1月 | 2021 | 兵庫県議会議員|岡つよし公式ホームページ


フォントサイズ変更

新着記事

月間アーカイブ

ツイッター

2021年1月の投稿記事一覧



まちづくりアドバイザーがお届けする「まちアド通信」(播磨町) 2021.01.15.

企画グループ ☎︎079(435)0356

野添地区わくわく地域づくり塾が開催されました
2020年10月に野添コミセン区を対象として、全4回で地域づくりについて学ぶ、「野添地区わくわく地域づくり塾(播磨町社会福祉協議会主催、野添コミュニティ委員
会共催)」が開催されました。今回はそのレポートです。

野添地区わくわく地域づくり塾は、地域づくりを専門とする3人の講師が4回の連続講座を開催し、これからの地域づくりや話し合いの方法について学ぶ内容でした。
1回目はこれからの地域ではどんなことが起きるか、1人ひとりに何ができるかを学び、
2回目はうまくいく話し合いの方法を練習し、
3回目は野添地区の手書き地図を作りながら、地域の特徴やどんな場所が誰の居場所になっているか、どこでどんな困りごとが起きているかを話し合いました。
4回目はこれまでの話し合いで出てきた野添の課題や困りごとを解決するために、自分にどんな事ができるかアイデアを出し合いました。

2020年は人が集まることも難しく、オンラインでの講座によって学ぶ機会が増えた一方で、地域での学ぶ機会は減ったように思います。この連続講座には約20人が参加され、毎回楽しそうに受講されていました。
地域づくりにおいて、学ぶ機会は非常に大切だと思います。改めて地域の歴史を学んだり、他のまちの事例を知ることで自分のまわりの地域の価値を見直せるかもしれません。学ぶ機会を通じて、地域活動を始めてみようと思う人もいるかもしれません。学び直しという言葉があるように、世代を問わず学ぶ機会が必要と言われています。まちのいたるところに学ぶ機会があると良いなと思っています。




あんぜん・あんしん 暮らしのメモ帳(播磨町) 2021.01.15.

「インターネットを使用中に突然の警告音!あわててクリックしないで!」

【内容】 パソコンを立ち上げた時に「このパソコンはウィルスに感染しています」との警告が表示された。このままではセキュリティに問題が生じると思って申し込みの電話番号に電話をしたが、オペレーターの日本語が不自然なので途中で不審に思って電話を切った。広告には大手ソフトウェア会社を名乗っていたが本当だったのだろうか。
【ひとこと助言】
●パソコンを使用中に突然大きな警告音が鳴り、「ウィルスに感染しています」などの表示が画面に出て消えなくなり、入力作業も出来なくなるため、慌ててしまい表示された電話番号に連絡をしてしまう事によるトラブルが発生しています。
●電話をすると、ウィルス駆除の目的で遠隔操作を受けて、修理代金やセキュリティソフトの購入代金を請求されます。
●警告音や警告表示が出て不安を感じても、安易に画面に表示された連絡先に電話をしないようにしましょう。
●不安を煽る目的で警告音や警告メッセージを音声で流して、実在の企業のロゴが使われることもありますが、それらの企業とは関係がないので注意しましょう。
●ソフトウェアの販売などは海外の事業者の場合が多く、解約は英語でしか申請できない場合も多くあります。トラブルに遭わないためにも、慌てて契約をしてクレジットカード情報などの個人情報を入力したり、セキュリティソフトのダウンロードをしないようにしましょう。

ご相談は…お電話ご来所どちらでもご相談ください。ご来所の場合は、住民グループ⑥
番窓口にお声がけください。
▼相談日時 祝日を除く毎週月〜金曜日 午前9時〜午後4時
※専門の相談員が相談に応じます。
▼電話相談・面談、相談予約
播磨町消費生活センター ☎079(435)1999




播磨町 子育て応援 すくすくタイム 2021.01.15.

▶問合せ こども窓口 ☎079(435)0366

ノロウイルス感染症にご注意を!
ノロウイルス感染症は、乳幼児から高齢者の幅広い年代に急性胃腸炎を引き起こすウイルス性の感染症です。
主に冬場に多く発症し、感染力が非常に強く、一度かかっても、何度もかかるため、これからの季節は特に、感染症予防が大切です。
どんな症状?
ノロウイルスは手指や食品など口から感染します。感染から発症までの時間は24時間から48時間で、主な症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛で発熱は軽度です。通常、これらの症状が1日から2日続いた後に治ります。
かかかってしまった時の対処法
ノロウイルスには有効な抗ウイルス剤がなく、対症療法が行われます。抵抗力の弱い乳幼児や高齢者が感染すると脱水症状を起こしたり、体力を消耗しないよう、症状が少し落ち着いた時に、少しずつ水分と栄養の補給を行いましょう。
食品からの感染を防ぐ為には?
加熱処理はウイルスの活性を失わせる有効な方法です。ノロウイルスの汚染のあるカキなどの2枚貝などの食品の場合は、中心部が85℃から90℃で90秒以上の加熱が望まれます。
手洗いはどのようにすれば良いですか?
手洗いは手指に付着しているウイルスを減らす最も有効な方法です。調理を行う前、食事の前、下痢などの患者の汚物処理やおむつ交換を行った後には必ず行いましょう。
適切な汚物の処理の方法は?
床などに飛び散った吐物や便などを処理する時には、マスクと手袋を使い、汚物のウイルスが飛び散らないようにペーパータオルなどで静かに拭き取ります。拭き取った後は、塩素消毒液(家庭用の次亜塩素酸ナトリウムを含む塩素系漂白剤(濃度6%)10mlを3ℓの水で薄める)で床を拭き取り、その後水拭きします。
おむつや拭き取りに使用したペーパータオルなどは、ビニール袋に密閉して廃棄します。ビニール袋に廃棄物が充分に浸る量の塩素消毒液(家庭用の次亜塩素酸ナトリウムを含む塩素系漂白剤(濃度6%)50mlを3ℓの水で薄める)を入れることが望ましいです。
ノロウイルスは乾燥すると、空中に漂い、口に入って感染することがあるので、吐物や便は乾燥しないうちに床などに残らないよう速やかに処理し、換気を行うことが感染防止に重要です。




第15回「残したい稲美町の風景」写真コンテスト 2021.01.15.

稲美町には、先人たちが長い時聞をかけてつくった多くのため池や水路、水田、集落などが広がる特徴的な風景(文化的景観)があります。稲美町では、こうしたため池を中心とした身近な風景をみんなの財産と位置付け、今ある美しい風景をまもり、未来へ伝えて行けるように取り組んでいます。そこで、皆さんが未来へ伝えたいと思う稲美町の風景写真を、次の要領で募集します。
テ ー マ 稲美町のため池や農村などの特徴的な風景、また、身近な四季の風景や未来に伝えたい風景。
サイズなど 応募写真は、六ツ切りA4・ワイド六ツ切りのいずれか(四ツ切り・ワイド四ツ切りは不可とします)。
カラー・白黒、縦・横、余白の有無・大小は自由です。
平成31年1月1日以降に撮影された未発表の写真に限ります。
特選・入選を受賞した作品は資料館で展示するため、受賞者には改めて半切A3・ワイド四ツ切りのいずれかのサイズの写真の提出をお願いします。
 特選…1点(貰金3万円と賞状) 入選… 2点(賞金1万円と賞状) 佳作…9点(賞状)
応募方法 応募用紙にご記入のうえ、写真と応募用紙を郷土資料館までご提出ください(郵送可)。
応募写真の裏面にもお名前の記入をお忘れなく(応募用紙貼付可)。
募集期間 1月31日(日)まで(必着) 審査発表 2月中旬ごろ発表予定
注意事項
◆応募は一人3点まで。
◆特選・入選・佳作を受員した作品は返却できません。
◆受賞作品の使用権は主催者(稲美町・稲美町教育委員会)に帰属し、町ホームページや町広報紙などへの掲載、公共施設での展示など、公共の目的で作品を使わせていただく場合があります。
返却を希望されなかった作晶についても、受賞作品と同様とします。返却を希望された作品で受賞しなかった作品については、公開使用せずに返却します。なお、応募者は町内外を聞いません。
また、肖像権問題について、稲美町・稲美町教育委員会は責任を負いません。
受費作品が町民カレン夕、ーに掲載されるとは限リません。
間合先 稲美町立郷土資料館写真コンテスト係
〒675-1114  兵庫県加古郡稲美町国安1286-55 TEL/FAX 492-3770




加古川税務署から税の申告についてのお知らせ 2021.01.15.

▶問合せ 加古川税務署 ☎079(421)2951

混雑を緩和(3密を回避)するため、e‐Taxや郵送などでの申告にご協力をお願いします
申告書などは国税局ホームページの「確定申告書作成コーナー」で作成できます。
ID・パスワード方式の届け出を済ませている人は、自宅のパソコンやスマートフォンからe‐Taxで申告書の送信ができます。

税の申告書作成会場はニッケパークタウンです
加古川税務署には申告書作成会場を設けておりません。
▶開設期間 令和3年2月16日(火)~3月15日(月)
※土・日曜日、祝日は休止。ただし、2月21日(日)、28日(日)は受け付けます。
▶相談受付時間 9:00~16:00
※会場への入場には「入場整理券」が必要です。入場整理券は、LINEを利用してオンラインで事前発行しているほか、会場入り口で当日発行も行っています。入場整理券の配付状況に応じて、早めに相談受付を終了する場合があります。
▶申告書作成会場 ニッケパークタウン 本館1階センタープラザ(加古川市加古川町寺家町173‐1)
▶注意事項
・申告書作成会場で申告する場合は、前年の申告書の控え、確定申告のお知らせはがき、筆記用具、電卓をご持参ください
・会場では納税はできませんので、お近くの金融機関をご利用ください
・駐車料金は4時間まで無料です(それ以降は有料)
・申告書作成会場入口では、検温を行い、体調不良の人は入場をお断りする場合があります。会場内では、マスクの着用をお願いします

所得税及び復興特別所得税等の確定申告書及びその関係書類は、前年の申告内容に基づき、令和2年10月末のデータにより作成していますので、次の点にご注意ください。
・申告書に印字されている住所などに変更があった場合には、訂正して使用することができます
・事業所得、不動産所得、譲渡所得、退職所得などがあり、他の申告書などの様式が必要な場合には、国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」をご利用いただくか、必要な書類を明記のうえ、郵送などにより税務署に請求してください
なお、郵送などで請求する場合、住所・氏名を記載し必要な額の切手を貼付した返信用封筒を併せて送付してください。
何かご不明な点がありましたら、税務署にお問い合わせください。

個人で事業や不動産貸付などを行う全ての人は、記帳と帳簿書類の保存が必要です
令和元年10月から、消費税率が8%から10%に引き上げられると同時に、消費税の軽減税率制度が始まりました。確定申告に当たっては税率ごとに区分経理をした帳簿が必要になります。所得税及び復興特別所得税の申告の費用がない人も対象となります。




「いきいき健康記録シート」で 体重、血圧、歩数を記録している 人は地域包括支援センターヘ お越しください 2021.01.14.

体重、血圧、歩数を3カ月以上継続して記録している場合は、健康ポイントの対象になります(各2ポイント)。
地域包括支援センターと社会福祉協議会で配布している「いきいき健康記録シート」を使って体重、血圧、歩数を記録している場合は、地域包括支援センターでポイントスタンプを押印しますので、いきがい創造センター1階の地域包括支援センターまでお越しください。
[間合先]  健康福祉課地域包括係(地域包括支援センター) ☎492-9150




高齢運転者の事故防止を支援します!(播磨町) 2021.01.12.

▶問合せ 危機管理グループ ☎079(435)0991
近年、高齢運転者による交通事故の割合が増加し、社会問題となっています。
播磨町では、高齢運転者による交通事故を防止するための施策を実施していますので、ぜひご活用ください。

運転免許証の自主返納への支援
運転免許証を自主返納した人に、公共交通機関の利用促進を図ることを目的とし、ICOCAカード(5千円分)を交付しています。
ICOCAカードは公共交通機関を利用する際や、各種コンビニエンスストアなどでもご利用いただけます。
▼対象 次の①②の両方に該当する人
①播磨町内に住民登録がある満65歳以上の人
②運転免許証を自主返納し、運転経歴証明書の交付を受けて1年以内の人
※運転免許証を自主返納後、運転経歴証明書の交付をうけていない人は、この支援制度をご利用いただけません。
※運転経歴証明書とは、返納した免許証の種類や交付日、住所、氏名、生年月日などを表示したカードです。
▼内容 ICOCAカード5千円分(カード発行預り金500円を含みます)
※ICOCAカードは、後日郵送します。
※ICOCAカードの交付は1人1回限りです。
※令和2年3月31日までに従前の補助金(運転経歴証明書発行手数料1千100円の補助)の交付を受けた人は対象外となります。
▼申請手続き 申請書、請求書、運転経歴証明書の写しを危機管理グループへ提出してください
※申請書及び請求書は危機管理グループに備え付けています(町ホームページからもダウンロードできます)
▼運転免許証自主返納・運転経歴証明書に関する問い合わせ
兵庫県警察交通部運転免許課(明石運転免許試験場内)
☎078(912)1628
加古川警察署
☎079(427)0110

急発進抑制ブレーキ装置の設置への支援
高齢運転者のアクセルとブレーキの踏み間違いによる、事故を減らすことを目的とし、急発進抑制ブレーキを後付けで設置した人に、1万1千円を補助します。
▼対象 次の①②③のすべてに該当する人
①播磨町内に住民登録がある満75歳以上の人
②有効期限内の運転免許証を所有している人
③兵庫県が実施する高齢運転者事故防止対策事業による補助の交付を受けた人で、引き続き使用している人
▼内容 上限1万1千円(補助対象経費が3万3千円を下回る場合は、補助対象経費から県補助2万2千円を引いた額とする)
▼申請手続き ①申請書②請求書③県補助の決定通知書の写し④自動車車検証の写し⑤装置の設置証明書の写し⑥安全装置設置に係る誓約書(車検証の所有者と申請者が異なる場合)
上の①〜⑥を危機管理グループへ提出してください
※申請書及び請求書、誓約書は危機管理グループに備え付けています(町ホームページからもダウンロードできます。
▼申請期限 3月31日㈬
※申請期限があります。お早めの申請をお願いいたします。




播磨町 郷土資料館 1月イベント情報 2021.01.10.

☎079(435)5000
1月の休館日 1日~4日、12日、18日、25日

1月の文化財教室は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、中止または延期する場合があります。

大きな埴輪をつくろう
人や動物の形をはじめ、家や船など様々な形の埴輪が全国の古墳から出土しています。
人気の「踊る埴輪」など、自作の埴輪を机の上に飾ってはいかがでしょう。
▼日時 1月24日㈰ 午前10時~午後1時
▼場所 学習室
▼対象 小学生以上
▼人数 先着8人
▼費用 800円(粘土と焼く費用)
※事前に申し込みが必要です。

別府鉄道をペーパークラフトでつくろう
別府鉄道の機関車DC302と客車ハフ5(45分の1スケール)をペーパークラフトで作ります。
▼日時 1月30日㈯午前10時~正午
▼場所 学習室
▼対象 小学生以上(低学年は保護者同伴)
▼人数 先着8人
▼費用 300円
※事前に申し込みが必要です。




「稲美町協働まちづくりモニター」 の登録者を募集します 2021.01.10.

まちづくりにおけるさまざまな課題についての率直なご意見をお伺いし、今後の町政運営に反映することを目的として「稲美町協働まちづくりモニター」を募集します。
・活動内容
(1)町政に関するアンケー卜調査への回答
(2)町政運営や取組状況に関しての意見提出
(3)講演会・ワークショッブなど、への参加
・応募資格
満16歳以上で、町内に在住・在勤・通学している人、町内で活動している人のいずれかに該当し、町政に関心のある人。ただし、稲美町職員、国会議員または地方公共団体の議員は応募できません。
・応募方法
登録応募用紙を持参または郵送、FAX、メールにて企画課へ提出してください。登録応募用紙は町ホームページからダウンロードできます。
・応募・間合先
企画課政策・行革係 ☎492-9130 FAX 492-5162
メーjレアドレス:kikaku@town.hyogo-inami.lg.jp




外国人を招いてのおはなし(稲美町) 2021.01.09.

稲美町国際交流協会

外国の人に自分の国の紹介をしてもらいます。
風習の違いなど、いろいろなお話を聞いてみましょう。そして、英語でお話ししてみましょう。
と き 2月6日(土)14:00~15:30
ところ いきがし創造センター 1階ワーキングスペース
対 象 中学生以上の人
定 員 10人
参加費 会員無料 非会員200円
※中学生・高校生は無料です。
申込期限 1月29日(金)
申込・問合先 稲美町国際交流協会 月~金 9:00~12:00 ☎492-1212
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、イベン卜内容の変更または中止となる場合があります。




コスモホール1月のイベント情報 2021.01.08.

文化会館(コスモホール)
☎ 079-492-7700 📠 079-492-7878
休館日 12月28日(月)~1月4日(月)・1月18日(月)

いなみ野音楽祭 入場無料
子どもから高齢者まで様々な人たちが、コーラスや吹奏楽を発表するコンサートです。
と き 令和3年1月31日(日)
開 演 13:00(開場12:30)
ところ 稲美町立文化会館 コスモホール
※入場制限があります

佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ2021関連企画
喜歌劇『メリー・ウィドウ』ハイライトコンサート ~ええとこどり
関西で活躍するオペラ歌手がピアノの生演奏とともにお贈りします。
楽しいお話もあり、初心者でも楽しめます!
井原敏行(Pf.MC)  迎肇聡(バリトン)  端山梨奈(ソプラノ)
中川正崇(テノール) 北野智子 (ソプラノ)
と き 4月18日(日)
開 演 15:00予定
入場料 [全席指定] 500円
企画・制作 兵庫県立芸術文化センター
※入場券は2月13日(土)10:00から発売開始

*新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、催しの中止や、座席数の変更等がある場合があります。予めご了承いただきますようお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため下記公演は、中止とさせていただきます。

COSMO 夢コンサート
令和2年度の夢コンサート
バレンタインピアノコンサート
と き 令和3年2月14日(日)
第22回COSMO夢コン音のフェスティバル
と き  令和3年3月7日(日)




エンゼルヘルパー派遣サービス(稲美町) 2021.01.07.

出産後・病気・冠婚葬祭・行事などで家事育児が困難な家庭にヘルパーを派遣します。
対  象 町内在住で小学校3年生以下の子どもがいる家庭
内  容
[家事] 買い物・調理・掃除・洗濯など家事のお手伝い
[育児]子どもと一緒に遊んだり、食事・おむつ換えなど
利用時間 8:00~18:0 0 (年末年始を除く)
ただし、1回の派遣につき3時間、週3回まで
利用料金
・家事援助1,530円(1時間あたり)
・子守・家事援助2,400円(1時間あたり)
※町が、利用料金の1/2を補助します。また、3歳までの多胎児を有する世帯は全額を補助します。
※なるべくお早めにお申し込みください。
申込・間合先 こども課児童福祉係 ☎492-9155




がんになっても将来、子どもを産み、育てたい人へ(播磨町) 2021.01.05.

(播磨町若年がん患者妊よう性温存治療費助成事業)
将来、子どもを産み育てることを望むがん患者で、がん治療に際して、妊よう性温存治療(将来妊娠する可能性を温存する治療)を受けた場合に、治療にかかった費用の一部を助成します。

▼対象 次のいずれにも該当する人
・がんと診断された日から治療終了日までの間及び申請日において、播磨町に住所を有する人
・がん治療により生殖機能が低下し、またはこれを失うおそれがあると医師に診断された人
・令和2年4月1日以降に治療を開始した人
・治療開始日における年齢が43歳未満の人
・別表1に規定する所得の要件を満たす人

・別表2に規定する医療機関において治療を受けた人

・助成を受けようとする治療に要する費用について、過去に他の地方公共団体及び医療保険各法の保険者独自の助成を受けていない人
・別表1に規定する治療を受けた人の区分に応じ、所得の確認を行った場合に、町税を滞納している人がいない人
・国民健康保険その他の医療保険に加入している人
・播磨町一般不妊治療費助成、兵庫県特定不妊治療費助成、播磨町特定不妊治療費助成または播磨町不育症治療費助成のいずれも治療開始日において受けていない人
▼助成対象となる費用
・保険外治療のうち、精子、卵子、卵巣組織の採取及び凍結並びに胚(受精卵)の凍結に要する費用のうち、治療に要する費用(初回の保存に要する費用を含む)詳しくは、すこやか環境グループにお尋ねください
▼助成回数 1人1回
▼助成金額 保険外治療費のうち、その費用の2分の1と別表3の補助上限金額のいずれか少ない額(10円未満切り捨て)

▼申請を希望する場合
事前にすこやか環境グループまでご相談ください。なお、申請は、治療が終了した日(医師の診断に基づき治療を中止した場合は、中止した日)から3カ月以内に申請していただく必要があります。なお、年齢要件及び所得要件について、新型コロナウイルス感染拡大による特例措置がありますので、詳細についてはお問い合わせください
▼申込み・問合せ
すこやか環境グループ ☎079(435)2611




子育て支援センターからのお知らせ(稲美町) 2021.01.05.

申込・問合先 こども課 育児支援係(子育て支援センター) ☎492-9090

●ネンネの会
助産師、栄養士、保健師を交えて日常の育児について相談したり、親子のリラクゼーション遊びが体験できます。申し込みはいりません。
【と き】 1月21日(木)10:00~11:00
【ところ】 いきがい創造センター 多目的ホール
【対 象】 0歳児とその保護者
【持ち物】 バスタオル

●ツインズ(多胎児ママの会)
多胎児を育児中のママ達が、日常の育児や工夫していることなどを話し合っています。現在多胎児を妊娠中のお母さんも気軽にご参加ください。申し込みはいりません。
【と き】 2月1日(月)10:00~11:00
【ところ】 いきがい創造センター 子育てルーム
【対 象】 多胎児の保護者(子ども同伴可)、多胎児を妊娠中おお母さん

●ヨチヨチの会
保健師、栄養士を交えて日常の育児について相談したり、親子のふれあい遊びを体験します。申し込みはいりません。
【と き】 2月4日(木)10:00~11:00
【ところ】 いきがい創造センター 多目的ホール
【対 象】 1歳児とその保護者

●子育て悩み相談
日ごろの育児や人間関係で少し疲れを感じるとき、誰かに話をすることで気持ちが軽くなることがあります。相談内容ついては、秘密厳守します。気軽にご相談ください。事前に申し込みが必要です。
【と き】 2月8日(月)10:00~15:00
【ところ】 いきがい創造センター 相談室
【相談員】 枝川京子先生(公認心理師・臨床心理士)
【募集人数】4人(相談時間は1人1時間、希望により託児可)

●てくてくの会
“第1反抗期“や“イヤイヤ期”と言われる2歳の頃、我が子にどう接すればよいのかと悩む人も少なくありません。そこで、この時期の子どもの心理や接し方を学んで、ゆとりをもった子育てを楽しみませんか。
【と き】
3月5日(金)10:00~11:00「心理士と2歳児を語ろう」
3月9日(火)10 : 00~11:00「イヤイヤ期をうまく乗り切ろう」
【ところ】 いきがい創造センター 多目的ホール
【対 象】 2歳児とその保護者
【定 員】 8組
【申 込】 1月25日(月) 8:30~(定員になり次第締切ります)




なくそう!コロナ差別(稲美町) 2021.01.04.

~お互いの人権を守る意識・行動が感染拡大防止につながります~

新型コロナウイルスの感染が日本国内で、急激に増加しています。兵庫県内でも多数の感染が、確認され、多くの皆さんが、不安な気持ちで過ごしておられることと思います。そのような中、不安に思う気持ちが行き過ぎてしまったり、不確かな情報や事実と異なる情報に惑わされ、感染者やそのご家族、医療従事者の皆さんなどに対して、誹謗中傷や差別的な言動が行われ、心を痛めている人がいるという残念な問題(コロナ差別)が起こっています。差別は、どんな理由があっても絶対に許されるものではありません。
さらに、感染者やその家族に対する差別や誹謗中傷があると、発熱などの感染が疑われる症状が出ても、検査のための受診や保健所への情報提供をためらってしまうなど、感染症拡大防止の取り組みに支障が出てしまう恐れもあります。
また、医療や介護に従事されている皆さん、生活物資の輸送など社会機能の維持に貢献されている皆さんは、私たちの命や生活を守るために、日々懸命に働いています。このような人々やそのご家族が、学校や職場、地域の中で差別を受けるようなことは、決しであってはならないことです。
新型コロナウイルスに関する情報の中には、不確かな情報や事実と異なる情報もあります。感染した人に関する個人的な情報を噂したり、不必要に拡散したりすることは人権侵害となります。国や県、町が発信する正しい情報を確認するとともに、根拠のないデマに惑わされたり、過剰な反応をしたりすることなく、人権に配慮した冷静な行動をとっていきましょう。
新型コロナウイルス感染症の危機に直面している今こそ、私たち一人ひとりが¥自分の人権も他の人の人権も大切にする行動を実践していきましょう。
間合先 稲美町教育委員会 人権教育課 ☎492-255




4月開講 令和3年度 いきいきセミナー受講生募集(稲美町) 2021.01.04.

受講期間 令和3年4月から令和4年3月まで(1年間)
会  場 いきがい創造センター多目的ホール
対  象 町内在住の60歳以上の人(昭和36年3月31日以前に生まれた人)
身体障害者手帳をお持ちの場合は50歳以上の人(昭和46年3月31日以前に生まれた人)
講  座 切り絵・実用書道・大人のそろばん・パステルアート・大正琴・やさしい折り紙・ちぎり絵(令和3年度は全講座教材費のみで参加していただけます)
※詳しくは、広報いなみ令和2年12月号または町ホームページをご覧ください。
申込締切 1月20日(水)まで
間  合  先 健康福祉課地域包括係 ☎492-9150




『かこリンク』健康講座 参加者募集 2021.01.04.

人生最後の日まで自分らしく生きるために、一緒に考えてみませんか?
ぜひ、ご参加ください。
と き 1月21日(木)14:00~ 15 : 30 (受付13:4 5~)
ところ ウェルネージかこがわ1階 マリンガホール
(加古川市加古川町篠原町103-3)
内 容
① 「いまここから始める人生会議」講師 西村医院 稲岡 雄太先生
② 「いつまでも自分らしい人生を送るために」~パンフレットを中心に~ かこリンク
対 象 加古川市、稲美町、播磨町にお住まいの人
定 員 30人(先着順)
申込方法 1月13日(水)までに電話にてお申し込みください。
申し込み時に、氏名、住所、電話番号、年齢をお伝えください。
申込・間合先
在宅医療・介護連携支援センターかこリンク ☎427-1500
受付時間 9 : 00 ~ 17:00( 土・日曜日、12 月29 日(火) ~ 1 月4 日(月)を除く)
主 催 在宅医療・介護連携支援センター かこリンク
加古川市、稲美町、播磨町、一般社団法人加古川医師会
※自然災害及び新型コロナウイルス感染症拡大による社会状況など、やむを得ない事情により中止する場合があります。ご来場前にかこリンクホームページをご確認ください。
[かこリンクホームページ]
https://www.kakogawa.hyogo.med.or.jp/kakolink/
※参加の際は、必ずマスクを着用し、事前の体温測定をお願いします。体調不良の場合は参加をご遠慮ください。
※隣接の立体駐車場は有料です。




新型コロナウイルス感染症に対応した 避難所運営訓練を実施しました(播磨町) 2021.01.03.

▼問合せ 危機管理グループ ☎079(435)0991

11月15日に播磨南小学校で東部コミセン区防災訓練として、新型コロナウイルス感染症に対応した避難所運営訓練を実施しました。
防災倉庫に備蓄された生活必需品や感染症対策品などの確認、飛沫感染防止のための体育館の区割り、受付での健康チェックなどを体験し、コロナ禍での避難所運営について確認しました。
訓練を受けてさっそく自治会で必要な備蓄品について相談したり、ほかの自治会の様子を尋ねたりするなど、具体的な行動につなげるための良い機会となりました。




フードドライブにご協力ください!(稲美町) 2021.01.03.

町は、食品ロスを削減するために生活協同組合コープこうべが取り組んでいるフードドライブ活動を支援しています。
フードドライブ活動とは
家庭で、余っている食晶を持ち寄り、それを必要としている福祉団体・施設に寄付する活動のことです。

生活協同組合コープこうべ主催 第2回フードドライブについて
実施日時 1月13日(水) ~ 1月15日(金)10:00~ 17:00
実施場所 コープ稲美 ☎492-3781 コープ播磨 ☎078-944-0239
受付場所 サービスコーナ・特設コーナー
○寄付いただきたい食晶
員味期限が1力月以上残っている常温保存可能なもの
例:米、パスタ・素麺などの乾麺、缶詰、レ卜ルト・インスタン卜食晶、海苔、お菓子、飲料、調昧料(醤油・食用油など)など
×受付できない食晶
貰昧期限が1力月を切っているもの
開封されているもの、常温保存できないもの
例:生鮮食品(生肉・魚介類・生野菜)、アルコール(みりん、料理酒は除く)、製造者または販売者の表示がないものなど




2021.01.02.

ふれあい交流館
☎ 079-492-7700 📠 079-492-7878
休館日:12月28日(月)~1月4日(月)・1月18日(月)

稲美町成人式
と  き 令和3年1月10日(日)13:30~(受付は13:00~)
と  こ  ろ 稲美町立文化会館 コスモホール
対  象 平成12年4月2日~平成13年4月1日生まれの人

新春かきぞめ大会作品展
第42回新春かきぞめ大会(1月9日(土)開催)の小学3年生から中学3年生のかきぞめ作品展です。ぜひご覧ください。
と  き 1月22日(金)~ 31 日(日)9:00~17:00(最終日のみ16:00まで)
と  こ  ろ ふれあい交流館 ギャラリー

第51回児童生徒書初展
町内の小中学校の児童生徒による書初の入選作品を展示します。
新春を迎え、気持ちを新たに書いた力作を、ぜひ、ご覧ください。
と  き 1月22日(金)~ 24日(日)9:00~17:00
と  こ  ろ ふれあい交流館 2階ホール
主管・問合先 教育課 ☎492-914
※ご鑑賞の際は、マスクの着用をお願いいたします。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、開催及び内容について変更をする場合があります。町ホームぺージでご確認ください。

あたご大学生募集
令和3年度の高齢者大学「あたご大学」の学生を募集します。
対  象 町内在住の満60歳以上(昭和36年4月1日以前の生まれの人)
自治会費 5,000円(新入生の人)
(令和2年度自治会費を納付された人は、令和3年度に自治会費を充当させていただきます。)
開  講  日 原則として第1・3木曜日(8月は休み)
申込期限 2月28日(日)まで
申込方法 ふれあい交流館窓口にてお申し込みください。
間  合  先 ふれあい交流館 ☎492-7700




お急ぎください! 播磨町簡易耐震診断は 1月で受付終了です 2021.01.02.

現在お住まいの住宅の耐震化を促進し、地震による住宅の倒壊から住民の生命を守るため、昭和56年5月31日以前に着工された耐震性の低い住宅を対象に、簡易耐震診断を行っています。
▼締切日 1月29日㈮
※受け付けは先着順です。受付期間内でも、予算がなくなり次第受付を終了します。詳しくは、お問い合わせください。
▼問合せ 都市計画グループ ☎079(435)2366




加古川シクロクロス大会2021 出場者募集 2021.01.01.

加古川河川敷「みなもロード」で、1周数㌔の周回コースを何度も回って順位を競う自転車オフロードレース「シクロクロス大会」を開催します。
日 時 2月13日㊏~14日㊐
ところ 加古川大堰付近左岸側河川敷
費 用 500円~2,000円(予定)
申込み 12月19日㊏~1月31日㊐にホームページから
問合先 BICYCLE PROJECT
☎ 070(1323)1575(9時~18時)
Eメール:info@bicycle-project.com




播磨町のいいとこ写真展 2021.01.01.

皆さまからご応募いただきました「いいとこ写真」の写真展を行います。知らなかった場所、知っていても気づかなかった播磨町のいいところを再発見してみませんか。
▼場所・展示期間
役場ロビー 1月7日㈭まで
兵庫県立考古博物館 1月8日㈮~21日㈭
南部コミセン 1月22日㈮~2月4日㈭
▼問合せ 都市計画グループ ☎079(435)2366




加古郡1月のリサイクルプラザ情報 2021.01.01.

☎079(437)7671
毎週月・火曜日休館

体験教室参加者募集
①トンボ玉教室
ガラス棒をバーナーで溶かして、トンボ玉を作ります。
▼日時 1月9日㈯、10日㈰午前9時30分~正午、午後1時30分~4時
▼対象 小学4年生以上
▼定員 各回ひと家族4人まで
▼費用 500円(2個分)
※模様玉及び金具類は、別途実費をいただきます。
▼持ち物 綿の長袖シャツ(化繊不可)
②ステンドグラスのひな人形
ステンドグラスを使って、ひな人形のプレートを作ります。
▼日時 1月29日㈮、30日㈯、31日㈰ 午前9時30分~正午、午後1時30分~4時
▼対象 小学4年生以上(保護者1人同伴)
▼定員 各回2人
※30日は各回4人。
▼費用 1千円
▼持ち物 エプロン(または汚れてもいい服装で来てください)
※半田ゴテを使って細かい作業をします。
※作品は後日の引き渡しとなります。
③モザイクガラスのひな人形
モザイクガラス(シーグラス風ガラス)を使って、ひな人形を作ります。
▼日時 1月23日㈯、24日㈰午前9時30分~正午、午後1時30分~4時
▼対象 小学生以上(低学年は保護者1人同伴)
▼定員 各回4人
▼費用 300円
▼持ち物 タオル1枚
※紙粘土で汚れてもいい服装で来てください。
※作品は後日の引き渡しとなります。




播磨町で 子育てしよう 2021.01.01.

南部子育て支援センター
子育て講座 ベビーマッサージ
ホホバオイルを使ったベビーマッサージです。ママの温かい手のぬくもりと優しい声で赤ちゃんの心と体をリラックスさせてあげながら、お母さんもゆったりとした時間を過ごしませんか。
※新型コロナウイルス感染予防対策として、時間の短縮と、定員の削減をして実施します。
▼日時 1月21日㈭午前10時~10時50分
▼場所 南部子育て支援センター
▼講師 滝川美紀
▼定員 先着10組
▼対象 令和2年8月~ 11月に生まれた乳児とその保護者
▼費用 オイル代200円
▼持ち物 バスタオル、水分補給できる飲み物
▼申込み・問合せ 1月4日㈪午前9時から受け付けます。費用を添えて申し込んでください(電話での申し込みは不可)
※初めての人を優先させていただきます。
南部子育て支援センター ☎︎079(437)4188
※北部子育て支援センターでは2月に開催する予定です。
※駐車場が少ないので、徒歩か自転車でお越しください。
※新型コロナウイル感染症の拡大防止のため、中止または変更になる場合があります。




令和3年 成人式(播磨町) 2021.01.01.

ふるさと“はりま”を担う新成人のお祝いと励ましの集い「成人式」を新成人による実行委員会が中心となり開催します。
※今年度は、新型コロナウイルス感染拡大防止を考慮し、中学校区に分けて式典を行い
ます。
▼日時 1月10日㈰
・播磨中学校区 午後1時~(受付 0時30分)
・播磨南中学校区 午後3時~(受付 2時30分)
▼対象 平成12年4月2日~平成13年4月1日生
▼場所 中央公民館大ホール
▼問合せ 生涯学習グループ ☎079(435)0565




県立神戸高等技術専門学院 職業訓練受講生募集 2021.01.01.

令和3年4月生を募集します。
◆募集コース
①CAD/CAM加工・電気制御・印刷総合技術・インテリアリフォーム
②総合ビジネス・福祉調理
対 象 18歳以上の求職者(②は新規学卒者除く)
日 時 [見学会]1月7日㊍・18日㊊・2月10日㊌13時30分~15時30分、2月21日㊐10時~12時
費 用 入学金・授業料無料(教材費など別途必要)
申込み 1月21日㊍までに最寄りのハローワークへ
問合せ 同学院 ☎078(794)6630 📠078(794)6637




県立考古博物館 1月イベント情報 2021.01.01.

☎079(437)5589
1月の休館日 1日、4日、12日、18日、25日

企画展 ひょうごの遺跡2021ー調査研究速報ー
兵庫県が実施した発掘調査と発掘調査報告書に掲載した遺跡からよりすぐりの資料を展示します。
▼会期 1月16日㈯~3月14日㈰
▼観覧時間 午前9時30分~午後5時(入場は午後4時30分まで)
▼場所 特別展示室
▼観覧料 大人 200円、 大学生 150円(各種割引有り) 、高校生以下無料

考古博DEお正月
▼日時 1月2日㈯ 午後1時〜3時30分(受付は午後3時まで)
▼場所 メインホール他
※一部観覧券が必要です。
▼申込み 当日

学芸員によるミニ講座
常設展示の遺物について詳しく紹介します。
「装飾付須恵器にみる渡来文化」
▼日時 1月16日㈯ 午後3時30分~4時
「旧石器時代から弥生時代のサヌカイトの利用」
▼日時 1月30日㈯ 午後3時30分~4時
【共通事項】
▼場所 テーマ展示室
※観覧券が必要です。
▼申込み 当日

講演会「古代中国の金属器を見る―古代鏡展示館の新展示から―」
▼日時 2月13日㈯ 午後1時30分~3時
▼場所 講堂
▼講師 長濱誠司(加西分館事業課長)
▼定員 72人
▼申込期限 1月29日㈮

講演会「墳丘墓からみた弥生と古墳の間―内場山墳丘墓を中心に―」
▼日時 2月27日㈯午後1時30分~3時
▼場所 講堂
▼講師 中川渉((公財)兵庫県まちづくり技術センター次長)
▼定員 72人
▼申込期間 12月27日㈰~2月12日㈮

【申込方法】
講演会の申し込みについては、オンラインか往復はがきでの事前予約が必要です。
定員を超える場合は、抽選となります。
詳細については、当館HPをご覧ください。



ページトップへ