認知症高齢者等SOSネットワーク事業をご存知ですか? | 兵庫県議会議員|岡つよし公式ホームページ


フォントサイズ変更

新着記事

月間アーカイブ

ツイッター



認知症高齢者等SOSネットワーク事業をご存知ですか? 2019.07.08.

認知症を患ってしまったら・・・
大切な家族が行方不明になってしまったら・・・
そんな不安や悩みを抱えていませんか?
「認知症高齢者 SOS ネットワーク事業」は、認知症の人やその家族が安心して暮らせるよう、日常的な見守り体制を整備し、迅速な身元判明に役立てるなど、もしもの時の早期発見の仕組みです。
対  象 町内に住む高齢者で、認知症のため行方不明になるおそれのある人
内  容
①家族等は、行方不明になるおそれのある高齢者等について、地域包括支援センターに事前登録(住所、氏名、生年月日、身体的特徴など)を行い、日常的な見守り体制について相談します。
②地域包括支援センターは、登録した高齢者の家族等に登録番号のついたQRコードシールを30枚配布します。登録書の家族は、配布されたQRコードシールを登録者の洋服などに貼り付けます。
③登録者の情報を地域包括センター、加古川警察署、稲美町社会福祉協議会で共有します。
④登録者が行方不明になった場合は、登録者の家族は地域包括センターや加古川警察署へすぐに連絡し、支援を依頼します。
⑤行方不明の登録者を発見した人は、スマートフォン等でQRコードシールを読み取り、地域包括センターまたは加古川警察署に連絡します。
登録方法 健康福祉課の窓口で配布します事前登録票、またはホームページに掲載している事前登録票に必要事項を記入し、地域包括センターに提出してください。
問 合 先 健康福祉課 地域包括係(地域包括支援センター) ☎492-9150



ページトップへ