7月 | 2019 | 兵庫県議会議員|岡つよし公式ホームページ


フォントサイズ変更

新着記事

月間アーカイブ

ツイッター

2019年7月の投稿記事一覧



こころ豊かな人づくり500人委員 第16期生の募集について 2019.07.16.

青少年の健やかな成長や夢の実現を応援する担い手を養成するセミナー(2年)の参加者を募集します。
対象者 県内在住・在勤・在学のおおむね20歳以上の人
料 金 無料
申込・問合 7月31日㊌までに所定の申込書を郵送、ファクスで
東播磨青少年本部事務局
〒675-8566 加古川市加古川町寺家町天神木97-1
東播磨県民局県民課内へ ☎079(421)9105  📠079(424)9977




あんぜん・あんしん 暮らしのメモ帳(播磨町) 2019.07.15.

マルチの契約のはずが、実際は仮想通貨購入契約だったトラブル
【内容】 知人から海外不動産投資会社に投資をしないかと誘われた。配当金と、自分が会社の会員になり新たな入会者を獲得すれば、マージン(売り上げの差益)が仮想通貨で入るというもの。しかし会社を調べたら所在が不明で連絡先もわからない。契約書面もなく不審なのでやめたい。消費生活センターに相談したら、投資契約は誰でも買える仮想通貨の購入契約で、仮想通貨を購入した業者は海外不動産投資会社と全く関係がないことが解った。
【ひとこと助言】
・マルチ商法は特定商取引法で規制されている連鎖販売取引にあたります。連鎖販売取引は、商品などの購入をして自分がその会社の会員になり、誰かに商品などを売るとマージンが貰える、また勧誘した新規会員が商品を売ると自分にもマージンが入るという契約で、入会者を増やしていく取り引きです。
・今回の場合口頭で聞いた契約内容はマルチ商法の契約だったが、実際は仮想通貨を購入しただけで、説明された契約内容と実際の契約が違うので業者に返金を求めていくことになります。
・マルチ商法の業者は契約書面などの交付が義務付けられていますので、書面の交付がない業者と契約はしないようにしましょう。不審なことがあれば契約する前に、消費生活センターにご相談ください。
ご相談は…お電話ご来所どちらでもご相談ください。
ご来所の場合は、住民グループ⑥番窓口にお声掛けください。
▼相談日時 祝日を除く毎週月〜金曜日 午前9時〜午後4時
※専門の相談員が相談に応じます。
▼電話相談・面談、相談予約
播磨町消費生活センター ☎079(435)1999




もの忘れ健診を受けましょう(稲美町) 2019.07.15.

健康ポイント対象
認知症は早期発見・早期治療・早期支援が大切
認知症の発症は加齢とともに増加し、85~90歳の約半数は認知症と推定されます。人生100年時代となった今、認知症は他人事ではありません。
認知症は脳の障害による病気ですが、アルツハイマー型認知症は薬で進行を遅らせることができると言われており、慢性硬膜下血腫ように治療可能なものもあります。また、症状が軽いうちに、ご本人やご家族が認知症のことを知り、今後の備えをすることが可能です。
また、認知症の予備軍である軽度認知障害(正常と認知症の中間の状態)の人は、早い段階で気づき、生活の取り組みようで認知症の発症予防、進行の抑制が可能と言われています。
もの忘れ健診は、下記の巡回セット健診実施会場で無料、予約なしで受けられます。短時間(5分程度)の問診です。
役場の窓口においても、もの忘れ健診を受けることができます。まずはお電話でお問い合わせください。
日 程 8/27(火)、9/12(木)、9/25(水)、11/26(火)、12/19(木)
問合先 健康福祉課 地域包括係(地域包括支援センター)☎ 492-9150




8月1日から 国民健康保険高齢受給者証 が新しくなります 2019.07.13.

70歳から74歳の国民健康保険被保険者に交付している高齢受給者証(白色)が、8月1日から新しい受給者証に更新されるため、現在お持ちの受給者証は使えなくなります。
新しい受給者証は7月下旬に郵送します。
また、1カ月(同じ月内)に自己負担限度額を超える医療費を支払った場合には、高額療養費が支給されます。対象者には保険年金グループから案内をしていますので、申請してください。
▶問合せ 保険年金グループ
☎079(435)2581




空き家バンクを利用しませんか?(稲美町) 2019.07.13.

町内に空き家をお持ちの人へ
まずは、電話等でお気軽にご相談ください。
「空き家バンク」制度は、町内に空き家を所有している人からの申請により、空き家情報を町のホームページに掲載することで、空き家を購入・賃借を希望する人へ情報提供し、空き家の有効活用を推進する事業です。「空き家を誰かに売りたい・貸したい」と考えている空き家所有者の皆さん、空き家バンクを利用してみませんか?
※空き家バンクに登録すると、物件の間取りや外観写真がホームページで紹介されます。
※稲美町は空き家等の情報を紹介していますが、物件の交渉、契約に関しての仲介行為は行いません。また、契約後のトラブル等も当事者間で解決してください。
お問い合わせ 稲美町都市計画課 ☎ 492-9143




令和元年度 播磨町自殺予防講演会 2019.07.12.

全国各地で自殺対策事業にご尽力されているNPO法人ライフリンクさんから講師をお招きし、自殺予防講演会を開催します。基調講演のあとには、トークセッションを行い、それぞれのおかれる立場で何ができるかを考えます。
▼日時 8月1日㈭午後1時30分~4時
▼場所 中央公民館 大ホール
▼基調講演 若者の自殺をどう防ぐか~若者の自殺の現実と対策の課題~
▼トークセッション 自分自身にできることは?
▼講師 清水康之(「NPO法人自殺対策支援センターライフリンク」代表)
▼問合せ 福祉グループ ☎079(435)2361




空き家を改修し、活用しませんか?(稲美町) 2019.07.12.

空き家活用支援事業補助金
空き家を住宅または事業所として活用する場合に、改修工事費の半分を補助します。
対象となる人:次のすべての要件に該当する人
1.空き家を改修し、改修後10年以上住宅・事業所として居住・活用する人
2.町税の滞納がない人
対象の空き家:次のすべてに該当する建物
1.空き家期間が6カ月以上または空き家バンクに登録されている建物
2.築20年以上経過した建物
3.昭和56年5月以前着工の建物の場合、改修後に耐震基準を満たしていることを証明できる建物
4.台所、浴室、便所等の水回りの設備の全部またはいずれかが10年以上更新さえていない建物
5.関係法令に違反していない建物
補助金の額:対象経費の1/2(上限150万円)
対 象 経 費:空き家の機能回復・設備改善(雨漏り補修・トイレの水洗化など)のための改修工事にかかった費用(※一部対象外工事あり)
申請について:稲美町空き家活用支援事業補助金交付申請書に必要な書類を添えて、工事契約以前に都市計画課へ申請してください。
※添付書類など詳しくは、稲美町ホームページをご覧いただくか都市計画課までお問い合わせください。
問合せ先:稲美町都市計画課 ☎ 492-9143




地域でつながる子育て支援アプリ『いなみっこナビ』始まりました! 2019.07.12.

妊娠から出産、子育て期までをサポート
通称「いなビィ」ぜひご活用ください!
稲美町にお住まいの妊娠中・子育て中のママ&パパが、スマートフォン、タブレット、パソコンで使える無料アプリの配信を開始します!
子育てに関する制度やイベント情報、お子さんの成長記録や予防接種のスケジュール管理など、子育て世帯をサポートしてくれる便利な機能が盛りだくさんです。
稲美町の子育て支援情報
稲美町の配信する出産・育児に関する情報や、イベント情報などがリアルタイムにプッシュ通知で届きます。また、町内の医療機関や公園などの子育て施設、夜間・休日の救急医療機関を検索することができます。
妊婦健診・乳幼児健診記録
妊娠健診や乳幼児健診の記録を管理できます。
グラフ化機能
妊娠中の体重やお子さんの身長・体重をグラフ化して見やすくすることができます。
予防接種のスケジュール管理
お子さんの生年月日と接種履歴の情報を登録すれば、最適な接種日を算出し、接種日が近づくと事前にお知らせします。また、接種済みの情報を記録することもできます。
記録管理
妊婦健診の記録、お子さんの成長記録をスタンプや写真付きで楽しく管理できます。
家族共有機能
お子さんの成長記録や健康データを、パパやおじいちゃん・おばあちゃんなど家族がスマートフォンなどで見守ることができます。

アプリのインストール
下記のQRコードを読み取り「母子モ」をインストールしてください。

■注意事項
※このアプリは母子健康手帳に代わるものではありません。
健診・予防接種受診時には必ず母子健康手帳を持参してください。
※利用料は無料ですが、通信料は利用者の負担となります。




あかちゃんタクシー助成事業をご利用ください 2019.07.11.

出産時の入院または退院の際に、妊産婦本人が利用したタクシー代の一部を助成します。
対 象 出産日及び申請日に稲美町に住所がある人
助成額 上限3,000円(1回の出産につき1回のみ)
申請期限 出産後6カ月以内
手続きに必要なもの
タクシー代の領収書、入退院日が確認できる医療機関の領収書、母子健康手帳、印かん、振込先のわかるもの
問合先 こども課 育児支援係 ☎ 492-9155




子育て支援センターからのお知らせ(稲美町) 2019.07.10.

申込・問合先 こども課 育児支援係(子育て支援センター)☎ 492-9090

●子育て悩み相談
日頃の育児や人間関係で少し疲れを感じる時、誰かに話をすることで気持ちが軽くなる事があります。相談内容については、秘密厳守しますので気軽にご相談ください。事前に申し込みが必要です。
【と き】 7月22日(月)10:00~15:00
【ところ】 いきがい創造センター 相談室
【相談員】 枝川 京子先生(公認心理師・臨床心理士)
【募集人数】 4人(相談時間は1人1時間、希望により託児可)

● ネンネの会
助産師、栄養士、保健師を交えて日常の育児について話し合ったり、親子のリラクゼーション遊びを体験します。申し込みはいりません。
【と き】 7月25日(木)10:00~11:30
【ところ】 いきがい創造センター 多目的ホール
【対 象】 0歳児とその保護者
【持ち物】 バスタオル

● ツインズ(多胎児ママの会)
多胎児を育児中のママたちが、日常の育児や工夫していることなどを話し合っています。現在、多胎児を妊娠中のお母さんも気軽にご参加ください。申し込みはいりません。
【と き】 8月5日(月)10:00~11:30
【ところ】 いきがい創造センター 子育てルーム
【対 象】 多胎児の保護者(子ども同伴可)

●ヨチヨチの会
栄養士・保健師を交えて日常の育児について話し合ったり、親子のふれあい遊びを体験します。申し込みはいりません。
【と き】 8月8日(木)10:00~11:30
【ところ】 いきがい創造センター 多目的ホール
【対 象】 1歳児のその保護者

● 1歳遊びの会
わらべ歌で親子のふれあい体験をした後、1歳児が楽しめる絵本の読み聞かせをします。
【と き】 9月12日(木)10:00~11:30
【ところ】 いきがい創造センター 子育てルーム
【対 象】 1歳児とその保護者
【定 員】 15組
【講 師】 皆藤 美智子氏(姫路おはなしの会)
【申 込】 8月8日(木)8:30~(定員になり次第締切ります)

● てくてくの会
”第1反抗期”や”イヤイヤ期”と言われる2歳の頃、我が子にどう接すればよいのかと悩む人も少なくありません。そこで、この時期の子どもの心理や接し方を学んで、ゆとりをもった子育てを楽しみませんか。
【と き】 9月10日(火)10:00~11:30「イヤイヤ期をうまく乗り切るために」
      9月13日(金)10:00~11:30「公認心理師・臨床心理士と2歳児を語ろう」
【ところ】 いきがい創造センター 子育てルーム
【対 象】 2歳児とその保護者
【定 員】 15組
【講 師】 皆藤 美智子氏(姫路おはなしの会)
【申 込】 7月22日(木)8:30~(定員になり次第締切ります)




播磨小学校と蓮池小学校の プールを一般開放します 2019.07.10.

▼開放期間 7月20日㈯~8月18日㈰
※7月27日㈯は蓮池小学校のプールが使用できません。
▼開放時間 入れ替え制午前の部 10時~正午 午後の部 1時~3時
▼使用料 1人1回100円
▼注意事項
・駐車場はありませんので、必ず徒歩か自転車でお越しください
・更衣室にロッカーがあります。1回100円ですが、お金は使用後に戻ります
・小学3年生以下は保護者の同伴が必要です。同伴者も使用料が必要です
・小学2年生以下が大プールに入る場合は、保護者も一緒に入水してください
・幼児は小プールにしか入れません。保護者も一緒に入水してください。おむつは外してください
・小学3年生以上は大プールにしか入れません。浮き輪やビーチボールなどは持ち込め
ません
・プール内では飲食、喫煙は一切できません
・感染症と認められる人、酒気を帯びている人、刺青を入れた人は入場できません
▼問合せ 生涯学習グループ
☎079(435)0565




認知症高齢者等SOSネットワーク事業をご存知ですか? 2019.07.08.

認知症を患ってしまったら・・・
大切な家族が行方不明になってしまったら・・・
そんな不安や悩みを抱えていませんか?
「認知症高齢者 SOS ネットワーク事業」は、認知症の人やその家族が安心して暮らせるよう、日常的な見守り体制を整備し、迅速な身元判明に役立てるなど、もしもの時の早期発見の仕組みです。
対  象 町内に住む高齢者で、認知症のため行方不明になるおそれのある人
内  容
①家族等は、行方不明になるおそれのある高齢者等について、地域包括支援センターに事前登録(住所、氏名、生年月日、身体的特徴など)を行い、日常的な見守り体制について相談します。
②地域包括支援センターは、登録した高齢者の家族等に登録番号のついたQRコードシールを30枚配布します。登録書の家族は、配布されたQRコードシールを登録者の洋服などに貼り付けます。
③登録者の情報を地域包括センター、加古川警察署、稲美町社会福祉協議会で共有します。
④登録者が行方不明になった場合は、登録者の家族は地域包括センターや加古川警察署へすぐに連絡し、支援を依頼します。
⑤行方不明の登録者を発見した人は、スマートフォン等でQRコードシールを読み取り、地域包括センターまたは加古川警察署に連絡します。
登録方法 健康福祉課の窓口で配布します事前登録票、またはホームページに掲載している事前登録票に必要事項を記入し、地域包括センターに提出してください。
問 合 先 健康福祉課 地域包括係(地域包括支援センター) ☎492-9150




播磨町茶道協会 納涼茶会 2019.07.08.

▶日時 7月21日(日)10:00~15:00
▶場所 野添北公園内 蓬生庵
▶席主 宮下宗美(表千家流)
▶費用 350円
▶問合せ 蓬生庵 ☎078(944)6040




地域で学ぶ「トライやる・ウィーク」(播磨町) 2019.07.06.

▶問合せ 学校教育グループ☎079(435)0545

今年も「トライやる・ウィーク」が5月27日から31日の5日間実施され、町内の中学2年生(播磨中学校160人、播磨南中学校113人)が、貴重な体験をすることができました。生徒たちは、この体験を通して、働くことの大切さや厳しさ、人のために役に立つうれしさや達成感を感じることができました。また、地域の多くの方々とふれあう中で、共に生きる心や感謝する心を育むことができました。
ご協力いただきました事業所の皆さま、温かいお言葉がけをいただきました地域の皆さま、本当にありがとうございました。また、保護者の皆さまもご支援・ご協力ありがとうございました。

★トライやるの「トライ」とは?
「トライ」の名称は「挑戦する(トライ)」とともに「学校・家庭・地域社会の三者(トライアングル)」の意味が込められています。
★トライやる・ウィークの趣旨
心身ともに大きく成長する時期にある中学生たちが、主体性を尊重した様々な活動や体験を通して、豊かな感性や創造性などを自ら高め、他者と協力・協働して社会に参画する態度や自ら考え主体的に行動し問題を解決する能力などを育成することです。




播磨町 子育て応援 すくすくタイム 2019.07.06.

乳幼児の対応に困る時~赤ちゃんは泣くのが仕事~

▶問合せ こども窓口 ☎079(435)0366

赤ちゃんが泣くと、「泣かせてしまった」と罪悪感を抱く方がいます。
「上手く泣き止ますことができない」「自分は親としてダメなんじゃないか」「近所の人にどう思われるか」などと悩みます。しかし、赤ちゃんは泣くことが仕事です。泣くことで意思表示をしていますので、泣く=させてはいけないこと、ではありません。また、親だからといって泣いている原因が全て分かるわけでもありません。赤ちゃんにとって大切なことは、自分が泣いた時に応えようとしてくれる人がいることです。
何で泣いているのかなと、手探りの状態でも赤ちゃんの様子をみたり、抱っこをしたり、声をかけたりすることが大切です。「泣く→応える」が繰り返されるうちに、赤ちゃんに安心感が生まれます。その安心感を基に、周囲の物に興味・関心を持ち、それを知ろうとする意欲が育ちます。赤ちゃんが色々な物を取って口に入れるのもその一つです。

~イヤイヤ期~
1歳半から2歳代によくみられる「イヤイヤ」。これは「私(僕)はこうしたい!」という、自分の意思が育った証拠です。「自分」の誕生でもあります。子どもが駄々をこねている状態で、いくら親が言い聞かせようとしても子どもの抵抗が止まることはありません。まずは「○○がしたかったんだよね」と、あなたの気持ちは分かっているよというメッセージを送ってください。
子どもが落ち着いた後に、「じゃあ、○○を一緒にしようか」などと他の提案をする方が子どもに伝わりやすくなります。
買い物中にひっくり返って駄々をこねるような時は、周囲の目も気になり、余裕を持った対応が難しいと思いますので、別の場所に子どもを抱えて連れて行ってから対応する方が良いと思います。
子どもも親もひとり一人違い、誰にでも上手くいく方法はありません。また、この間はこれで対応できたのに、今日は上手くいかないということもあります。
日々、試行錯誤しながら、子どもに付き合っていってください。




夏祭りへGO!(稲美町) 2019.07.05.

天満小学校区 第9回 満天夕涼みの会
みんな集まれ、天満の夕涼み 模擬店・イベントたくさんあるよ!
と き 7月20日(土)16:00~20:00 ※雨天の場合は中止
ところ 天満小学校運動場
主 催 まちづくり天満
後 援 天満小学校区 15自治会
    稲美町・稲美町教育委員会
協 賛 サマージャンボ(宝くじ)

天満南小学校区 第7回 なんなん夏まつり
観て!聴いて!食べて! さぁ~みんなで楽しもう!
と き 8月3日(土)16:30~20:00 ※雨天決行(体育館で実施します)
ところ 天満南小学校運動場
主 催 なんなんまちづくりの会
後 援 稲美町・稲美町教育委員会
    天満南校区自治会

母里小学校区 第20回 夏 祭 里
みんなで踊ろう、盆踊り!
と き 7月20日(土)17:00~21:00 ※雨天は21日(日)に順延
ところ 母里小学校運動場
主 催 母の里まちづくりの会
後 援 稲美町・稲美町教育委員会
協 賛 サマージャンボ(宝くじ)

加古小学校区 第13回 加古ふれあいまつり
老いも若きもいきいきと!
と き 7月27日(土)17:00~21:00 ※雨天決行(体育館で実施します)
ところ 加古小学校運動場
主 催 まちづくり加古の会
    加古地区自治会長会
後 援 稲美町・稲美町教育委員会
協 賛 サマージャンボ(宝くじ)




加古郡 7月のリサイクルプラザ情報 2019.07.03.

夏休みお助け工房
夏休みの工作の宿題に困っていませんか?
加古郡リサイクルプラザでは、そんなお困りのお子さんをお助けい たします!!
▶対象 小学生以上(3年生以下は、保 護者同伴)
▶申込方法
①往復はがき  希望する教室名と日時、参加者名、年齢、 住所、保護者の携帯電話番号をご記入の 上、下記の応募先までお送りください 。
〒675-0155 兵庫県加古郡播磨町新島 60
加古郡リサイクルプラザ 「夏休み お助け工房申込み係」
②インターネットの申し込みフォーム
次のURLにアクセスのうえお申し込みく ださい。
http://www.kakoeisei.or.jp/2019 natuyasumi/2019otasuke.html
▶一次受付締切日 7月5日(金)正午 まで(往復ハガキの場合、7月5日(金) 必着) ※一次受付は、電話での申し込みは受け付けていません。
また加古郡外の方は二 次受付からの申し込みになります。
▶二次受付 7月12日(金)から電話で 受け付けます 。
※加古郡以外の地域にお住まいの方は、 参加費が2割増しとなります。
▶注意事項 申し込みは1人2教室まで、 応募者多数の場合は抽選となります。
抽選結果は7月11日(木)までに連絡し ます。(連絡のない場合は、お問い合わ せください)記入内容に不備がある場合 は無効となります。

〒675-0155 兵庫県加古郡播磨町新島60 加古郡リサイクルプラザ ☎437-7671

講座名 開催日 予定時間 定員 参加費
1 ガラスの写真立て
板ガラスの上に色ガラスを並べて、写真立てを作ります。
※作品は後日引き渡しになります。
7月13日(土)
7月14日(日)
9:30~12:00
13:30~16:00
各8名 1000円
2 ガラスの時計作り
板ガラスに模様をつけて、自分だけの時計を作ります。
※作品は後日引き渡しになります。
【持ち物】白い紙にデザインや絵を描いておいてください。(約15㎝×15㎝)
7月20日(土)
7月21日(日)
9:30~12:00
13:30~16:00
各8名 1500円
3 牛乳パックの風鈴作り
牛乳パックを使って、風鈴を作ります。
【持ち物】牛乳パック1本
7月26日(金) 9:30~12:00 15名 200円
4 牛乳パックのびっくり箱作り
牛乳パックを使って、びっくり箱を作ります。
【持ち物】牛乳パック(切り開いてないもの)5本
7月31日(水) 9:30~12:00 15名 100円
5 ガラスの貯金箱作り
ガラスで作ったかわいい貯金箱に絵つけをします。
(何を描くかデザインや絵などを考えておいてください)
※絵具を使用した絵付けは4年生以上になります。
8月1日(木) 9:30~12:00
13:30~16:00
各10名 300円
6 紙バンドのかご作り
再生紙を使ってクジラ(水色)またはウサギ(ピンク)のかごを作ります。
【持ち物】V字型洗濯バサミ(小) 10個
8月1日(木)
8月7日(水)
9:30~12:00 各20名 300円
7 段ボール工作
廃材のダンボールを使って、手のひらサイズのひみつ基地を作ります。
8月7日(水) 13:30~16:00 15名 100円
8 親子の木工教室
スツール(腰掛け)を作ります。大工さんから木工工作の基本を学ぶことができます。
※対象:親子で体験できる人
7月24日(水)
8月8日(木)
13:30~16:00 各12組 2000円
9 ガラスの風鈴作り
大人気の風鈴の絵つけです。涼しい音色が人気を呼んでいます。
(何を描くかデザインや絵を考えておいてください)
※絵具を使用した絵付けは4年生以上になります。
7月25日(木)
8月2日(金)
8月8日(木)
9:30~12:00
13:30~16:00
各10名 300円
10 ガラスのアクセサリー作り
色ガラスを加工して、ストラップやヘアピンなどを作ります。
※金具類は別途実費をいただきます。
7月27日(土)
7月28日(日)
8月10日(土)
8月11日(日)
9:30~12:00
13:30~16:00
各8名 500円
11 モザイクガラスのキャンドルホルダー作り
この夏から始まる新しい体験教室です。ガラスのカケラを組み合わせてキャンドルホルダーを作ります。
【持ち物】タオル1枚
※汚れてもいい服で参加してください。
※作品は後日引き渡しになります。
8月18日(日) 9:30~12:00
13:30~16:00
各8名 300円
12 ぺットボトル工作
ペットボトルを利用して貯金箱などを作ります。
【持ち物】500mlペットボトル 2本
7月25日(木)
8月2日(金)
13:30~16:00 各15名 100円
13 ガラスの判子作り(サンドブラスト)
ガラスの判子に砂を吹きつけ加工し、自分の名前や好きな模様をつけた判子を作ります。
※カッターナイフを使います。
7月26日(金)
午前のみ
8月3日(土)
8月4日(日)
8月9日(金)
午後のみ
8月17日(土)
9:30~12:00
13:30~16:00
各8名 300円



県立考古博物館 7月イベント情報 2019.07.03.

☎079(437)5589
7月の休館日 1日、8日、16日、22日、29日

学芸員によるミニ講座
▼日時 7月7日㈰、14日㈰午後1時30分~2時
▼場所 テーマ展示室
※観覧券が必要です。高校生以下無料。

一支国博物館連携企画展
「壱岐の古代文化―海をめぐる生業と交流―」
古くから海上交通の要衝・交流の拠点であった壱岐島(長崎県)の古代文化を紹介するとともに、兵庫県内から出土した考古資料を加え、海を基盤に生活を営んだ人々の生業
と交流について展示します。
▼会期 7月20日㈯~9月1日㈰
▼観覧時間 午前9時30分~午後6時(入場は午後5時30分まで)
▼場所 特別展示室
▼観覧料 200円(各種割引あり)高校生以下無料

企画展講演会        
「壱岐の弥生時代」
▼日時 7月20日㈯ 午後1時30分~3時(12時50分開場 当日受付)
▼場所 講堂
▼定員 先着120人
▼講師 松見裕二(壱岐市教育委員会社会教育課係長)

考古博DE夏まつり
▼日時 7月27日㈯ 午後0時30分~3時30分(受付3時まで)
▼場所 メインホール他館内外
※一部観覧券が必要です。

バックヤード見学ツアー
▼日時 7月31日㈬
①午後1時30分~2時20分
②午後2時30分~3時20分
(午後1時受付開始)
▼場所 遺物整理室他
▼定員 各回15人
※観覧券が必要です。高校生以下無料。




7月スタート いなみ健康ポイント 2019.07.02.

楽しみながら健康づくりや介護予防に取り組めるよう「いなみ健康ポイント事業」が始まります。
町が指定する健診・検診の受診、健康づくり事業への参加、日々の取組みに対してもらえる「いなみ健康ポイント」を集めると、稲美町共通商品券(上限3,000円分)に交換できます。
ポイントを集めながら、楽しみながら健康づくりに取り組みましょう。

Step1 ポイントカードをもらおう
・対象者 町内に住所がある40歳以上の人(年齢は令和2年3月31日現在)
・ポイントカードは7月から役場健康福祉課、住民課、町内福祉会館、町が指定する健康づくり事業実施会場等で交付します。

Step2 ポイントを集める

ポイント対象事業 ポイント数
健診・検診の受診等 特定健診、後期高齢者健診、肺がん・胃がん・大腸がん・骨粗しょう症・肝炎ウイルス・前立腺がん・子宮がん・乳がん検診、胃がんリスク検査、歯周病検診、後期高齢者歯科口腔検診等
(稲美町健康診査カレンダーに掲載の健診・検診が対象です)
※人間ドックや職場の健診等のうち、上記と同じ内容の健診・検診も対象になります。
各2ポイント
健康づくり事業への参加 健康結果についての説明会・相談会 1ポイント
特定保健指導等(集団・個別) 3ポイント
いきいき(ミニ)広場、いきいきサロン、いきいきセミナー 年間の参加で
2ポイント
もの忘れ健診、健康教育・健康セミナー、健康チェックコーナー、町老連の老人運動会参加等 1ポイント
町老連加入の老人クラブ会員、健康支援員、ヘルスの会会員 2ポイント
日々の取組みの記録 体重、血圧、歩数のいずれかを3カ月以上継続して記録
(記録表は町の様式または任意の様式)
各2ポイント

 

Step3 集めたポイントを商品券に交換する
申請期間:令和2年3月2日(月)~3月31日(火)
詳しくは広報いなみや町のホームページをご覧ください。
5~9ポイント=500円分     20~24ポイント=2,000円分
10~14ポイント=1,000円分  25~29ポイント=2,500円分
15~19ポイント=1,500円分  30ポイント以上=3,000円分
5ポイントに満たないポイントは交換できません。

【問合先】健康福祉課 健康推進係 ☎492-9138




播磨町福祉タクシー利用券の交付 2019.07.01.

播磨町在住の重度心身障がい者(児)で、前年分の所得税が非課税の人に、タクシーの運賃の一部を助成するチケットを交付しています。
(ただし年間52枚を限度とし、播磨町と契約しているタクシー会社に限る)
前回交付分の福祉タクシー利用券(クリーム色)は、有効期限が6月30日㈰までとなっています。引き続き利用券の交付を希望する人は、6月24日㈪以降に再度申請をしてください。
▼対象 身体障害者手帳1・2級、療育手帳A判定または精神障害者保健福祉手帳1級の人で、前年分所得税非課税の人
▼必要な物 印鑑(朱肉を使用するもの)、身体障害者手帳、療育手帳または精神障害者保健福祉手帳
▼問合せ 福祉グループ ☎079(435)2361




地域でキラリ☆走る環境学習教室 2019.07.01.

JR加古川線の貸切電車に乗って、電車内や河川敷で加古川流域の環境について学びます。CO2排出量が少ない乗り物である電車について学び、地球環境問題への関心も高めます。
対象者 管内の小学4年生~6年生とその保護者
と き 7月27日㊏、8月17日㊏、24日㊏
ところ 加古川河川敷等(集合はJR「加古川」駅)
定 員 1回当たり25組程度(抽選)
料 金 500円(資料代)
申込・問合 7月5日㊎までに往復はがきで(公財)ひょうご環境創造協会へ
(はがきの記載内容、送付先住所は同協会に問い合わせてください)
☎078(735)4100  📠078(735)7222




ふれあい交流館 7月のイベント情報 2019.07.01.

ふれあい交流館
☎ 079-492-7700 📠 079-492-7878

◆七 夕 展
願いを込めた短冊を笹につるしましょう♪
と き 7月2日(火)~8日(月) 9:00~17:00
ところ いなみ文化の森 ロビー

◆ふれあい陶芸サークル体験教室 参加者募集
あなたも陶芸家 お皿や湯飲みを作ってみよう
と き 7月27日(土)9:30~11:30
ところ ふれあい交流館 創作棟
主 催 ふれあい陶芸サークル(ふれあい交流館サークル)
定 員 16人(先着順)
参加費 1,000円
受付開始 7月2日(火)から

◆平 和 展
子供たちの平和ポスター展
広島市内及び海外の姉妹・友好都市等の小・中学生が平和をテーマに描いた絵画とポスターを展示します。
また、2002年に制作されたアニメ『太陽をなくした日』を常時放映します。
と き 8月1日(木)~8月15日(木)
ところ いなみ文化の森 ロビー




コスモホール7月のイベント情報 2019.07.01.

臨時休館のお知らせ
文化の森【文化会館(コスモホール)・ふれあい交流館・図書館】は、設備工事のため、7月29日(月)、30日(火)の2日間、臨時休館いたします。

◆COSMO 夢コンサート 入場無料
~第一水曜日の夜7時から夢コンサートでひとときを!~
7月3日(水) 開演19:00(開場18:30)
vol.269 兵庫大学吹奏楽部【吹奏楽】
Suite【クラシック】
8月7日(水) 開演19:00(開場18:30)
vol.270 創憧会【邦楽(尺八・箏・三味線)】
※夢コンサートはボランティア(オペレータクラブ、レディーサークル)で運営しています。ただいま会員募集中!舞台設営の見学もできます。お気軽にお問い合わせ、またはお越しください。

第27回コスモ吹奏楽祭
町内の2中学に加え、近隣の高校、大学の吹奏楽部等6団体で吹奏楽祭を開催します。
と き
 7月7日(日)
開 演 14:00(開場13:30)
出演者 稲美中学校、稲美北中学校、東播磨高等学校、県立農業高等学校、兵庫大学の各吹奏楽部、コスモシンフォニックウィンズ
※4歳以下のお子さんの入場はお断りします。
要入場整理券(無料)好評発行中

令和を言祝ぐ ~ ミマスが奏でる 万葉のこころ ~
COSMOS、地球聖歌の作者「ミマス」と兵庫稲美少年少女合唱団が新しい時代「令和」の幕開けに送るコンサート
と き
 7月14日(日)
開 演 14:00(開場13:30)
出 演 アクアマリン(ミマス+Sachiko)・兵庫稲美少年少女合唱団
入場料 要入場整理券(無料)
※4歳以下の入場はお断りします。

県民芸術劇場 太鼓オルケスタ 木村優一&スペシャルソース
~和太鼓と世界の楽器のコンサート~
と き 7月28日(日)
開 演 15:30(開場15:00)
入場料 1階席2,000円 2階席1,500円
※未就学児入場不可
※好評発売中

劇団銀河鉄道 ぬいぐるみミュージカル
イソップ物語/王様の耳はロバの耳
と き
 8月3日(土)
開 演 午前の部10:30(開場10:00) 午後の部14:00(開場13:30)
入場料 1階席1,500円 2階席1,000円
※午前の部は、町内幼稚園の団体鑑賞を優先します。
※3歳以上有料です。チケットのない3歳未満のお子さんは、保護者のひざの上での鑑賞となります。
※好評発売中




播磨ふれあいの家だより 2019.07.01.

▶申込み・問合せ 播磨ふれあいの家
☎079(678)1481 朝来市多々良木1244-1

夏だ!花火だ!おまつりだ!
毎年好評をいただいております夏まつりの「花火大会」に、今年も播磨ふれあいの家にお泊りいただいて、みんなで一緒に花火を観に行きましょう!!
◎無料送迎バスをご利用ください。
土山駅南口11:50 播磨町役場12:00 東加古川駅南口12:15です。
(ご予約が必要です)
▶花火大会日程

日  程 場  所 無料送迎バス
ふれあいの家
出発時刻
あさご花火大会 8月16日(金)
20:15~21:00
新井
(当館より5分)
20:00
山東花火大会 8月19日(月)
19:30~20:30
梁瀬
(当館より20分)
19:00
和田山花火大会 8月23日(金)
19:30~20:30
和田山
(当館より30分)
18:50

※天候の状況によっては花火が中止になることがあります。ご了承ください。
※バスの出発時刻に間に合うように夕食を済ませてください。

“耳より情報”
あさご芸術の森美術館開館20周年記念企画
「淀井敏夫展~伝え、紡いだもの~」
生前淀井氏は、故郷である旧朝来町が行っていた芸術を生かしたまちづくりに共感し、その生涯作品のほとんどを朝来に寄贈されました。その後当館は「淀井敏夫記念館」として開館しました。氏は「僕の彫刻だけを展示するのではなく、様々な企画展や芸術イベントを通して、人々が交流できるサロンのような美術館にしてほしい」と言われていました。
「朝来らしい美術館」を創るきっかけとなった淀井氏の作品を可能な限り展示して皆様のお越しをお待ちしております。(~7月7日)

播磨ふれあいの家は、令和2年3月末日をもって播磨町での運営を終了します
最後まで快適にご利用いただけるよう、指定管理者と共に努めてまいりますので、よろしくお願いいたします。
▶問合せ 住民グループ☎079(435)2364




播磨町で子育てしよう(子育て支援センター) 2019.07.01.

地域交流講座 夏祭り
▼日時 7月23日㈫午前10時~11時30分
▼場所 南部子育て支援センター
▼内容 輪投げや魚つり、宝さがしなど手作りゲーム
▼対象 町内在住の平成28年4月2日~30年4月1日に生まれた子どもとその保護者
▼定員 先着20 組
▼申込み・問合せ 7月1日㈪午前9時から電話または直接受け付けます
南部子育て支援センター ☎079(437)4188
※駐車場が少ないので、徒歩か自転車でお越しください。

子育て講座 ボディペインティング
▼日時 7月29日㈪午前10時~11時
▼場所 南部子育て支援センター
▼内容 筆だけでなく、手や足も使って絵の具遊び
▼定員 先着20組
▼対象 平成28年4月2日~30年4月1日生まれの子どもとその保護者
▼持ち物 着替え、タオル、お茶
▼申込み・問合せ 7月1日㈪午前9時から電話または直接受け付けます
南部子育て支援センター ☎079(437)4188
※駐車場が少ないので、徒歩か自転車でお越しください。

世代間交流講座 夏休み親子deダンス!!ダンス!!
▼日時 8月5日㈪午前10時~11時
▼場所 北部子育て支援センター
▼内容 最新の脳活、五感を使って、身体も頭も心も元気いっぱいになるシナプソロジーメソッドも取り入れます。リズムに乗って、ダンスも楽しみましょう
▼対象 町内在住のおおむね2歳から8歳ぐらいの子どもとその保護者
▼講師 豊田友子(studioBE―YU主宰・シナプソロジー認定インストラクター)
▼定員 先着20組
▼持ち物 フェイスタオル(各自1枚)、水分補給用の飲み物
▼申込み・問合せ 7月1日㈪午前9時から、電話または直接受け付けます
北部子育て支援センター ☎078(944)0717
※駐車場が少ないので、徒歩か自転車でお越しください。

地域交流講座 ミュージカル劇
心地よい音楽や歌と共に楽しむミュージカル劇です。
▼日時 8月10日㈯午前10時~11時
▼場所 南部コミセン
▼出演 ミュージカルサークル みっくすじゅうす
▼定員 先着80人
▼対象 町内在住の人
▼申込み・問合せ 7月1日㈪午前9時から電話または直接受け付けます
南部子育て支援センター ☎079(437)4188
※駐車場が少ないので、徒歩か自転車でお越しください。



ページトップへ