年度「先輩ママの会」会員募集!!(稲美町) 2021.02.07.

子育て交流施設「いなみっこ広場」の事業開催に伴う準備や託児を応援していただける子育て支援ボランティア、通称「先輩ママの会」の会員を募集します。
資格、年齢は問いません。子どもが好きな人なら大歓迎です。
活動日の中から都合の良い日のみの参加でもかまいません。子どもたちと楽しい時間を一緒に過ごしてみませんか。
活動期間 令和3年4月~令和4年3月(月1~2回程度)
活動場所 いなみっこ広場
活動時間 概ね9:30~11:30
申込期間 2月22日(月)~3月5日(金)
申込・問合先 子育て支援センター ☎492-9090(8:30 ~ 17:15)




高齢者インフルエンザ予防接種のお知らせ(稲美町) 2021.02.03.

今年度の対象者は下記のとおりです。ご希望の人は期限内に接種してください。
※既に肺炎球菌ワクチンを接種したことがある人は、対象外となります。
■令和2年度対象者(令和2年4月2日から令和3年4月1日までの誕生日で対象年齢となる人)
①令和2年度に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳となる人
②満60歳以上65歳未満の人で、心臓、じん臓または呼吸器に重い障がいのある人など
■接種期限 3月31日(水)まで
■接種回数 1回
■必要なもの ①予診票(令和2年4月下旬に郵送しています)、②健康手帳(お持ちの人)、③町内に住んでいることが確認できるもの(健康保険証など)
■接種費用 4,000円(実際の費用は総額約8,000円ですが、町が半額程度負担しています)
※生活保護法による被保護世帯、または町民税非課税世帯の人には接種費用を全額助成します。
※接種前に助成券申請手続きが必要ですので、健康保険証などをお持ちのうえ、健康福祉課へお越しください。ただし、介護保険料額決定通知書(最新年度分で介護保険料区分が1~3段階のものに限る)を協力医療機関に提示する場合は、手続きは不要です。
※本人または住民票上の同一世帯員以外の人が代理申請をされる場合、委任状または予防接種を受ける人の身分証明書等が必要です。また、代理人が予防接種を受ける人と住所が同一でない場合、助成券は予防接種を受ける人の住所へ郵送となり、窓口での交付はできませんのでご注意ください。
稲美町、加古川市、明石市、高砂市、播磨町の協力医療機関で接種できます(事前に予約してください)。
上記以外の兵庫県内医療機関でご希望の人は、接種される1週間前までに健康福祉課へお越しください。
[問合先] 健康福祉課 健康推進係 ☎492-9138




コスモホール2月のイベント情報 2021.02.01.

文化会館(コスモホール)
☎ 079-492-7700 📠 079-492-7878
休館日 2月1日(月)・15日(月) 2月2日(火)は資料整理日です

佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ2021関連企画
喜歌劇『メリー・ウィドウ』ハイライトコンサート ~ええとこどり
関西で活躍するオペラ歌手がピアノの生演奏とともにお贈りします。
楽しいお話もあり、初心者でも楽しめます!
井原敏行(Pf.MC)  迎肇聡(バリトン)  端山梨奈(ソプラノ)
中川正崇(テノール) 北野智子 (ソプラノ)
と き 4月18日(日)
開 演 15:00予定
入場料 [全席指定] 500円
企画・制作 兵庫県立芸術文化センター
※入場券は2月13日(土)10:00から発売開始

*新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、催しの中止や、座席数の変更等がある場合があります。予めご了承いただきますようお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため下記公演は、中止とさせていただきます。

COSMO 夢コンサート
令和2年度の夢コンサート
バレンタインピアノコンサート
と き 令和3年2月14日(日)
第22回COSMO夢コン音のフェスティバル
と き  令和3年3月7日(日)




稲美町地域振興商品券は、2月28日までに ご利用ください! 2021.02.01.

新型コロナウイルス感染症の影響による経済対策のため、令和2年度に引換えを実施した稲美町地域振興商品券の有効期限は、令和3年2月28日です。期限内にご利用ください。
※有効期限を過ぎた商品券はご利用いただけません。
問合先 産業課 商工労働係 ☎492-9141
※稲美町地域振興商品券の引換えは令和2年11月30日で終了しています。




子育て支援センターからのお知らせ(稲美町) 2021.02.01.

申込・問合先 こども課 育児支援係(子育て支援センター)☎492-9090

●1歳遊びの会
今回は、親子でほっこりした時間を過ごせるタッチセラピーを体験して頂けます。
【と き】 3月11日(木)10:00~11:30
【ところ】 いきがい創造センター 子育てルーム
【内 容】 タッチセラピー
【講 師】 高橋 温子 氏
【対 象】 1歳児とその保護者
【定 員】 8組
【申 込】 2月4日(木)8:30~
(定員になり次第締め切ります)

●子育て悩み相談
日ごろの育児や人間関係で少し疲れを感じているとき、誰かに話をすることで気持ちが軽くなる
ことがあります。相談内容については、秘密厳守します。気軽にご相談ください。事前に申し込み
が必要です。
【と き】 3月5日(金)13:00~15:00
【ところ】 いきがい創造センター 相談室
【相談員】 枝川 京子先生(公認心理師・臨床心理士)
【募集人数】 2人(相談時間は1人1時間、希望により託児可)




子育て支援拠点施設等の愛称は『いなみっこ広場』に決定しました! 2021.02.01.

令和3年5月にいなみ野水辺の里公園南側にオープンする、子育て支援拠点施設等の名称と愛称が決まりました。愛称については、最終候補5作品による投票を行い、決定しました。ご協力いただきました皆さん、誠にありがとうございました。
名称 稲美町立子育て交流施設
愛称 いなみっこ広場
応募者による愛称説明
「稲美」+「子ども」で、愛着のわく名称として考案。
子育て世代の支援や相談の拠点としての役割を担い、また多世代の住民の交流・ふれあいの場として、子育て世代を社会全体で支えるための施設が皆さんに末永く愛されるよう、親しみをこめて命名しました。
問合先 こども課 ☎492-9155




新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止にご協力をお願いします(稲美町) 2021.02.01.

緊急事態宣言発令

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて、1月13日(水)に兵庫県は緊急事態宣言の対象区域に指定されました。
兵庫県が公表を行っている市町別感染者数では、「稲美町」の感染者以外に、住所非公表等の理由により「加古川健康福祉事務所」として公表されている感染者が非常に多くいます。このため、実際の稲美町の感染者数は公表よりさらに多いものと考えています。
今後、感染を広げないために、不要不急の外出を控えていただきますようお願いします。
稲美町でも、2月7日(日)まで、公共施設の利用時間の短縮や町が主催するイベントなどを中止
(延期)しています。
皆さんには、ご不便をおかけすることになりますが、大切な人の命や暮らしを守るためにご理解・
ご協力をいただきますようお願いします。              稲美町長 古谷 博

今一度、感染拡大防止のための予防対策を徹底してください。
●手洗いやマスクの着用
●密集、密接、密閉(3密)の回避
●室内の換気など

特に感染リスクが高まる次の「5つの場面」にご注意ください。
場面①  飲酒を伴う懇親会など
●飲酒の影響で気分が高揚すると同時に注意力。が低下する。また、聴覚が鈍麻し、大きな声になりやすい。
●特に敷居などで区切られている狭い空間に、長時間、大人数が滞在すると、感染リスクが高まる。
●また、回し飲みや箸などの共用が感染のリスクを高める。
場面②  大人数や長時間におよぶ飲食
●長時間におよぶ飲食、接待を伴う飲食、深夜のはしご酒では、短時間の食事に比べて、感染リスクが高まる。
●大人数、例えば5人以上の飲食では、大声になり飛沫が 飛びやすくなるため、 感染リスクが高まる。
場面③  マスクなしでの会話
●マスクなしに近距離で会話をすることで、飛沫感染やマイクロ飛沫感染での感染リスクが高まる。
●マスクなしでの感染例としては、昼カラオケなどでの事例が確認されている。
●車やバスで移動する際の車中でも注意が必要。
場面④  狭い空間での共同生活
●狭い空間での共同生活は、長時間にわたり閉鎖空間が共有されるため、感染リスクが高まる。
●寮の部屋やトイレなどの共用部分での感染が疑われる事例が報告されている。
場面⑤  居場所の切り替わり
●仕事での休憩時間に入った時など、居場所が切り替わると、気の緩みや環境の変化により、感染リスクが高まることがある。
●休憩室、喫煙所、更衣室での感染が疑われる事例が確認されている。

電話相談
発熱等受診・相談センター ☎422-0002
新型コロナ健康相談コールセンター ☎078-362-9980 FAX078-362-9874

[問合先] 危機管理課 消防係 ☎492-9168  健康福祉課 健康推進係 ☎492-9138




第15回「残したい稲美町の風景」写真コンテスト 2021.01.15.

稲美町には、先人たちが長い時聞をかけてつくった多くのため池や水路、水田、集落などが広がる特徴的な風景(文化的景観)があります。稲美町では、こうしたため池を中心とした身近な風景をみんなの財産と位置付け、今ある美しい風景をまもり、未来へ伝えて行けるように取り組んでいます。そこで、皆さんが未来へ伝えたいと思う稲美町の風景写真を、次の要領で募集します。
テ ー マ 稲美町のため池や農村などの特徴的な風景、また、身近な四季の風景や未来に伝えたい風景。
サイズなど 応募写真は、六ツ切りA4・ワイド六ツ切りのいずれか(四ツ切り・ワイド四ツ切りは不可とします)。
カラー・白黒、縦・横、余白の有無・大小は自由です。
平成31年1月1日以降に撮影された未発表の写真に限ります。
特選・入選を受賞した作品は資料館で展示するため、受賞者には改めて半切A3・ワイド四ツ切りのいずれかのサイズの写真の提出をお願いします。
 特選…1点(貰金3万円と賞状) 入選… 2点(賞金1万円と賞状) 佳作…9点(賞状)
応募方法 応募用紙にご記入のうえ、写真と応募用紙を郷土資料館までご提出ください(郵送可)。
応募写真の裏面にもお名前の記入をお忘れなく(応募用紙貼付可)。
募集期間 1月31日(日)まで(必着) 審査発表 2月中旬ごろ発表予定
注意事項
◆応募は一人3点まで。
◆特選・入選・佳作を受員した作品は返却できません。
◆受賞作品の使用権は主催者(稲美町・稲美町教育委員会)に帰属し、町ホームページや町広報紙などへの掲載、公共施設での展示など、公共の目的で作品を使わせていただく場合があります。
返却を希望されなかった作晶についても、受賞作品と同様とします。返却を希望された作品で受賞しなかった作品については、公開使用せずに返却します。なお、応募者は町内外を聞いません。
また、肖像権問題について、稲美町・稲美町教育委員会は責任を負いません。
受費作品が町民カレン夕、ーに掲載されるとは限リません。
間合先 稲美町立郷土資料館写真コンテスト係
〒675-1114  兵庫県加古郡稲美町国安1286-55 TEL/FAX 492-3770




「いきいき健康記録シート」で 体重、血圧、歩数を記録している 人は地域包括支援センターヘ お越しください 2021.01.14.

体重、血圧、歩数を3カ月以上継続して記録している場合は、健康ポイントの対象になります(各2ポイント)。
地域包括支援センターと社会福祉協議会で配布している「いきいき健康記録シート」を使って体重、血圧、歩数を記録している場合は、地域包括支援センターでポイントスタンプを押印しますので、いきがい創造センター1階の地域包括支援センターまでお越しください。
[間合先]  健康福祉課地域包括係(地域包括支援センター) ☎492-9150




「稲美町協働まちづくりモニター」 の登録者を募集します 2021.01.10.

まちづくりにおけるさまざまな課題についての率直なご意見をお伺いし、今後の町政運営に反映することを目的として「稲美町協働まちづくりモニター」を募集します。
・活動内容
(1)町政に関するアンケー卜調査への回答
(2)町政運営や取組状況に関しての意見提出
(3)講演会・ワークショッブなど、への参加
・応募資格
満16歳以上で、町内に在住・在勤・通学している人、町内で活動している人のいずれかに該当し、町政に関心のある人。ただし、稲美町職員、国会議員または地方公共団体の議員は応募できません。
・応募方法
登録応募用紙を持参または郵送、FAX、メールにて企画課へ提出してください。登録応募用紙は町ホームページからダウンロードできます。
・応募・間合先
企画課政策・行革係 ☎492-9130 FAX 492-5162
メーjレアドレス:kikaku@town.hyogo-inami.lg.jp




外国人を招いてのおはなし(稲美町) 2021.01.09.

稲美町国際交流協会

外国の人に自分の国の紹介をしてもらいます。
風習の違いなど、いろいろなお話を聞いてみましょう。そして、英語でお話ししてみましょう。
と き 2月6日(土)14:00~15:30
ところ いきがし創造センター 1階ワーキングスペース
対 象 中学生以上の人
定 員 10人
参加費 会員無料 非会員200円
※中学生・高校生は無料です。
申込期限 1月29日(金)
申込・問合先 稲美町国際交流協会 月~金 9:00~12:00 ☎492-1212
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、イベン卜内容の変更または中止となる場合があります。




コスモホール1月のイベント情報 2021.01.08.

文化会館(コスモホール)
☎ 079-492-7700 📠 079-492-7878
休館日 12月28日(月)~1月4日(月)・1月18日(月)

いなみ野音楽祭 入場無料
子どもから高齢者まで様々な人たちが、コーラスや吹奏楽を発表するコンサートです。
と き 令和3年1月31日(日)
開 演 13:00(開場12:30)
ところ 稲美町立文化会館 コスモホール
※入場制限があります

佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ2021関連企画
喜歌劇『メリー・ウィドウ』ハイライトコンサート ~ええとこどり
関西で活躍するオペラ歌手がピアノの生演奏とともにお贈りします。
楽しいお話もあり、初心者でも楽しめます!
井原敏行(Pf.MC)  迎肇聡(バリトン)  端山梨奈(ソプラノ)
中川正崇(テノール) 北野智子 (ソプラノ)
と き 4月18日(日)
開 演 15:00予定
入場料 [全席指定] 500円
企画・制作 兵庫県立芸術文化センター
※入場券は2月13日(土)10:00から発売開始

*新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、催しの中止や、座席数の変更等がある場合があります。予めご了承いただきますようお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため下記公演は、中止とさせていただきます。

COSMO 夢コンサート
令和2年度の夢コンサート
バレンタインピアノコンサート
と き 令和3年2月14日(日)
第22回COSMO夢コン音のフェスティバル
と き  令和3年3月7日(日)




エンゼルヘルパー派遣サービス(稲美町) 2021.01.07.

出産後・病気・冠婚葬祭・行事などで家事育児が困難な家庭にヘルパーを派遣します。
対  象 町内在住で小学校3年生以下の子どもがいる家庭
内  容
[家事] 買い物・調理・掃除・洗濯など家事のお手伝い
[育児]子どもと一緒に遊んだり、食事・おむつ換えなど
利用時間 8:00~18:0 0 (年末年始を除く)
ただし、1回の派遣につき3時間、週3回まで
利用料金
・家事援助1,530円(1時間あたり)
・子守・家事援助2,400円(1時間あたり)
※町が、利用料金の1/2を補助します。また、3歳までの多胎児を有する世帯は全額を補助します。
※なるべくお早めにお申し込みください。
申込・間合先 こども課児童福祉係 ☎492-9155




子育て支援センターからのお知らせ(稲美町) 2021.01.05.

申込・問合先 こども課 育児支援係(子育て支援センター) ☎492-9090

●ネンネの会
助産師、栄養士、保健師を交えて日常の育児について相談したり、親子のリラクゼーション遊びが体験できます。申し込みはいりません。
【と き】 1月21日(木)10:00~11:00
【ところ】 いきがい創造センター 多目的ホール
【対 象】 0歳児とその保護者
【持ち物】 バスタオル

●ツインズ(多胎児ママの会)
多胎児を育児中のママ達が、日常の育児や工夫していることなどを話し合っています。現在多胎児を妊娠中のお母さんも気軽にご参加ください。申し込みはいりません。
【と き】 2月1日(月)10:00~11:00
【ところ】 いきがい創造センター 子育てルーム
【対 象】 多胎児の保護者(子ども同伴可)、多胎児を妊娠中おお母さん

●ヨチヨチの会
保健師、栄養士を交えて日常の育児について相談したり、親子のふれあい遊びを体験します。申し込みはいりません。
【と き】 2月4日(木)10:00~11:00
【ところ】 いきがい創造センター 多目的ホール
【対 象】 1歳児とその保護者

●子育て悩み相談
日ごろの育児や人間関係で少し疲れを感じるとき、誰かに話をすることで気持ちが軽くなることがあります。相談内容ついては、秘密厳守します。気軽にご相談ください。事前に申し込みが必要です。
【と き】 2月8日(月)10:00~15:00
【ところ】 いきがい創造センター 相談室
【相談員】 枝川京子先生(公認心理師・臨床心理士)
【募集人数】4人(相談時間は1人1時間、希望により託児可)

●てくてくの会
“第1反抗期“や“イヤイヤ期”と言われる2歳の頃、我が子にどう接すればよいのかと悩む人も少なくありません。そこで、この時期の子どもの心理や接し方を学んで、ゆとりをもった子育てを楽しみませんか。
【と き】
3月5日(金)10:00~11:00「心理士と2歳児を語ろう」
3月9日(火)10 : 00~11:00「イヤイヤ期をうまく乗り切ろう」
【ところ】 いきがい創造センター 多目的ホール
【対 象】 2歳児とその保護者
【定 員】 8組
【申 込】 1月25日(月) 8:30~(定員になり次第締切ります)




なくそう!コロナ差別(稲美町) 2021.01.04.

~お互いの人権を守る意識・行動が感染拡大防止につながります~

新型コロナウイルスの感染が日本国内で、急激に増加しています。兵庫県内でも多数の感染が、確認され、多くの皆さんが、不安な気持ちで過ごしておられることと思います。そのような中、不安に思う気持ちが行き過ぎてしまったり、不確かな情報や事実と異なる情報に惑わされ、感染者やそのご家族、医療従事者の皆さんなどに対して、誹謗中傷や差別的な言動が行われ、心を痛めている人がいるという残念な問題(コロナ差別)が起こっています。差別は、どんな理由があっても絶対に許されるものではありません。
さらに、感染者やその家族に対する差別や誹謗中傷があると、発熱などの感染が疑われる症状が出ても、検査のための受診や保健所への情報提供をためらってしまうなど、感染症拡大防止の取り組みに支障が出てしまう恐れもあります。
また、医療や介護に従事されている皆さん、生活物資の輸送など社会機能の維持に貢献されている皆さんは、私たちの命や生活を守るために、日々懸命に働いています。このような人々やそのご家族が、学校や職場、地域の中で差別を受けるようなことは、決しであってはならないことです。
新型コロナウイルスに関する情報の中には、不確かな情報や事実と異なる情報もあります。感染した人に関する個人的な情報を噂したり、不必要に拡散したりすることは人権侵害となります。国や県、町が発信する正しい情報を確認するとともに、根拠のないデマに惑わされたり、過剰な反応をしたりすることなく、人権に配慮した冷静な行動をとっていきましょう。
新型コロナウイルス感染症の危機に直面している今こそ、私たち一人ひとりが¥自分の人権も他の人の人権も大切にする行動を実践していきましょう。
間合先 稲美町教育委員会 人権教育課 ☎492-255




4月開講 令和3年度 いきいきセミナー受講生募集(稲美町) 2021.01.04.

受講期間 令和3年4月から令和4年3月まで(1年間)
会  場 いきがい創造センター多目的ホール
対  象 町内在住の60歳以上の人(昭和36年3月31日以前に生まれた人)
身体障害者手帳をお持ちの場合は50歳以上の人(昭和46年3月31日以前に生まれた人)
講  座 切り絵・実用書道・大人のそろばん・パステルアート・大正琴・やさしい折り紙・ちぎり絵(令和3年度は全講座教材費のみで参加していただけます)
※詳しくは、広報いなみ令和2年12月号または町ホームページをご覧ください。
申込締切 1月20日(水)まで
間  合  先 健康福祉課地域包括係 ☎492-9150




『かこリンク』健康講座 参加者募集 2021.01.04.

人生最後の日まで自分らしく生きるために、一緒に考えてみませんか?
ぜひ、ご参加ください。
と き 1月21日(木)14:00~ 15 : 30 (受付13:4 5~)
ところ ウェルネージかこがわ1階 マリンガホール
(加古川市加古川町篠原町103-3)
内 容
① 「いまここから始める人生会議」講師 西村医院 稲岡 雄太先生
② 「いつまでも自分らしい人生を送るために」~パンフレットを中心に~ かこリンク
対 象 加古川市、稲美町、播磨町にお住まいの人
定 員 30人(先着順)
申込方法 1月13日(水)までに電話にてお申し込みください。
申し込み時に、氏名、住所、電話番号、年齢をお伝えください。
申込・間合先
在宅医療・介護連携支援センターかこリンク ☎427-1500
受付時間 9 : 00 ~ 17:00( 土・日曜日、12 月29 日(火) ~ 1 月4 日(月)を除く)
主 催 在宅医療・介護連携支援センター かこリンク
加古川市、稲美町、播磨町、一般社団法人加古川医師会
※自然災害及び新型コロナウイルス感染症拡大による社会状況など、やむを得ない事情により中止する場合があります。ご来場前にかこリンクホームページをご確認ください。
[かこリンクホームページ]
https://www.kakogawa.hyogo.med.or.jp/kakolink/
※参加の際は、必ずマスクを着用し、事前の体温測定をお願いします。体調不良の場合は参加をご遠慮ください。
※隣接の立体駐車場は有料です。




フードドライブにご協力ください!(稲美町) 2021.01.03.

町は、食品ロスを削減するために生活協同組合コープこうべが取り組んでいるフードドライブ活動を支援しています。
フードドライブ活動とは
家庭で、余っている食晶を持ち寄り、それを必要としている福祉団体・施設に寄付する活動のことです。

生活協同組合コープこうべ主催 第2回フードドライブについて
実施日時 1月13日(水) ~ 1月15日(金)10:00~ 17:00
実施場所 コープ稲美 ☎492-3781 コープ播磨 ☎078-944-0239
受付場所 サービスコーナ・特設コーナー
○寄付いただきたい食晶
員味期限が1力月以上残っている常温保存可能なもの
例:米、パスタ・素麺などの乾麺、缶詰、レ卜ルト・インスタン卜食晶、海苔、お菓子、飲料、調昧料(醤油・食用油など)など
×受付できない食晶
貰昧期限が1力月を切っているもの
開封されているもの、常温保存できないもの
例:生鮮食品(生肉・魚介類・生野菜)、アルコール(みりん、料理酒は除く)、製造者または販売者の表示がないものなど




2021.01.02.

ふれあい交流館
☎ 079-492-7700 📠 079-492-7878
休館日:12月28日(月)~1月4日(月)・1月18日(月)

稲美町成人式
と  き 令和3年1月10日(日)13:30~(受付は13:00~)
と  こ  ろ 稲美町立文化会館 コスモホール
対  象 平成12年4月2日~平成13年4月1日生まれの人

新春かきぞめ大会作品展
第42回新春かきぞめ大会(1月9日(土)開催)の小学3年生から中学3年生のかきぞめ作品展です。ぜひご覧ください。
と  き 1月22日(金)~ 31 日(日)9:00~17:00(最終日のみ16:00まで)
と  こ  ろ ふれあい交流館 ギャラリー

第51回児童生徒書初展
町内の小中学校の児童生徒による書初の入選作品を展示します。
新春を迎え、気持ちを新たに書いた力作を、ぜひ、ご覧ください。
と  き 1月22日(金)~ 24日(日)9:00~17:00
と  こ  ろ ふれあい交流館 2階ホール
主管・問合先 教育課 ☎492-914
※ご鑑賞の際は、マスクの着用をお願いいたします。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、開催及び内容について変更をする場合があります。町ホームぺージでご確認ください。

あたご大学生募集
令和3年度の高齢者大学「あたご大学」の学生を募集します。
対  象 町内在住の満60歳以上(昭和36年4月1日以前の生まれの人)
自治会費 5,000円(新入生の人)
(令和2年度自治会費を納付された人は、令和3年度に自治会費を充当させていただきます。)
開  講  日 原則として第1・3木曜日(8月は休み)
申込期限 2月28日(日)まで
申込方法 ふれあい交流館窓口にてお申し込みください。
間  合  先 ふれあい交流館 ☎492-7700




「みんなが主役 取り組もう!!ごみ減量とリサイクル」(稲美町) 2020.12.15.

ごみ処理広域化の試運転まで、あと1年!
令和4年4月から本格稼働する「東播臨海広域クリーンセンター(高砂市)」の可燃ごみ処理施設の試運転が令和3年11月から開始されます。これに合わせて稲美町のごみの受け入れも始まり、ごみの出し方が一部変わります。

●ごみ処理広域化に向けて、ごみの出し方が変わるもの
ごみの分別・収集についての詳細は、広報いなみ3月号と同時に配布する「令和3年度ごみカレンダー」などでお知らせします。
令和3年11月からプラスチック容器類は、可燃ごみになります〕
プラスチック容器類は、東播臨海広域クリーンセンターで安全に焼却できるとともに、発生する熱で発電もできるため、分別を行わず「可燃ごみ」として回収します。
令和3年11月から粗大ごみの収集に合わせて、ふとんの回収を始めます〕
現在、ふとんはごみステーションで回収できないため、清掃センターへ直接持ち込んでいただいていますが、「粗大ごみ」の日に新たなごみ分別「長尺ごみ」として回収します。また、粗大ごみとしているカーペット・マット類なども「粗大ごみ」の日に「長尺ごみ」として回収します。
令和3年11月から「使い切りライター」の分別収集を始めます〕
現在、中身を使い切った「使い捨てライター」は、可燃ごみとして回収していますが、ごみ収集車の車両火災事故の原因となるため「使い切りライター」として分別収集を開始します。現在、生活環境課前の使い捨てライター回収ボックスも引き続きご利用いただけます。



ページトップへ