2月 | 2021 | 兵庫県議会議員|岡つよし公式ホームページ


フォントサイズ変更

新着記事

月間アーカイブ

ツイッター

2021年2月の投稿記事一覧



キャッシュレス決済キャンペーン !を実施(播磨町) 2021.02.15.

新型コロナウイルス感染症の影響により落ち込んだ消費を喚起し、町内の店舗を支援するため、キャシュレス決済サービス「PayPay」と連携したキャンペーンを実施します。

がんばろう播磨町!対象のお店で最大20%戻ってくるキャンペーン
▶問合せ 住民グループ ☎079(435)2364

期間中に対象店舗においてPayPayで支払うと、決済金額の最大20%が付与されます。
(PayPayボーナスの付与)
・1回あたりの付与上限 1,000円相当のPayPayボーナス
・期間中の付与合計上限 5,000円相当のPayPayボーナス
※「PayPay残高」、「ヤフーカード(PayPayアプリに紐づけ)」、「PayPayあと払い(一括のみ)」による決済が対象です。
※クレジットカードの場合、ヤフーカード以外のクレジットカードを紐づけた場合、PayPayアプリを使わず、ヤフーカードで直接決済した場合は対象外です。
▶実施期間 3月1日(月)~31日(水)
▶対象店舗 町内のPayPay加盟店(キャンペーン対象店舗)
キャンペーン期間中はPayPayアプリ上「近くのお店」マップでご確認いただけます。(対象店舗はマップ上のアイコンに「応援」マークが付きます)
※PayPayアプリ上の「近くのお店」マップに店舗情報が表示されていない店舗は対象外となります。
▶キャンペーンに関する問合せ
〇利用者
PayPayカスタマーサポート窓口 0120(990)634(年中無休24時間)
〇事業者
・訪問で登録希望の場合
PayPay加盟店新規受付担当
☎080(4838)0800(平日10:00~19:00)
・電話で登録希望の場合
PayPay加盟店新規受付センター
☎0120(957)640(年中無休10:00~19:00)




法務局で自筆証書遺言書の保管が可能になりました 2021.02.15.

令和2年7月10日から法務局で自筆証書遺言書の保管が可能になりました。
自筆証書遺言書保管制度」は、法務局で長期間適正に保管することにより、遺言者の死後、相続人に発見されなかったり、改ざんされるおそれがあるという自筆証書遺言のデメリットを軽減します。 また、法務局に保管されている遺言書については、家庭裁判所における検認が不要となります。
(問合先) 神戸地方法務局加古川支局 ☎079- 424-3555




こんにちは♡保健師です(稲美町) 2021.02.15.

食後の高血糖に注意!
血液中の血糖は常に一定ではなく、食後に上がり、約2時間後にはほぼ元に戻るのが正常です。普段の血糖値は正常なのに、食後に短時間で数値が急上昇し、その後正常に戻るのに時間がかかってしまうことを「食後の高血糖」と言います。
この「食後の高血糖」は血管を傷つけ、その傷を修復しようと血管の壁はどんどん厚くなり動脈硬化を進行させ、やがて心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす危険があります。食後の高血糖を防ぐために、次のポイントに注意して生活してみましょう。
食後の高血糖を防ぐために
①食べる順序は、まず「野菜」から
➡野菜の食物繊維の働きで糖の吸収が遅くなる。
②早食いをしない(ゆっくりよく噛んで食べる)
➡食べ過ぎを防止。糖の吸収も穏やかになる。
③炭水化物の重ね食べをしない
➡急激な血糖上昇を防ぎ、すい臓を疲れさせない。
④甘い飲み物は飲まない
➡水に溶けた糖は吸収が早いので、血糖値の急激な上昇を抑える。
⑤欠食・まとめ食い・間食はしない
➡インスリンの多量分泌を防ぐ。
⑥脂肪の多い料理は少なくする
➡エネルギーが高く、胃の停滞時間も長いので「食後の高血糖」を長く続かせない。
⑦食後に少しでも歩く、またはからだを動かす
➡運動で糖が消費され、血糖値の急上昇を防止できる。




まちづくりアドバイザーがお届けする「まちアド通信」(播磨町) 2021.02.14.

企画グループ ☎︎079(435)0356

まちづくりのテーマの1つに防災があります。自治会ごとやコミセンごとに防災訓練や防災に関する学習会を開催する場合もあると思います。今回は楽しく学べる防災についてご紹介します。

昨今、日本各地で災害が起こっており、自治会などの活動でも防災に関する取り組みが増えつつあります。防災は特定の人だけがやることではなくて、できるだけ多くの人が関心を持ち、考えることが必要です。そんな中、防災をもっと身近に考えるためにゲームを使って楽しく学ぶ方法が考えられています。例えばHUG(避難所運営ゲーム)は年齢や性別、国籍やそれぞれが抱える事情が書かれたカードを使い、どうすれば避難所運営ができるかを話し合いながら学べます。クロスロードゲームは、災害時に発生する答えのない問題について、参加者それぞれの立場でイエスかノーを意思表明して、「お互いになぜそう思ったか」を話し合います。
いずれのゲームも「話し合う」ことがポイントとされています。災害時には地域内の日常的なコミュニケーションが大きく影響すると言われています。地域の防災訓練の一部にゲームを取り入れるなどして、楽しく話し合いながら防災について考えることも、防災への関心度を高める方法の一つです。




よく学びよく育つ(播磨町) 2021.02.13.

播磨町中央公民館 館長 木下 康雄

少子高齢化、情報化など子どもを取り巻く社会環境は、一昔前と大きく変化しています。様々な情報が、いとも簡単にスマートフォンなどを通し手に入ります。子どもの家庭環境も大きく変わりました。
小学校では令和2年度から、令和3年度は中学校で新学習指導要領が施行されます。そこには、自分で課題を見つけ解決策を仲間と協力しながら考え、導き出す「生きる力」が求められています。主体的・対話的な深い学びです。
子どもたちは、保育園・幼稚園そして学校で日々いろいろな「生きた体験」をしています。人と接することは、なるほど煩わしいことも多くあります。友達と意見が合わずしょげて帰ってくることもあるでしょう。反対に、授業が楽しくうまく発表ができて、ニコニコ顔で帰ってくる日もあります。
皆さんが悩む子育てに関しては、多くの育児書が出版され、SNS上で公開されるなど事かきません。何がうちの子にふさわしいか迷ってしまうほどです。
子育ては、子どもが失敗しないよう親が先取をした(レールを引いた)安全運転子育てがある一方、「失敗は成功のもと」というように、親が多少の失敗や間違いを許し、見守るぐらいの寛容ある子育てもあります。特に子どもの子育てや教育に係る場所である家庭や学校においては、この失敗から学ぶ、間違いから学ぶことは大切であると思います。すなわち、この二つのバランスが重要ではないでしょうか。
皆さん、子育てに万能の魔法はありません。播磨町中央公民館にも多くの子どもたちの活動があります。ぜひ、子どもを温かく励まし、気持ちに寄り添ってください。子どもは、親の気持ちを敏感に感じとるものです。子どもには、たくさんの「生きた体験」をして、失敗のなかにも楽しさをあじわって強くたくましく成長してほしいと思います。




令和3年度「2歳児の会(現コロボックルの会)」 「3歳児の会(現幼児のつどい)」について 2021.02.13.

1年を通して、親子で四季の行事やふれあい遊びを体験したり、育児の喜びや悩みを共有しながら、子育てのスキルを楽しく学びます。活動を通じて素敵な仲間作りをしてみませんか。
活動期間 令和3年5月~令和4年2月(月2~3回程度)
対  象 2歳《平成30年4月2日以降に生まれた子ども》~就園前の子どもとその保護者
※年齢順にグループ分けをします。異年齢のグループになる場合もあります。
活動場所 主に、いなみっこ広場
活動時間 10:00~11:30
☆募集期間・募集人数など、詳しくは「広報いなみ4月号」でお知らせします。
孫育てをされている人も大歓迎です!
問合先 子育て支援センター ☎492-9090  コスモス児童館 ☎492-6592




播磨町 子育て応援 すくすくタイム 2021.02.12.

遅らせないで!子どもの予防接種と乳幼児健診
▶問合せ こども窓口 ☎079(435)0366

新型コロナウイルス感染症の患者数が、兵庫県で増えています。乳幼児の保護者の皆さまは、日頃から感染防止の基本となるマスクの着用、手洗い、身体距離の確保、三密(密閉、密集、密室)の回避などに取り組んでおられると思います。
不要不急の外出を控える中、予防接種や健診の外出が心配だとお声を聴くことがあります。
なぜ、予防接種や乳幼児健診は遅らせない方がよいの?
・予防接種を受けるには病気ごとにそれぞれ接種に適した時期があります
・特に、生後2カ月から予防接種を受け始めることは、お母さんからもらった病気に対する抵抗力(免疫)が減っていく時に、お子さまがかかりやすい感染症(百日せき、細菌性髄膜炎など)から守るために、とても大切です
・乳幼児健診は、お子さまの健康状態を定期的に確認し、相談する大切な機会です。適切な時期にきちんと乳幼児健診を受け、子育てについて相談できる良い機会となります
予防接種や乳幼児健診に赤ちゃんを連れていっても大丈夫?
・医療機関や健診会場では、接種を行う時間や場所に配慮し、換気や消毒を行うなど、新型コロナウイルス感染症の感染防止対策に努めています
・受診の前には、体温を測定するなど、体調に問題がないことを確認しましよう。体調が悪いときは、周りの人に感染させるおそれがあるので、日にちを改めましょう
予防接種や乳幼児健診は決して「不要不急」ではありません。お子さまの健康が気になるときだからこそ、予防接種と乳幼児健診は、遅らせずに、予定どおり受けましょう。
転入や紛失で予防接種券・乳幼児健診問診票が無い場合は、母子健康手帳をお持ちのうえ、すこやか環境グループまでお越しください。




ふれあい交流館2月のイベント情報 2021.02.09.

ふれあい交流館
☎ 079-492-7700 📠 079-492-7878
休館日:2月1日(月)・15日(月)

あたご大学生募集
令和3年度の高齢者大学「あたご大学」の学生を募集します。
対  象 町内在住の満60歳以上(昭和36年4月1日以前生まれの人)
自治会費 5,000円(新入生の人)
(令和2年度自治会費を納付された人は、令和3年度に自治会費を充当させていただきます。)
開  講  日 原則として第1・3木曜日(8月は休み)
申込期限 2月28日(日)まで
申込方法  ふれあい交流館窓口にてお申し込みください。
問  合  先 ふれあい交流館 ☎492-7700




蓮池小学校PTAが優良PTA文部科学大臣表彰を受けました 2021.02.08.

文部科学省では、PTAの健全な育成と発展に資することを目的として優秀な実績をあげているPTAを表彰しています。令和2年度は全国で165団体が優良PTAとして表彰を受けました。
蓮池小学校PTAは、平成15(2003)年以降、灯足るの会・なでしこの会など保護者が中心となって立ち上げたボランティアの会が地域住民と連携して活動するなど、児童と学校、地域をつなぐ役割をPTA活動が担ってきました。
それらの活動の在り方が優良であるとして、文部科学大臣から表彰されました。




播磨町中小企業支援金の受付が2月26日で終了します 2021.02.07.

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、売上が大きく減少している町内事業者の事業継続を支援するため、国の持続化給付金の支給を受けた事業者などに対し播磨町から支援金を支給します。
▼対象 国の持続化給付金の支給を受け事業継続をする次の人
法人  播磨町内に本社を有し法人登記のある法人(確定申告書の納税地が播磨町の法人)
個人  播磨町内に住民登録がある事業主
▼支給額 1事業者10万円
▼申請方法 電子申請により申請が可能です。電子申請がご利用できない場合は、申請書類を郵送してください。詳しい申請方法や必要書類は、播磨町ホームページをご覧いただくか、お問い合わせください
▼受付期限 2月26日㈮
▼申請書の提出先・問合せ 住民グループ地域振興チーム
〒675-0182 播磨町東本荘1丁目5番30号
☎079(435)2364




令和3年度「先輩ママの会」会員募集!!(稲美町) 2021.02.07.

子育て交流施設「いなみっこ広場」の事業開催に伴う準備や託児を応援していただける子育て支援ボランティア、通称「先輩ママの会」の会員を募集します。
資格、年齢は問いません。子どもが好きな人なら大歓迎です。
活動日の中から都合の良い日のみの参加でもかまいません。子どもたちと楽しい時間を一緒に過ごしてみませんか。
活動期間 令和3年4月~令和4年3月(月1~2回程度)
活動場所 いなみっこ広場
活動時間 概ね9:30~11:30
申込期間 2月22日(月)~3月5日(金)
申込・問合先 子育て支援センター ☎492-9090(8:30 ~ 17:15)




東ハリマくらし学校 「なつかしの名画鑑賞会」 2021.02.05.

シネマボランティアによる「自転車泥棒」の上映。要マスク着用。感染防止のため上映後のお茶会は休止します。
と き 2月20日㊏10時~
ところ 東播磨生活創造センター「かこむ」1階講座 研修室
費 用 500円
問合せ 東播磨生活創造センター「かこむ」 ☎079(421)1136 📠079(421)1148




子どもたちの 携帯電話やスマートフォンの利用状況(播磨町) 2021.02.05.

▼問合せ 学校教育グループ ☎079(435)0545

播磨町教育委員会では、毎年小学3年生から中学3年生までを対象に、携帯電話・スマートフォン(以下スマホという)などの利用状況について、アンケート調査を実施しています。
調査結果から、全体の傾向としては、学年が上がるごとにスマホの所持率が高くなっており、スマホを利用している小学6年生は41・6%、中学3年生は76・1%で、年々増加傾向にあります。
ゲーム機については、小学生は学年が上がるごとに所持率が高くなり、中学生は学年が上がるごと
に低くなっています。
近年、スマホが青少年の間で広く普及しているなか、その利用により様々な問題が生じています。
ネット依存やネットいじめ、ゲーム利用による高額課金、個人情報の流出によるトラブルなどがあ
ります。また、ワンクリック詐欺に不正請求、児童生徒が自分の裸や下着姿の写真を送信させられ
る自画撮り被害、悩みの相談からの誘拐など犯罪に巻き込まれるケースも数多く発生しています。
SNSに写真や動画を載せることで、いじめなどのトラブルにつながる事案も多くなっています。
そこで、今回の調査結果をご覧いただき、子どものネット利用についてしっかりと把握するととも
に、携帯電話やスマホなどの適切な使い方について、ご家族で話し合っていただけたらと思います。

利用しているコンテンツ
携帯電話やスマホなどで、小学生が主に利用しているコンテンツはゲームが最も多く55・5%で、続いてYouTube が48・1%、LINE が46・5%でした。中学生はYouTube が最も多く85・4%で、
続いてLINE が76・9%、ゲームが75・6%でした。その他にツイッターやインスタグラム、TikTok を利用しています。
昨年度の結果と比べると、小学生はほぼ同程度であったのに対して、中学生はいずれの項目においても利用の割合が増えている結果となっています。

子どものネット利用状況を把握できていますか
今回の調査結果で「画像を投稿したことがある」と回答した小学生は12・6%、中学生は28・2%で、「会ったことのない人とネット上でやり取りをしたことがある」と回答した小学生は31・%、中学生は51・2%でした。数多くの児童生徒がネットを利用し、いろいろな人と広く交流していることが分かりました。
また、ネット上でトラブルになったことがある児童生徒の割合は、小学生で18・1%、中学生で18・9%となり、5人に1人程度はネット上でのトラブルにあっていることが分かりました。
兵庫県の調査で、子どものネット利用実態を保護者が必ずしも把握できていないことが分かってい
ます。まずは、親子でしっかりとコミュニケーションをとり、子どもの実態を把握するとともに、トラブルや犯罪被害に遭わないためにも次の①〜③を心がけましょう。
①フィルタリングを必ず利用する
②家庭内でのルール作りと見守りをする
③実際の犯行の手口を知る

困った時は専門機関に相談しよう
県警本部サイバー犯罪対策課 ☎078(341)7441(代表)
県警本部青少年課ヤングトーク ☎0120(786)109
ひょうごっこ悩み相談センター ☎0120(0)78310(24時間)
ひょうごっ子「ネットいじめ情報」相談窓口 ☎06(4868)3395
Eメール soudan@hyogokko.npos.biz(月〜土曜日 午後2時〜7時)




高齢者インフルエンザ予防接種のお知らせ(稲美町) 2021.02.03.

今年度の対象者は下記のとおりです。ご希望の人は期限内に接種してください。
※既に肺炎球菌ワクチンを接種したことがある人は、対象外となります。
■令和2年度対象者(令和2年4月2日から令和3年4月1日までの誕生日で対象年齢となる人)
①令和2年度に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳となる人
②満60歳以上65歳未満の人で、心臓、じん臓または呼吸器に重い障がいのある人など
■接種期限 3月31日(水)まで
■接種回数 1回
■必要なもの ①予診票(令和2年4月下旬に郵送しています)、②健康手帳(お持ちの人)、③町内に住んでいることが確認できるもの(健康保険証など)
■接種費用 4,000円(実際の費用は総額約8,000円ですが、町が半額程度負担しています)
※生活保護法による被保護世帯、または町民税非課税世帯の人には接種費用を全額助成します。
※接種前に助成券申請手続きが必要ですので、健康保険証などをお持ちのうえ、健康福祉課へお越しください。ただし、介護保険料額決定通知書(最新年度分で介護保険料区分が1~3段階のものに限る)を協力医療機関に提示する場合は、手続きは不要です。
※本人または住民票上の同一世帯員以外の人が代理申請をされる場合、委任状または予防接種を受ける人の身分証明書等が必要です。また、代理人が予防接種を受ける人と住所が同一でない場合、助成券は予防接種を受ける人の住所へ郵送となり、窓口での交付はできませんのでご注意ください。
稲美町、加古川市、明石市、高砂市、播磨町の協力医療機関で接種できます(事前に予約してください)。
上記以外の兵庫県内医療機関でご希望の人は、接種される1週間前までに健康福祉課へお越しください。
[問合先] 健康福祉課 健康推進係 ☎492-9138




企画展「ひょうごの遺跡2021- 調査研究速報-」 2021.02.02.

県が発掘調査を実施した遺跡から、選りすぐりの資料を展示します。
と き 1月16日㊏~3月14日㊐9時30分~17時(入場は16時30分まで)
ところ 県立考古博物館特別展示室
料 金 大人200円、大学生150円、高校生以下無料
問合せ 県立考古博物館 ☎079(437)5589 📠079(437)5599




播磨町で子育てしよう 2021.02.02.

児童扶養手当が変わります
3月分(5月払い)から手当額の算出方法と支給制限に関する所得の算定方法が変更されます。
●児童扶養手当と調整する障害基礎年金などの範囲が変わります
これまでに、障害基礎年金(※1)を受給している人は、障害基礎年金などの額が児童扶養手当の額を上回っている場合、児童扶養手当を受給できませんでした。しかし、令和3年3月分の手当以降は、児童扶養手当の額が障害年金の子の加算部分を上回る場合、その差額を児童扶養手当として受給できるようになります。
(注) 障害基礎年金などを受給していない人(※2)は、今回の改正後も、調整する公的年金などの範囲に変更はないので、公的年金などの額が児童扶養手当額を下回る場合は、その差額分を児童扶養手当として受給できます。
※1 国民年金法に基づく障害基礎年金、労働者災害補償保険法による傷害補償年金など
※2 遺族年金、老齢年金、労災年金、遺族補償などの障害年金以外の公的年金などや障害厚生年金(3級)のみを受給している人
●支給制限に関する所得の算定が変わります
令和3年3月分の手当以降は、障害基礎年金などを受給している受給資格者の支給制限に関する「所得」に非課税公的年金給付など(※3)が含まれます。
※3 障害年金、遺族年金、労災年金、遺族補償など
●手当を受給するための手続き
既に児童扶養手当受給資格者として認定を受けている人は、原則、申請は不要です。
それ以外の人は、申請が必要となります。
▼問合せ 詳しくは、町ホームページに掲載しています
福祉グループ ☎079(435)2362

児童手当の振り込み
2月期(10~1月分)の児童手当は、2月10日㈬に口座に振り込みます。個人あての通知はしませんので、ご了承ください。
▼問合せ 福祉グループ ☎079(435)2362

北部子育て支援センター
子育て講座 ベビーマッサージ
ホホバオイルを使ったベビーマッサージです。ママの温かい手のぬくもりと優しい声で赤ちゃんの心と体をリラックスさせてあげながら、お母さんもゆったりとした時間を過ごしませんか。
▼日時 2月25日㈭午前10時~10時50分
▼場所 北部子育て支援センター
▼講師 滝川美紀
▼定員 先着10組
▼対象 令和2年8月~11月に生まれた乳児とその保護者
▼費用 オイル代200円
▼持ち物 バスタオル、水分補給できる飲み物
▼申込み・問合せ 2月1日㈪午前9時から受け付けます。費用を添えて申し込んでください(電話での申し込みは不可)
※初めての人を優先させていただきます。
北部子育て支援センター ☎︎078(944)0717
※駐車場が少ないので、徒歩か自転車でお越しください。
※新型コロナウイルス感染予防対策として、時間の短縮と、定員の削減をして実施します。中止または変更になる場合があります。




県立考古博物館 2月イベント情報 2021.02.01.

☎079(437)5589
2月の休館日 1日、8日、15日、22日

企画展 ひょうごの遺跡2021|調査研究速報|
▼会期 3月14日㈰まで
▼観覧時間 午前9時30分~午後5時(入場は午後4時30分まで)
▼場所 特別展示室
▼観覧料 大人 200円、大学生 150円(各種割引有り)高校生以下無料

学芸員によるミニ講座
常設展示の遺物について詳しく紹介します。
①「中国鏡からみた魏と呉と兵庫」
▼日時 2月13日㈯午後3時30分~4時
②「墳丘墓の出土品をよみとく」
▼日時 2月27日㈯午後3時30 分~4時
【①②共通】
▼場所 テーマ展示室
※観覧券が必要です。
▼申込み 当日

兵庫考古学研究最前線2020 講演会「平野における地形の変化と土地利用」
▼日時 3月13日㈯午後1時30分~3時
▼場所 講堂
▼定員 72人
▼講師 山田 清朝((公財)兵庫県まちづくり技術センター副課長)
▼申込期限 2月26日㈮
※事前予約が必要です。
▼申込方法 オンラインか往復はがきでの事前予約が必要です。定員を超える場合は、抽選となります。詳細については、考古博物館ホームページをご覧ください

調査研究速報
調査担当者が、発掘成果を速報します。
▼日時 3月7日㈰午後1時30分~4時
▼場所 講堂
▼定員 72人
▼申込期限 2月23日㈷
※事前に予約が必要です。
▼申込方法 往復はがきで申し込む場合の宛名は、(公財)兵庫県まちづくり技術センター埋蔵文化財調査部宛です。
オンラインから申し込む場合は考古博物館のホームページからお申し込みください
▼問合せ (公財)兵庫県まちづくり技術センター ☎079(437)5561




播磨町 郷土資料館 2月イベント情報 2021.02.01.

☎079(435)5000
2月の休館日 1日、8日、15日、22日

2月の文化財教室は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、中止または延期する場合があります。
土器・埴輪をつくろう
粘土で土器や埴輪などを作り、2週間後に、野焼きで焼き上げます。
▼日時 作品づくり 2月14日㈰①午前10時~ ②午後1時~野焼き 2月28日㈰午前10時~午後3時(参加時間30分程度)
▼場所 学習室ほか
▼定員 ①、②いずれも先着8人
▼費用 400円(作品は28日午後3時以降に持ち帰れます)
※事前に申し込みが必要です。




コスモホール2月のイベント情報 2021.02.01.

文化会館(コスモホール)
☎ 079-492-7700 📠 079-492-7878
休館日 2月1日(月)・15日(月) 2月2日(火)は資料整理日です

佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ2021関連企画
喜歌劇『メリー・ウィドウ』ハイライトコンサート ~ええとこどり
関西で活躍するオペラ歌手がピアノの生演奏とともにお贈りします。
楽しいお話もあり、初心者でも楽しめます!
井原敏行(Pf.MC)  迎肇聡(バリトン)  端山梨奈(ソプラノ)
中川正崇(テノール) 北野智子 (ソプラノ)
と き 4月18日(日)
開 演 15:00予定
入場料 [全席指定] 500円
企画・制作 兵庫県立芸術文化センター
※入場券は2月13日(土)10:00から発売開始

*新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、催しの中止や、座席数の変更等がある場合があります。予めご了承いただきますようお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため下記公演は、中止とさせていただきます。

COSMO 夢コンサート
令和2年度の夢コンサート
バレンタインピアノコンサート
と き 令和3年2月14日(日)
第22回COSMO夢コン音のフェスティバル
と き  令和3年3月7日(日)




稲美町地域振興商品券は、2月28日までに ご利用ください! 2021.02.01.

新型コロナウイルス感染症の影響による経済対策のため、令和2年度に引換えを実施した稲美町地域振興商品券の有効期限は、令和3年2月28日です。期限内にご利用ください。
※有効期限を過ぎた商品券はご利用いただけません。
問合先 産業課 商工労働係 ☎492-9141
※稲美町地域振興商品券の引換えは令和2年11月30日で終了しています。




子育て支援センターからのお知らせ(稲美町) 2021.02.01.

申込・問合先 こども課 育児支援係(子育て支援センター)☎492-9090

●1歳遊びの会
今回は、親子でほっこりした時間を過ごせるタッチセラピーを体験して頂けます。
【と き】 3月11日(木)10:00~11:30
【ところ】 いきがい創造センター 子育てルーム
【内 容】 タッチセラピー
【講 師】 高橋 温子 氏
【対 象】 1歳児とその保護者
【定 員】 8組
【申 込】 2月4日(木)8:30~
(定員になり次第締め切ります)

●子育て悩み相談
日ごろの育児や人間関係で少し疲れを感じているとき、誰かに話をすることで気持ちが軽くなる
ことがあります。相談内容については、秘密厳守します。気軽にご相談ください。事前に申し込み
が必要です。
【と き】 3月5日(金)13:00~15:00
【ところ】 いきがい創造センター 相談室
【相談員】 枝川 京子先生(公認心理師・臨床心理士)
【募集人数】 2人(相談時間は1人1時間、希望により託児可)




子育て支援拠点施設等の愛称は『いなみっこ広場』に決定しました! 2021.02.01.

令和3年5月にいなみ野水辺の里公園南側にオープンする、子育て支援拠点施設等の名称と愛称が決まりました。愛称については、最終候補5作品による投票を行い、決定しました。ご協力いただきました皆さん、誠にありがとうございました。
名称 稲美町立子育て交流施設
愛称 いなみっこ広場
応募者による愛称説明
「稲美」+「子ども」で、愛着のわく名称として考案。
子育て世代の支援や相談の拠点としての役割を担い、また多世代の住民の交流・ふれあいの場として、子育て世代を社会全体で支えるための施設が皆さんに末永く愛されるよう、親しみをこめて命名しました。
問合先 こども課 ☎492-9155




新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止にご協力をお願いします(稲美町) 2021.02.01.

緊急事態宣言発令

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて、1月13日(水)に兵庫県は緊急事態宣言の対象区域に指定されました。
兵庫県が公表を行っている市町別感染者数では、「稲美町」の感染者以外に、住所非公表等の理由により「加古川健康福祉事務所」として公表されている感染者が非常に多くいます。このため、実際の稲美町の感染者数は公表よりさらに多いものと考えています。
今後、感染を広げないために、不要不急の外出を控えていただきますようお願いします。
稲美町でも、2月7日(日)まで、公共施設の利用時間の短縮や町が主催するイベントなどを中止
(延期)しています。
皆さんには、ご不便をおかけすることになりますが、大切な人の命や暮らしを守るためにご理解・
ご協力をいただきますようお願いします。              稲美町長 古谷 博

今一度、感染拡大防止のための予防対策を徹底してください。
●手洗いやマスクの着用
●密集、密接、密閉(3密)の回避
●室内の換気など

特に感染リスクが高まる次の「5つの場面」にご注意ください。
場面①  飲酒を伴う懇親会など
●飲酒の影響で気分が高揚すると同時に注意力。が低下する。また、聴覚が鈍麻し、大きな声になりやすい。
●特に敷居などで区切られている狭い空間に、長時間、大人数が滞在すると、感染リスクが高まる。
●また、回し飲みや箸などの共用が感染のリスクを高める。
場面②  大人数や長時間におよぶ飲食
●長時間におよぶ飲食、接待を伴う飲食、深夜のはしご酒では、短時間の食事に比べて、感染リスクが高まる。
●大人数、例えば5人以上の飲食では、大声になり飛沫が 飛びやすくなるため、 感染リスクが高まる。
場面③  マスクなしでの会話
●マスクなしに近距離で会話をすることで、飛沫感染やマイクロ飛沫感染での感染リスクが高まる。
●マスクなしでの感染例としては、昼カラオケなどでの事例が確認されている。
●車やバスで移動する際の車中でも注意が必要。
場面④  狭い空間での共同生活
●狭い空間での共同生活は、長時間にわたり閉鎖空間が共有されるため、感染リスクが高まる。
●寮の部屋やトイレなどの共用部分での感染が疑われる事例が報告されている。
場面⑤  居場所の切り替わり
●仕事での休憩時間に入った時など、居場所が切り替わると、気の緩みや環境の変化により、感染リスクが高まることがある。
●休憩室、喫煙所、更衣室での感染が疑われる事例が確認されている。

電話相談
発熱等受診・相談センター ☎422-0002
新型コロナ健康相談コールセンター ☎078-362-9980 FAX078-362-9874

[問合先] 危機管理課 消防係 ☎492-9168  健康福祉課 健康推進係 ☎492-9138




加古郡 2月のリサイクルプラザ情報 2021.02.01.

☎079(437)7671
毎週 月・火曜日休館

体験教室参加者募集
▼対象 小学生以上(小学校低学年は保護者同伴)
※①は4年生以上対象。大人が一緒に作業してください。
①ステンドグラスのひな人形作り
ステンドグラスを使って、ひな人形のプレートを作ります。
▼日時 2月5日㈮、6日㈯、7日㈰午前9時30分~正午、午後1時30分~4時
▼定員 各回2人(7日は4人)
▼費用 千円
▼持ち物 エプロンまたは汚れてもいい服装
※作品は後日の引き渡しとなります。
※半田ゴテを使った細かい作業ですので、大人が一緒に作業してください。
②モザイクガラスのひな人形
モザイクガラス(シーグラス風ガラス)を使って、ひな人形を作ります。
▼日時 2月12日㈮、13日㈯、14日㈰午前9時30分~正午、午後1時30分~4時
▼定員 各回2人(13日は4人)
▼費用 300円
▼持ち物 タオル1枚
※作品は後日の引き渡しとなります。
※紙粘土で汚れてもいい服装で来てください。
③ガラスの写真立て
板ガラスの上に色ガラスを載せて模様にします。
▼日時 2月20日㈯、21日㈰午前9時30 分~正午、午後1時30分~4時
▼費用 千円
▼定員 各回4人
※作品は後日の引き渡しとなります。
④ガラスの判子作り(サンドブラスト)
ガラス製の判子に砂を吹き付けて加工します。
▼日時 2月27日㈯、28日㈰午前9時30分~正午、午後1時30分~4時
▼費用 300円
▼定員 各回4人
※カッターナイフを使います。




ひょうごラジオカレッジの 受講生募集 2021.02.01.

毎週土曜の朝7時から30分間、ラジオ関西で放送する講座を聴き、はがきやメールなどで感想文を提出するひょうごラジオカレッジの受講生を募集します。
対 象 50歳以上で県内居住者
費 用 年間6,000円
申 込 所定の申込書、申し込み方法については ひょうごラジオカレッジ
☎079(424)3343
📠079(424)3475




播磨町学童保育所春季休業期間中の利用児童の募集 2021.02.01.

学童保育所は、保護者が日中就労などのため家庭で保育できない子どもたちが生活する場所です。学童保育所は、播磨町が設置し指定管理者である特定非営利活動法人 高砂キッズ・スペースが運営を行っています。

令和3年度春休み期間中の利用児童を募集します。
▶対象 町内の小学校に在学する小学生で、保護者が就労などのため、春休み期間中の保育が必要な児童
▶利用期間 3月25日(木)~4月6日(火)(日曜日は除く)
▶利用時間 8:00 ~ 18:00 延長時間(希望者のみ)18:00 ~ 19:00
▶利用可能施設名称(募集予定人数)
播磨西小学校学童保育所(10人程度)
播磨南小学校学童保育所(10人程度)
※利用可能な学童保育所以外の校区に就学する児童も申し込みできます。
※学童保育所ごとに審査を行い、後日結果を通知します。通常利用優先のため、利用資格のある場合でも、定員の関係で利用できない場合があります。
▶利用料金 全学年共通3,500円(3月23日~ 31日) 3,500円(4月1日~6日)
▶延長利用料 2,000 /月(希望者のみ)
※利用料金は、利用日数に関わらず一括して3月22日に納付していただきます。
※おやつ代、光熱水費、損害保険料などは別途負担が必要です。
※兄弟で利用する場合や、生活保護世帯、単親世帯で町民税非課税世帯には、利用料金を減額する制度があります。
▶申込期間 2月1日(月)~ 26日(金) 12:00 ~ 18:00(祝日を除く月~土曜日)
▶申込書配布・受付 各学童保育所で配布と受付を行います
※申込書の配布は、福祉グループでも行っていますが、提出は直接、各学童保育所へお願いします。
▶問合せ
特定非営利活動法人 高砂キッズ・スペース ☎079(446)3635
福祉グループ ☎079(435)2362
播磨西小学校学童保育所 ☎079(436)3041
播磨南小学校学童保育所 ☎078(941)1145



ページトップへ