12月 | 2020 | 兵庫県議会議員|岡つよし公式ホームページ


フォントサイズ変更

新着記事

月間アーカイブ

ツイッター

2020年12月の投稿記事一覧



12月は税収確保重点月間です 2020.12.15.

県税は、防災対策、子育て支援、道路整備など、さまざまな施策を展開するための財源として役立っています。加古川県税事務所では税収を確保するため、市町と連携し、次の取り組みを強化します。
●預金、給与、自動車、不動産等財産の差し押さえ
●捜索や一斉集中催告
問合先
加古川県税事務所収税課 ☎079(421)9275 📠079(421)4732
同事務所自動車税課 ☎079(421)9023 📠079(421)4732




東播磨地域都市計画区域 マスタープラン等の変更に係る 都市計画案の縦覧について 2020.12.15.

都市計画区域の整備、開発および保全の方針(都市計画区域マスタープラン)、区域区分、都市再開発の方針、住宅市街地の開発整備の方針、防災街区整備方針の変更についての都市計画案を縦覧します。縦覧期間中に意見書を提出することができます。
と き 令和3年1月13日㊌~27㊌(土・日曜は除く)
ところ 県都市計画課、関係市町都市計画担当課
申・問 意見書は郵送、持参(1月27日㊌必着)で県都市計画課〒650-8567 神戸市中央区下山手通5-10-1へ ☎078(362)3578 📠078(362)4453




播磨町 子育て応援 すくすくタイム 2020.12.15.

▶問合せ こども窓口 ☎079(435)0366

初めての冬の過ごし方について
♪赤ちゃんの服装
・着せすぎは禁物!部屋の中では薄着で抵抗力をつけましょう
・赤ちゃんは、室内では、素足でいることが大切です
周りの気温などに体温が左右されやすいですが、「手足」で体温の調節を行っています。熱かなと判断に迷うときは、背中などに手を入れてチェック。 足は冷たくても、機嫌や顔色も良く、背中が暖かければ大丈夫です。
♪冬のお部屋の環境
部屋の暖めすぎに注意!赤ちゃんの抵抗力が弱まり、かえってかぜをひきやすくなってしまいます。
・快適な温度は、18~24 ℃。快適な湿度は、50~60%。乾燥から赤ちゃんの肌を守ることやインフルエンザなどの予防にもつながります
・朝起きたらまず窓を開けて空気を入れかえましょう。
部屋で過ごしているなら少なくとも2時間に1回は換気をします。ストーブやヒーターなど、部屋の中に排気するタイプの暖房器具を使っている場合は1時間に1回が目安です。暖かい空気は天井近くにたまっています。扇風機を上に向けて弱で回しましょう。暖気が循環し、部屋全体が効率よく暖まります
・ストーブ、ヒーターなどは、必ずベビーゲートをつけて、赤ちゃんから離すようにしましょう。火傷をしたり、ひっくり返したりする危険性が高く注意が必要です
♪冬のおでかけの工夫
・外出する場合は、ジャンプスーツなどの防寒着や帽子、寒い日に出かけるときは、赤ちゃんの足元にひざ掛けをお忘れなく
・赤ちゃんの外出は、ウイルスを避けるため人込みに連れていかないこと。買い物は暖かい早めの時間帯を選んで
・外から帰ったら手をきれいに。かぜの予防策としては、帰宅後の手洗いが欠かせません。でも赤ちゃんの場合はぬらしたタオルやガーゼでふいてあげるだけでもよいです
・家族がかぜを持ち込まないようにすること。まず赤ちゃん以外の家族がかぜをひかないように注意。外出から戻ったら必ずうがいと手洗いをしましょう
・インフルエンザの予防接種。病院によっては1歳過ぎてからをすすめられるようです。11月下旬から12月上旬の時期が効果的です




「みんなが主役 取り組もう!!ごみ減量とリサイクル」(稲美町) 2020.12.15.

ごみ処理広域化の試運転まで、あと1年!
令和4年4月から本格稼働する「東播臨海広域クリーンセンター(高砂市)」の可燃ごみ処理施設の試運転が令和3年11月から開始されます。これに合わせて稲美町のごみの受け入れも始まり、ごみの出し方が一部変わります。

●ごみ処理広域化に向けて、ごみの出し方が変わるもの
ごみの分別・収集についての詳細は、広報いなみ3月号と同時に配布する「令和3年度ごみカレンダー」などでお知らせします。
令和3年11月からプラスチック容器類は、可燃ごみになります〕
プラスチック容器類は、東播臨海広域クリーンセンターで安全に焼却できるとともに、発生する熱で発電もできるため、分別を行わず「可燃ごみ」として回収します。
令和3年11月から粗大ごみの収集に合わせて、ふとんの回収を始めます〕
現在、ふとんはごみステーションで回収できないため、清掃センターへ直接持ち込んでいただいていますが、「粗大ごみ」の日に新たなごみ分別「長尺ごみ」として回収します。また、粗大ごみとしているカーペット・マット類なども「粗大ごみ」の日に「長尺ごみ」として回収します。
令和3年11月から「使い切りライター」の分別収集を始めます〕
現在、中身を使い切った「使い捨てライター」は、可燃ごみとして回収していますが、ごみ収集車の車両火災事故の原因となるため「使い切りライター」として分別収集を開始します。現在、生活環境課前の使い捨てライター回収ボックスも引き続きご利用いただけます。




おおきくな~れ(播磨町子育て支援センター) 2020.12.14.

今、出来ることを楽しみましょう
少しずつ「新たな日常」にも慣れてきましたね。1歳、2歳の子どもたちが、支援センターの入り口に置いてある手指消毒液に、自ら手を差し伸べ、お母さんに消毒液を付けてもらうと、掌をゴシゴシこすり合わせて消毒する姿や、検温をするために、そっと頭を差し出す姿が見られます。毎日の繰り返しの中で、身についていく姿は、微笑ましく
もあり、今まで見られなかった日常が、当たり前のように、変化しているのを実感しています。
そんな変化の中、支援センターでは、皆さんの安全が確保できるまで、イベント・行事は行っていませんが、「今、できること」「伝えたいこと」を、日々の遊びの中から、感じ取っていただきたいという思いから、季節にちなんだ制作物を準備しています。
ママやパパ、お友達と一緒に作る楽しさや、出来上がったものを、おうちやセンターに飾ってもらうだけで、子どもたちは、大喜びです。
身近な所から、自分たちで、遊びを見つけ、子どもたちが、「楽しいと思う気持ち」をたくさん経験することが、心を育てる大切なことだと思います。
コロナ禍、出来なくなったことも多いですが、出来ることを見つける力や、生活の変化に対応していく力は、とてもたくましく感じます。
そして、何より子どもたちの笑顔から、生きる活力や、勇気をもらっているようです。心や体を元気にしてくれる笑顔を大切にし、今、出来ることを楽しみましょう。




救急医療情報キットを 備えましょう(播磨町) 2020.12.13.

播磨町では、自宅で具合が悪くなり救急車を呼んだときに、本人の医療情報を正確に伝えられるよう、希望者に緊急医療情報キットを無料で配布しています。
●救急医療情報キットとは?
かかりつけ医や持病などの医療情報や薬剤情報などを記入した用紙を専用の容器に入れ、自宅の「玄関」または「冷蔵庫」に保管しておくことで、万一の救急時に救急隊員などが、その情報を活用し迅速な救命活動などを行えるよう備えるものです。
▼救急医療情報キットの内容
保管容器(キット本体)、ステッカー2枚(玄関ドア用・保管場所用)、救急医療情報シート、その他ご本人に用意していただくもの(保険証のコピー、薬の説明書など)
※救急医療情報キットは1世帯に1セットの配布とします。2人以上の情報を保管する場合は、救急医療情報シートを人数分お渡しします。
▼申請方法
町ホームページから申請書をダウンロードし、福祉グループの窓口へ印鑑持参でお越しください
※代理申請の場合、委任状が必要です。
▼問合せ 福祉グループ ☎079(435)2361




消費者ホットライン188 2020.12.10.

▶相談・問合せ 消費者ホットライン ☎188

消費者ホットライン188とは?
消費者ホットライン188(局番なし)は、お近くの消費生活センターなどの消費生活相談窓口をご案内することにより、消費生活相談の最初の一歩をお手伝いするものです。
「塾や習い事で教室が閉鎖になっていた月の月謝を返金してほしい」「感染予防などを理由に結婚式場をキャンセルしたところ、キャンセル料を請求された」などの新型コロナウイルスに関連したトラブルや、「台風で雨漏りし修理してもらったがさらにひどくなった」などの災害に関するトラブルで困っていませんか?
そんなときは一人で悩まずに、全国どこからでも3桁の電話番号でつながる消費者ホットライン「188(いやや!)」にご相談ください。専門の相談員がトラブル解決を支援します。

一人で悩まず、まずは相談
大切なのは、すぐに相談することです
困ったときは、一人で抱え込まないで「消費者ホットライン「いやや」(局番なしの188)」までお電話を『泣き寝入りは超いやや(188)!』で覚えてね

播磨町消費生活センター
ご相談は、お電話ご来所どちらでもご相談いただけます。ご来所の場合は、住民グループ⑥番窓口にお声掛けください。専門の相談員が相談に応じます。
▶相談日時 祝日を除く毎週月~金曜日9:00~16:00
▶電話相談・面談、相談予約 ☎079(435)1999




自宅で確定申告(e-Tax)をしてみませんか(播磨町) 2020.12.09.

▼問合せ 税務グループ☎079(435)0358

新型コロナウイルス感染症は、3密(密閉・密集・密接)を避けることが重要です。
税務署の確定申告書作成会場であるニッケパークタウンや、町の確定申告書作成会場では、除菌などできる限りの新型コロナウイルス感染症対策を施しますが、感染リスクをゼロにすることはできません。
そこで、確定申告書作成会場にお越しになることなく、ご自宅でもできる確定申告の方法として、2種類のe-Taxをご紹介します。
2種類のe-Tax
① マイナンバーカード方式によるe-Tax
② ID・パスワード方式によるe-Tax

e-Tax(電子申告)とは?
e-Taxとは、インターネットなどを利用して国税に関する各種手続きを電子的に行うことのできるシステムです。
e-Taxで確定申告を行う場合、次のようなメリットがあります。
メリット1
自宅で確定申告を完了することができる
自宅にいながら画面の指示に従い、必要事項を入力することで申告が完了するため、混雑する申告会場に行く必要がありません。
また、e-Taxは通常の確定申告の期間(2月中旬〜3月中旬)よりも早い令和3年1月か
ら利用可能であり、確定申告期間中は24時間使用することができます。
メリット2
添付書類の提出が省略できる
本人確認書類の提示または写しの添付が必要ないほか、生命保険料控除の証明書などは、添付を省略することが可能です。ただし、法定申告期限から5年間は、税務署から書類の提出または提示を求められることがあるのでご注意ください。
メリット3
青色申告者は控除額が10万円アップする
令和2(2020)年分の確定申告以降、事業者・不動産所得者の65万円の青色申告特
別控除額は55万円に減額されます。基礎控除額が38万円から48万円に変わるため控除される総額は変わりませんが、e-Taxで申告する場合は引き続き65万円の青色申告特別控除額が適用されるため、控除額が10万円アップします。
メリット4
迅速に還付される
e-Taxで提出された還付申告は、3週間程度で処理されており、書面提出と比べて早くな
っています。

▼問合せ e-Taxについては、
「e-Tax・作成コーナーヘルプデスク」または「マイナンバー総合フリーダイヤル」までお問い合わせくださいますようお願いします。
●e-Tax・作成コーナーヘルプデスク ☎0570(01)5901
●マイナンバー総合フリーダイヤル ☎0120(95)0178




東ハリマくらし学校 「なつかしの名画鑑賞会」 2020.12.08.

シネマボランティアによる「2人でお茶を」の上映。要マスク着用。感染防止のため上映後のお茶会は休止します。
と き 12月19日㊏①10時~②14時~
ところ 東播磨生活創造センター「かこむ」1階講座研修室
料 金 500円
申・問 東播磨生活創造センター「かこむ」☎079(421)1136 📠079(421)1148




ふれあい交流館12月のイベント情報 2020.12.08.

ふれあい交流館
☎ 079-492-7700 📠 079-492-7878
休館日:12月7日(月)・21日(月)
12月28日(月)から令和3年1月4日(月)まで休館です。

《お知らせ》
今年度の稲美町あたご大学は、休校とさせていただきます。

門松づくり参加者募集
松・竹・梅・葉ぼたんなどを寄せ植えして門松をつくります。
と  き 12月19日(土)13:30~14:30
と  こ  ろ いなみ文化の森 正面玄関前駐輪場
定  員 30人(先着順)
参  加  費 3,000円(材料費込、当日支払い)
申込方法 ふれあい交流館へ電話連絡ください。☎492-7700

第42回新春かきぞめ大会
と  き 令和3年1月9日(土)9:30~15:00
と  こ  ろ ふれあい交流館 2階ホール
対  象 小学3年生から中学3年生まで
申込方法 各小・中学校へ12月15日(火)までに、申込用紙を提出してください。

稲美町成人式
と  き 令和3年1月10日(日)13:30~(受付は13:00~)
と  こ  ろ 稲美町立文化会館 コスモホール
対  象 平成12年4月2日~平成13年4月1日生まれの人




コスモホール12月のイベント情報 2020.12.08.

文化会館(コスモホール)
☎ 079-492-7700 📠 079-492-7878
休館日 12月7日(月)・21日(月)
12月28日(月)から令和3年1月4日(月)まで休館です。

緊急決定!コロナに負けるな ソーシャルディスタンスコンサート
「秋川雅史 コンサート」~聴いてよく分かるクラッシック 2~ 好評発売中

と き 12月19日(土)
開 演 14:30(開場14:00)
※なお、このコンサートは新型コロナウイルス感染症拡大防止対策のため、客席は間隔を空け、開催します(約200人程度)。

いなみ野音楽祭
子どもから高齢者まで様々な人たちが、コーラスや吹奏楽を発表するコンサートです。
と き 令和3年1月31日(日)
開 演 13:00(開場12:30)
ところ 稲美町立文化会館 コスモホール
※入場制限あり

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため下記公演は、中止とさせていただきます。

COSMO 夢コンサート
令和2年度の夢コンサート
ロシア国立モスクワアカデミー合唱団
と き 12月11日(金)
バレンタインピアノコンサート
と き 令和3年2月14日(日)
第22回COSMO夢コン音のフェスティバル
と き  令和3年3月7日(日)

下記の公演については、来年度以降に延期します(日程は未定)。

~ MASAX JAZZ Live Concert~ 100人限定ライブ
イルカ&太田裕美 ラブリー♥コンサート




JOBフェアin 播磨 2020(加古川公共職業安定所) 2020.12.07.

概ね45歳未満の求職者など(令和3年3月新規大学など卒業予定者含む)を対象とした東播磨地域合同就職面接会です。
▼日時 12月22日㈫ 午後1時30分~4時(受付 午後1時~)
▼場所 加古川プラザホテル2階「鹿児の間」加古川市加古川町溝之口800
☎079(421)8877
※JR加古川駅から徒歩5分。
▼対象者 概ね45歳未満の求職者(令和3年3月卒業予定の大学院・大学・短大・高専・専修学校などの学生、概ね3年以内の既卒者を含む)
▼参加企業 加古川、明石、西脇公共職業安定所管内の事業所30社予定
▼同時開催 オンライン合同企業説明会(主催:加古川商工会議所)
※参加企業8社予定
▼その他 マスク着用など新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策をお願いします
※フェア当日、受付時に非接触型の体温計で体温測定を行い、37・5度以上の方はフェアに参加できません
※新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況によっては、開催を中止する場合があります
▼主催 加古川、明石、西脇公共職業安定所、兵庫労働局
▼共催 加古川公共職業安定所管内雇用対策協議会、明石地域雇用開発協会、北播磨雇用開発協会、加古川市、高砂市
▼後援 ひょうご・しごと情報広場(一般財団法人兵庫県雇用開発協会)、ポリテクセンター加古川(独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構兵庫支部)
▼問合せ 加古川公共職業安定所 学卒部門 ☎079(421)8638




これからの地域づくりをすすめるために、  自分たちでつくる地域づくりのススメ(播磨町) 2020.12.05.

▼問合せ 企画グループ☎079(435)0356

播磨町まちづくりアドバイザーに聞く

まちづくりアドバイザーって何をする人ですか?
4月から播磨町まちづくりアドバイザーになった佐伯亮太です。これまでに兵庫県を中心に各地の地域づくりに関わってきました。
例えば、空き家が急増している山間の集落では、自治会で空き家を見守る仕組みをつくりました。また、別の集落では地域で育てた山桃を使ってジャムを作って販売する仕組みづくりのサポートをおこないました。
他にも団地再生や商店街の活性化、朝市の企画など「まち」に関わる様々なことをやってきました。
播磨町のまちづくりアドバイザーとしては、播磨町のまちづくりに関する全てのことに関わっています。
例えば公共施設の利活用や、市民活動団体の活動サポート、庁内で開催されるワークショップの進行役などです。最近では、認知症サポーターの研修会をおこなったり、播磨南高等学校との連携に関わったりするなど、一見するとまちづくりとは関係無さそうなことでも、播磨町のまちに関わることならなんでもやっています。
まちづくりは楽しいだけじゃなくて、安心できることが大切です。特に少子高齢化がより進むこれからのまちづくりには福祉との連携が重要だと思っています。

アドバイザーから見た播磨町ってどんなまち?
私が播磨町に転入してきて、約6年が経ちました。
恥ずかしながら引っ越してくるまでは播磨町がどんなまちなのか知りませんでした。実際に暮らしてみると小さいながらも魅力的な場所がたくさんあり、まちがコンパクトだからこそ、暮らしやすいことがわかってきました。
しかし、新住民と旧住民のコミュニケーション不足が目立つなと思っています。
これは播磨町に限った話ではありません。播磨町のような都市部に近く、戸建て住宅が多いまちはどんな地域でも話題にあがります。
例えば自治会の運営を見ると、新住民がなかなか関わってくれないといわれる一方で、新住民からは関わり方がわからないとか、関わりたくないといったような声を耳にします。
これからの播磨町を考えると、新住民、旧住民関係なく自分たちで地域を運営する必要があります。行政や各種団体との協働を進めつつ、自分たちの地域は自分たちでつくる時代になっていくでしょう。

自治会アンケートを実施したようですね 
令和2(2020)年6月に播磨町自治会連合会が中心となって、播磨町にある46自治会の会長に向けた自治会の活動実態を把握するアンケート調査を実施しました。なんと回収率は100%でした。通常このような調査は60%程度回収できれば良い方です。
今回、全ての自治会から回答をいただいたことに地域の力を感じました。今回アンケートの回収を4つのコミセンにお願いしたのがポイントでした。コミセン館長の皆さんが、未回答の自治会に直接声掛けをしてくださったようです。実は、播磨町のコミセンってすごいんですよ。

コミセンって、どんなところがすごいんですか?
〜地域の拠点としてのコミュニティセンター〜
播磨町には4つのコミセン(西部、野添、東部、南部)があり、さまざまな地域活動の拠点となっています。自治会長の皆さんは、コミセン館長と話すことが多いと思います。それぞれのコミセンは、4つのコミセンごとにある自治会長を中心に構成されるコミュニティ委員会が指定管理者として管理運営しています。
実は地域の拠点を地域団体で管理運営できている自治体って少ないんですよ。
それを実現している播磨町は実は最先端のまちづくりが進んでいるとも言えます。
4つのコミュニティ委員会を見てみると、独自の行事を開催したり、定期的に自治会長が集まる会議を開催したり、地域を取りまとめる団体として機能しています。
聞いたところによると、自治会長や団体の代表でなくても、意思があれば参加できるコミュニティ委員会もあるようです。しかし、活力のあったコミュニティ委員会も、ここ最近は自治会長になったら充て職としてコミュニティ委員会の役があたると認識してらっしゃる方も増えているようです。これからの地域づくりを進めるうえで、この充て職がネックになってくるといわれています。
自治会長になったら、わけも分からぬままいろんな役割が充てられ(充て職)、毎週末なにかしらの会議に出ないといけなくなったと聞くこともあります。そんな皆さんが口を揃えて言われるのは、「よくわからない」ということです。これが、自治会長になるとたいへん!と言われる一つの理由だと思います。

そんな声聞いたことありますね。だから自治会長や地域の役をやりたくない人が増えますよね。なにか対応策はありますか?
アンケートの回答にも複数あったのですが、「他の自治会の情報を知りたい」、「自治会の運営手引がほしい」、「他の自治会との交流」といったように自治会運営を円滑にするための情報が求められていることがわかりました。
個別に伺うと、自治会長の引き継ぎにも大きな違いがあることがわかりました。ある自治会では、1年間でやることをきっちりまとめた資料が前任者から渡されるようでした。しかしある自治会では前任からの引き継ぎはなく、役場に聞いたり、ゼロから調べたりしてなんとか運営していると聞きました。また、自治会長の任期や再任も様々で、お一人で長く務められる方もいれば、輪番制で1年ごとに交代する自治会もあります。
どちらも共通していえるのは、運営ノウハウが蓄積されにくいということです。
例えば前者は会長個人にノウハウが蓄積されすぎて、なかなか後任に引き継ぎにくくなります。後者は前任者がやっていたことを焼き直しながらやるだけになるので、改善しにくいです。
このように自治会運営がかなり属人的になっているということがわかってきました。
うまく運営するには、どうしたらいいのでしょうか?
そこで、播磨町自治会連合会では、播磨町版自治会運営手引をつくることになりました。
例えば、年間予定、コミュニティ委員会などの他団体との関係、行政の窓口など、はじめて自治会長になった人でもおおよそやることがわかるような手引が作れないか検討を始めています。
ちなみにですが、現在の自治会長に声掛けさせていただいて、有志で手引作成プロジェクトチームを作って検討しています。できるだけわかりやすく、使いやすい手引になるように検討しています。年度末には完成する予定にしています。

運営手引き、いいですね。
これから自治会はどんなふうになっていくといいと思いますか?
先にも書いたとおり、播磨町にはコミュニティ委員会や自治会連合会など地域に関わる様々な団体があります。他にもNPO法人や環境や福祉といった特定のテーマで活動する団体もたくさんあります。これからの地域づくりには、これら様々の団体との協働が必須です。専門的には「補完性の原則」が大切だと言われています。これは自分たち
でできることは自分たちでやるが、より大きい組織や広いエリアでやったほうがいいことは大きな単位で進めるという考え方です。例えば防災訓練は自治会でやるだけではなく、コミュニティ委員会でやるとこれまでと異なる訓練ができるかも知れません。
このように自治会だけではなく、他の団体や行政と適切に協働関係を築くことで特定の場所に負担が偏らないようにすることがよりよい地域運営のために大切なことだと思います。

あとがき
様々な団体が協働しながら、地域づくりがすすみ、住みやすさにつながるといいですね。
﹇聞き手 広報担当(宮)﹈




自治会アンケートから、見えてきたこと(播磨町) 2020.12.05.

播磨町には46の自治会があります。それぞれの自治会を構成する世帯数は30世帯程度の規模から700世帯を超える規模まであり、活動のありかたも抱えている課題も大きく異なっています。
その実態を把握するために播磨町自治会連合会は、6〜7月に46自治会を対象にアンケート調査を実施しました。(回収率100%)
8月に取りまとめられたアンケート結果の全体は、左記リンクからご覧いただけますが、その一部を抜粋して紹介します。

自治会で行っている活動で
6割以上の自治会で行っている活動
・回覧板での情報共有
・防火防災活動
・防犯活動
・美化事業
・お祭り
・リサイクル活動
今後実施したい活動
・スマホなどでの情報共有
・子育て支援活動
・福祉活動

自治会に加入しない世帯が多くなると、どんなことで困るのでしょうか
どんな人が住んでいるかわからないこと、不公平感、ゴミ捨てに関係したトラブルを挙げる回答が目立っています。

自治会活動を行っていくうえでの課題を複数回答で求めたところ
上位回答3つが、「高齢化」「役員の負担」「役員のなりて」と回答していました。続いて、「参加者の固定化」「行政からの依頼が多い」「参加者が少ない」「マンネリ化」「個人情報の取り扱い」「引継ぎが不十分」「未加入世帯が増える」「意見調整が難しい」「予算不足」とあります。

課題を解決するために実施していること
・ささえあい連絡会では、毎年役員が変わりますが、引き継ぎにより、自分の班の支援の必要な人を大勢で共有しています
・ごみ置き場の不法投棄に対し、防犯カメラを設置
・高齢者の独居世帯が多いので、緊急連絡先を含めた住民名簿を任意で作成している
・班編成の見直し
・要支援者体制の確立
・行事の見直し
・役員選出方法や役割の見直し
・路上駐車対策として、空き駐車場の貸し出し
・資源ごみ積み込み業者委託
・草刈りなど業者委託
・防災訓練実施

町からどのような支援が必要か
・役員の負担軽減
・活動情報の提供
・自治会運営の助言が欲しい
・運営マニュアル

アンケート結果からの動き
①他地域の活動情報については、自治会連合会で提供していくよう検討します。
②助言とマニュアルについては、自治会運営の手引きを自治会連合会内のプロジェクトチームで作成予定です。




配食サービスをご利用ください(稲美町) 2020.12.05.

高齢者などの食生活の自立を支えるために、虚弱などにより調理が困難な高齢者宅に栄養バランスのとれた食事(昼食)を届けるとともに、訪問時に安否確認も行います。
対  象 町民税非課税世帯に属する人で、下記のいずれかにあてはまる人
①65歳以上の人のみの世帯
②身障手帳1、2級または療育手帳A判定を受けている人のみの世帯
③身障手帳1、2級または療育手帳A判定を受けている人と65歳以上の人のみの世帯
利用者負担額
町が1食あたり300円を補助しますので、下記の料金が利用者負担額となります。
・普通食290円 ・減塩食330円 ・糖尿食405円
配達日 月曜日~土曜日(日曜日、年末・年始は休み)
問合先 健康福祉課 高齢福祉係 ☎492-9137




新型コロナウイルス感染症拡大防止のために(稲美町) 2020.12.03.

改めて、うつらない・うつさない生活様式を徹底しましょう
兵庫県内で新規感染者が増加傾向にあります。
皆さん自身や皆さんの大切な人のいのちと健康を守るために、3密(密閉・密集・密接)を避けるなどの感染防止策を徹底し、社会経済活動と両立できるように、皆さんのより一層のご協力をお願いいたします。

手洗い・マスクなど、うつらない・うつさない生活様式で予防しましょう

発熱などがあれば、かかりつけ医などにまずは電話で相談しましょう

【感染リスクが高まる5つの場面】
1.飲食を伴う懇親会など
2.大人数や長時間におよぶ飲食
3.マスク無しでの会話
4.狭い空間での共同生活
5.休憩室、喫煙所、更衣室などへの居場所の入れ替わり

【兵庫県の対応例】
・かかりつけ医などからの紹介でPCR検査が実施できる機関を開設しています。
・兵庫県では、軽症、無症状であっても必ずいったん入院いただき、原則、自宅療養をお願いすることはありません。安全に療養いただき、家庭内感染を防止します。

問合先 健康福祉課 健康推進係 ☎492-9138




年末年始にかけて清掃センターを利用される人へ(稲美町) 2020.12.02.

清掃センターへのごみの持ち込みは事前予約が必要です!
現在、清掃センターへのごみの持ち込みは、新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策のため、事前予約が必要です。例年、年末年始にかけて、たくさんの人が清掃センターへ直接ごみを持ち込まれますが、予約がないと持ち込みができませんのでご注意ください。
また、予約の枠には限りがありますので、なるべく各自治会のごみステーションを利用してください。皆さんのご理解とご協力をよろしくお願いします。
〔予約・持ち込みについての注意事項〕
●事前に持ち込む日時をあらかじめ清掃センターへ電話で予約してください。
事前に予約がない場合は受け入れができません。
※事前の電話予約は2週間先までの予約が可能です。
●搬入時間短縮のため、持ち込む前にごみの分別を徹底してください。
分別ができていない場合は受け入れができません。
●発熱がある人は来場をお断りします。
●来場時には必ずマスクを着用し、窓口で手指の消毒をしてください。また、多人数での来場を避け、少量の場合はなるべく1人でご来場ください。
【予約・問合先】 稲美町清掃センター ☎495-0035
受付時間 9:00 ~ 14:30(12:00 ~ 13:00を除く)
※年末年始(12月31日11:30 以降・令和3年1月1日・2日・3日)は休みです。




子育て支援センターからのお知らせ(稲美町) 2020.12.02.

●1歳遊びの会
わらべ歌で親子のふれあい体験をした後、1歳児が楽しめる絵本の読み聞かせをします。
【と き】 令和3年1月14日(木)10:00~11:00
【ところ】 いきがい創造センター 子育てルーム
【対 象】 1歳児とその保護者
【定 員】8組
【講 師】 貝藤 美智子氏(姫路おはなしの会)
【申 込】 12月10日(木)8:30~(定員になり次第締切ります)
【申込・問合先】 子育て支援センター ☎492-9090




こころ豊かな美しい東播磨を めざす実践推進大会 2020.12.01.

県知事表彰等の表彰式と、東播磨県民局の伊藤裕文局長による講演「ポストコロナにおける元気でワクワクする地域づくり」を開催します。
と き 12月5日㊏13時30分~15時30分
ところ 東播磨生活創造センター「かこむ」多目的パフォーマンススペース たぱす
料 金 無料(当日要受け付け)
問合先 東播磨県民局県民課 ☎079(421)9102 📠079(424)9977




県立考古博物館 12月イベント情報 2020.12.01.

☎079(437)5589
12月の休館日 7日、14日、21日、24~31日

兵庫考古学研究最前線2020
講演会「高句麗の積石塚(中国・集安地域)」
▼日時 12月19日㈯午後1時30分~3時
▼場所 講堂
▼講師 和田晴吾(当館館長)
▼定員 72人
▼申込期限 12月4日㈮

兵庫考古学研究最前線2020
講演会「高句麗の壁画古墳(北朝鮮地域)」
▼日時 1月16日㈯午後1時30分~3時
▼場所 講堂
▼講師 和田晴吾(当館館長)
▼定員 72人
▼申込期限 1月1日㈷

兵庫考古学研究最前線2020
講演会「黒曜石とサヌカイト―先史時代人の戦略と技術―」
▼日時 1月30日㈯午後1時30分~3時
▼場所 講堂
▼講師 藤田淳(兵庫陶芸美術館所長補佐)
▼定員 72人
▼申込期間 11月30日㈪~1月15日㈮

【申込方法】
考古博物館ホームページの予約フォームまたは、往復はがきに必要事項(①開催日・講演会名②住所③氏名④当日連絡がつく電話番号)を記入してお申し込みください。往復はがきは講演会ごとに1人1枚、受付期間終了日必着で送付願います。応募者多数の場合は抽選とします。
〒675-0142 播磨町大中1丁目1番1号 兵庫県立考古博物館 学芸課




加古郡12月のリサイクルプラザ情報 2020.12.01.

☎079(437)7671
毎週月・火曜日休館

「第7回加古ちゃんの3Rフェスタ」は新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、開催を延期します
次回開催は、来年12月を予定しています。

加古ちゃんの有機肥料ご愛顧感謝半額販売
日頃のご愛顧に感謝して、加古ちゃんの有機肥料を通常、10㌔入袋200円のところを
100円で販売します。
▼販売数 1世帯に10袋まで(合計500袋)
※応募多数の場合は、抽選を行います。
▼引渡期間 抽選結果の発表時にお知らせします(1月中旬を予定)
※引き渡しは5㌔入袋で行う場合があります。
▼応募方法 往復はがき、またはメールで、必要事項(住所、氏名、電話番号、希望数)を明記のうえ、お送りください
〒675-0155 播磨町新島60
加古郡リサイクルプラザ
Eメール plaza@kakoeisei.or.jp
▼申込期限 12月16日㈬必着

体験教室
①ステンドグラス教室
ステンドグラスでクリスマス用のオーナメントやランプシェードを作ります。
▼日時 12月5日㈯、6日㈰、
オーナメント作り、12月12日㈯、13日㈰、
ランプシェード作り、午前9時30分~正午、午後1時30分~4時
▼対象 小学4年生以上(大人同伴。同伴者は1人のみ)
※半田ゴテを使って加工します。
▼定員 各回4人
▼費用 千円
▼持ち物 エプロン(または汚れてもいい服装で来てください)
※作品は後日の引き渡しとなります。
②ガラスの判子作り(サンドブラスト)
来年の干支(丑)のデザインで判子を作って、年賀状に使いませんか。
▼日時 12月19日㈯、20日㈰午前9時30分~正午、午後1時30分~4時
▼対象 小学生以上(低学年は保護者同伴。同伴者は1人のみ)
▼定員 各回4人
▼費用 300円
※カッターナイフを使って、1ガラスに加工します。




播磨町 郷土資料館 12月イベント情報 2020.12.01.

☎079(435)5000
12月の休館日 7日、14日、21日、28日~1月4日

動くおもちゃをつくろう
今回の動くおもちゃは、クリスマスやお正月が楽しくなる「ビックリ箱」を作ります。
指導は、ひょうごあそびの伝承師の皆さんです。
▼日時 12月6日㈰午後1時30分~3時
▼場所 資料館 学習室
▼対象 小学生
▼定員 先着8人
▼申込み 事前申込みが必要

ガラスとひもでキラキラペンダントをつくろう
漁師さんが網の修理に使う網針を使ってビー玉をひもで装飾します。
▼日時 12月19日㈯午後1時~4時
▼場所 資料館 学習室
▼対象 小学5年生以上
▼定員 先着8人
▼費用 500円(網針代を含む)
▼申込み 事前申込みが必要




播磨町 新年交礼会 2020.12.01.

播磨町・播磨町議会・播磨町商工会では、新年の交礼会を開催します。地域の皆さんの自由な参加による交礼会です。
▼日時 1月5日㈫ 正午~午後1時
▼場所 中央公民館 大ホール
▼会費 2千円
▼申込み・問合せ 参加希望の方は、12月11日㈮までに、商工会窓口でお申し込みください
播磨町商工会 ☎079(435)1630




歴史講座「東播磨の伝説(2)」受講者募集! 2020.12.01.

と  き 令和3年1月16日(土) 13:30~15:30
と  こ  ろ ふれあい交流館 2階ホール
講  師 船越 哲也 氏
定  員 20人
受  講  料 100円 ※講座当日にお持ちください。
申込期間 12月2日(水)~12月28日(月)必着
※定員に達し次第、募集を終了します。
申込方法 図書館窓口またはFAXでお申し込みください。
問  合  先 稲美町立図書館 ☎492-7800 FAX496-5074




いなみ冬景色2020 光のウィンターナイト 2020.12.01.

いなみ冬景色2020の開催について
今年で7回目となる「いなみ冬景色2020」を今年も開催します。
イルミネーションの幻想的な空間をお楽しみください。
※イルミネーション点灯初日のイベント・模擬店の出店などはありません。
点灯時間
12月5日(土) 18:00~21:00
12月6日(日)~12月26日(土)17:00~21:00
会 場 いなみ文化の森(コスモホール正面玄関前)
主 催 稲美町商工会青年部 稲美町商工会

イルミネーションの点灯について
新型コロナウイルスの影響を考慮し、以下のケースに該当する場合はイルミネーションの点灯を中止します。
・兵庫県に緊急事態宣言が発令されたとき
・稲美町内の学校において、新型コロナウイルス感染症が発生したことを理由に休校となるとき
・稲美町内において、感染者数が1週間で5人以上増加した場合
・上記以外で開催が妥当でないと主催者が判断したとき
イルミネーションご観覧の際は、ソーシャルディスタンスを確保するなど、新型コロナウイルス感染症の拡大防止にご協力ください。

問合先 稲美町商工会 ☎492-0200 FAX492-0557




定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業所(稲美町) 2020.12.01.

12月1日開設予定
12月に、稲美町で初めての定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業所が稲美町国岡に開設します。
定期巡回・随時対応型訪問介護看護は、介護保険制度に位置付けられた地域密着型サービスのひとつで、重度者を始めとした在宅の要介護者を24時間体制で支援するサービスです。日中・夜間を通じて訪問介護と訪問看護それぞれが密接に連携しながら、定期の巡回訪問と随時の対応または訪問を行います。
事業所名 スマイルサポートセンター国岡定期巡回・随時対応型訪問介護看護
問  合  先 健康福祉課 介護保険係 ☎492-9139




12月4日~10日は人権週間です。(播磨町) 2020.12.01.

▶問合せ 生涯学習グループ☎079(435)0565

人権週間って?
「人権」って難しい言葉ですが、どんな意味でしょう?
一人一人が生まれた時からもっている
「自分らしく生きる」権利のこと。
権利ってまた少し難しけれど、つまりは、みんな
生まれたときから「自分らしく生きて良いですよ」
とされているのです。
みんながみんな違うように、
全部が同じ人なんて誰もいません。
一人一人の違いを認め、
自分や友だちの良いところを見つけて、
それぞれが大切な存在であることを知る。
そんな大切な一週間です。




新しい公共交通「あいのりいなみ」いよいよ、 12月1日から 運行開始です! ぜひご利用ください。 2020.12.01.

利用するには、事前の利用者登録が必要です。
「あいのりいなみ」をご利用いただくには、事前登録が必要です。運行開始後も引き続き「あいのりいなみ」の事前登録を受け付けています。「利用者登録申請書」に必要
事項をご記入のうえ、企画課まで郵送またはFAX で送付いただくか、窓口までご持参ください。
【問合・申請書提出先】
〒675-1115  加古郡稲美町国岡1-1
稲美町役場企画課 「あいのりいなみ」申請受付係
TEL 492-9130 FAX 492-5162
町ホームページの「あいのりいなみ」の運行内容の確認や、事前登録の申請書をご利用ください。

「あいのりいなみ」の特徴
お 得:町内一律 400円(65歳以上の人などは200円)
便 利:自宅から町内の目的地まで送迎
簡 単:電話1本で予約
予約専用電話番号:078-964-5200
予約は、利用したい日の1週間前から前日(月曜日から金曜日)までの間に、予約専用電話番号から乗車日時の予約をしてください。
(台数に限りがありますので、多数の予約があった場合は、希望の便がご利用いただけない場合があります。)



ページトップへ