11月 | 2020 | 兵庫県議会議員|岡つよし公式ホームページ


フォントサイズ変更

新着記事

月間アーカイブ

ツイッター

2020年11月の投稿記事一覧



第15回「残したい稲美町の風景」写真コンテスト 2020.11.15.

稲美町には、先人たちが長い時間をかけてつくった多くのため池や水路、水田、集落などが広がる特徴的な風景(文化的景観)があります。稲美町では、こうしたため池を中心とした身近な風景をみんなの財産と位置付け、今ある美しい風景をまもり、未来へ伝えて行けるように取り組んでいます。そこで、皆さんが未来へ伝えたいと思う稲美町の風景写真を、次の要領で募集します。

テーマ
稲美町のため池や農村などの特徴的な風景、また、身近な四季の風景や未来に伝えたい風景。
サイズなど
応募写真は、六ツ切り・A4・ワイド六ツ切りのいずれか(四ツ切り・ワイド四ツ切りは不可とします)。
カラー・白黒、縦・横、余白の有無・大小は自由です。
平成31年1月1日以降に撮影された未発表の写真に限ります。
※特選・入選を受賞した作品は資料館で展示するため、受賞者には改めて半切 ・ A3 ・ ワイド四ツ切りのいずれかのサイズの写真の提出をお願いします。展示作品は返却致しません。

特選…1点(賞金3万円と賞状) 入選…2点(賞金1万円と賞状) 佳作…9点(賞状)
応募方法
応募用紙にご記入のうえ、写真と応募用紙を郷土資料館までご提出ください(郵送可)。
応募写真の裏面にもお名前の記入をお忘れなく(応募用紙貼付可)。
募集期間
令和3年1月31日(日)まで(必着)  審査発表 令和3年2月中旬ごろ発表予定
注意事項
◆応募は一人3点まで。
◆特選・入選・佳作を受賞した作品は返却できません。
◆受賞作品の使用権は主催者(稲美町・稲美町教育委員会)に帰属し、町ホームページや町広報紙などへの掲載、公共施設での展示など、公共の目的で作品を使わせていただく場合があります。
返却を希望されなかった作品についても、受賞作品と同様とします。返却を希望された作品で受賞しなかったものについては、公開使用せずに返却します。なお、応募者は町内外を問いません。
また、肖像権問題について、稲美町・稲美町教育委員会は責任を負いません。
受賞作品が町民カレンダーに掲載されるとは限りません。
問合先
稲美町立郷土資料館 写真コンテスト係
〒675-1114 兵庫県加古郡稲美町国安1286-55 TEL/FAX 492-3770




マイナンバーカード(個人番号カード)を取得しましょう!!(稲美町) 2020.11.15.

マイナンバーカードは、個人番号を証明するだけではなく、本人の顔写真が付いているので本人確認の証明書として利用できます。令和3年3月からは健康保険証として利用が開始される予定です。
また、「マイナポイント」の手続きにはマイナンバーカードが必要となります。

マイナンバーカード取得の申請方法
役場住民課窓口で写真撮影と申請書の記入補助をしています。
通知カードまたは個人番号通知書の送付時に同封された申請書に必要事項を記載します。
申請書を紛失されている場合は、住民課窓口において本人確認ができれば、申請書を再発行します。
顔写真を貼付します。顔写真は住民課窓口にて無料で撮影をします。
申請書を役場に提出します。
※スマートフォンやパソコンで申請する方法もあります。

マイナンバーカード申請の出張窓口を開設します
「マイナンバーカードの申請」及び「顔写真の無料撮影」を以下の会場で行います。
事前予約が必要です。詳しくは、広報いなみ11月号と同時に全戸配布しておりますチラシをご覧ください。
加古福祉会館     11月25日(水)9:30~12:00
母里福祉会館     11月27日(金)9:30~12:00
コスモホール     12月 2 日(水)9:30~12:00
農村環境改善センター 12月 4 日(金)9:30~12:00
東部隣保館      12月 9 日(水)9:30~12:00
西部隣保館      12月11日(金)9:30~12:00
【問合先】 住民課 住民係 ☎492-9134




稲美町放課後児童クラブ利用者募集 2020.11.15.

令和3年度の放課後児童クラブの利用を希望する児童を次のとおり募集します。
なお、放課後児童クラブへの利用申請手続きは、年度ごとに必要です。
■対  象
町内の小学校に通学する小学生で、保護者が就労などのため、放課後の保育が受けられないと認められる児童(児童クラブごとに定員があります。希望者が定員を超えた場合、低学年の児童で保育を必要とする度合いの高い児童から入所となります。)
■開所時間
①月曜日から金曜日まで 児童の下校時~18:30
②土曜日、春季休業日、夏季休業日、冬季休業日など 8 :00~18:30
③延長利用 18:30~19:00
■開設場所
各小学校敷地内及び隣接地
■費  用
①利用料金
通年利用:月額8,000円(8月のみ11,000円)
一時利用:1日につき800円
延長利用:月額2,000円
②諸費用
通年利用:月額1,800円(おやつ・教材費など)
一時利用:1日につき100円
③スポーツ安全保険代
年額800円(通年利用、一時利用共)
■受付期間
12月1日(火)~ 12月15日(火)
■申請方法
申請書に必要書類を添えて、稲美町放課後児童クラブ指定管理者「㈱小学館集英社プロダクション」まで専用封筒(申請書類セットに同封しています)で郵送にてお申し込みください(当日消印有効)。
■申請書の配布
申請書類セット(専用封筒含む)については、各放課後児童クラブで11月10日(火)から配布します。また、申請書類セットは、稲美町放課後児童クラブのホームページ(http://inami-hjclub.jp)からもダウンロードすることができます。
※郵送用の専用封筒は、各放課後児童クラブでのみの配布となります。
■主管課
教育課 ☎492-9149
■運営・問合先
㈱小学館集英社プロダクション(放課後児童クラブ指定管理者) ☎06-6485-8085
平日10:00~17:30(土・日曜日、祝日は休み)




あんぜん・あんしん暮らしのメモ帳(播磨町) 2020.11.15.

「「保険金が使える」という住宅修理サービスのトラブルにご注意ください。」
【内容】 事例
業者が突然来訪して「近所で工事をしていたら、お宅の屋根瓦が落ちそうになっているのが見えました。無料で点検します。」と言われた。「このままにしておくと、雨漏りする危険があり大変な事になります。瓦のズレは、先日の台風で生じたものなので、損害保険を使えば少額の自己負担で修理できます。保険の申請も代行します。」と言われて契約した。だが、修理後に保険金の支払いの対象外とわかって全額自己負担となった。納得できない。
【ひとこと助言】
●全国の消費生活センターや国民生活センターには「火災保険や損害保険を使って自己負担がなく住宅の修理ができる。保険会社の申請は当社が代行する。」と言って勧誘される住宅サービスに関する相談が多く寄せられています。
●自己負担なく住宅の改修ができると勧誘されてもすぐに契約をしないようにしましょう。
●業者の一方的な情報をうのみにしないようにしましょう。
●勧誘を受けた時点では保険金が支払われるとは決まっていないので、契約する前に保険会社に保険金が支払われるかを相談しましょう。
●自己負担がないことを強調して契約の内容や保険申請の代行手数料の説明が不十分な場合があります。事前に工事内容や費用についてしっかり確認をしましょう。
●訪問販売業者に住宅修理を勧誘されても慌ててその場で契約をせずに、複数の業者から見積りを取りましょう。

ご相談は…お電話ご来所どちらでもご相談ください。ご来所の場合は、住民グループ⑥番窓口にお声がけください。
▼相談日時 祝日を除く毎週月〜金曜日 午前9時〜午後4時
※専門の相談員が相談に応じます。
▼電話相談・面談、相談予約 播磨町消費生活センター ☎079(435)1999




播磨町 子育て応援 すくすくタイム 2020.11.15.

▶問合せ こども窓口 ☎079(435)0366

外遊びのすすめ
秋も深まり、木々の葉も色づく季節となりました。
お休みの日には、家族で近くに出かけたりして外遊びを楽しんでいますか。
今の子どもは近くの公園などに行く機会がないことや家で遊ぶ時間が多いなど様々な原因で外遊びの機会が減っています。
今回は外遊びについてのお話です。
子どもは「こころ」と「頭」と「体」を同時に動かしています。やりたい気持ちがわき、どうやったらできるかを頭で考えて体を動かす様子が一番見られるのが、外遊びです。今の子どもは、頭を使う時間が多く、体を使うことが少なくなっています。頭は疲れているけど、体が疲れていないので、夜遅くまで起きていたり、朝スッキリ起きられなかったりします。
外遊びで、こころ、頭、体をいっぱい使うと、自然に眠気が訪れてぐっすり寝て、スッキリ起きられ生活リズムが整います。
また、大人にとってなんでもない景色でも、こどもにとっては興味深々です。散歩など近くに出かけるだけでも、子どもの五感が刺激され、感性を豊かにします。
播磨町では年中の時期に5歳児の子育て相談を行っていますが、お子さんの様子として「椅子にしっかりと座れずに姿勢が崩れる。落ち着きがない。スキップがぎこちなかったり、手先など体の使い方が不器用。」等が見られます。
これらに共通する原因の一つとして、体幹の未熟さがあります。体幹とは手足を除いた胴体の部分のことを言い、体幹がしっかりすることは、手足を上手に動かすことに繋がったり、体を支えバランスを取るためにとても大切です。
体幹を強くする外遊び
☆遊具・道具を使わない遊び

・だるまさんがころんだ( 止まるところでしっかり止まりましょう)
・おにごっこ、かくれんぼ
☆公園などにある遊具を使う遊び
・ジャングルジム、すべり台
・ぶらんこ( 自分で座りこぎできるとよいでしょう)
・平均台渡り( できるだけゆっくり歩きましょう)
☆身近な道具を使う遊び
・ボール蹴り( 片足で立ったまま蹴りましょう)
幼児期にしっかり全身を使った遊びを楽しむ中で、体幹が「自然と養われていく」ことが大切です。さまざまな遊びの中で自然と体幹が養われていくので、外遊びにうまく取り入れて楽しんでみてはいかがでしょうか。




こんにちは♡保健師です(稲美町) 2020.11.14.

「愛の鞭ゼロ作戦」
子育てをしていると、子どもの成長を感じたり、楽しいことがたくさんあります。その反面、子育てが上手くいかずイライラすることもありませんか。つい、叩いたり怒鳴ったりしてしまいそうになることはありませんか。体罰(叩く、殴る)・暴言は、子どもの脳を傷つけます。体罰や暴言を受けた子どもは、対人関係や精神的な問題を抱えやす
く、大人になってからも苦しい思いをする人が多いと言われています。しつけの手段としての体罰には、様々な考えがありますが、世界的な流れは“体罰に頼らない育児”に向かっています。
子どもとのかかわりで意識したい5つのポイント
①子育てに体罰や暴言を使わないと心がけましょう。
②怖がって大人の顔色や様子をうかがうようなときには、子どもの気持ちを安心させてあげましょう。
③イライラするときは、ひと呼吸置いてクールダウンできるように工夫しましょう。
④親自身が誰かに相談したり、助けを求めましょう。
⑤「どうして?」という問いに理由が答えられない子どもには、適切な行動が取れるように繰り返し手助けし、見守りましょう。
このポイントは、健診などで配布している愛の鞭ゼロ作戦のリーフレットにも掲載されています。
体罰や暴言は子どもだけでなく、兄弟や保護者の心も傷つけます。子育てで行き詰まり、苦しい思いをしているとき、気持ちを分かってくれる人は必ずいます。つらい気持ちは一人で抱え込まないようにしてください。
11月は児童虐待防止月間です。つらい気持ちを一人で抱え込まないために、必要な支援や環境について誰かと一緒に考える機会を作ってみてはいかがでしょうか。




成年後見相談でお話しませんか?(播磨町) 2020.11.14.

▶問合せ 福祉会館 ☎079(430)6000

成年後見制度は、生活の中で必要な手続きや契約、介護や福祉サービスの導入や入院時の対応、金銭や不動産などの財産管理について、ご本人の代理または同意や取消しを行い、安心して生活できるように支援する仕組みです。少し難しく感じるこの制度は、介護保険とともにこれからの高齢社会を支えるために作られましたが、あまり知られていません。これから先の安心のために、「後見制度ってなんだろう?」と思われたら、是非、相談へお越しください。現役後見人の社会福祉士がお待ちしています。
▶日時 11月10日(火)、28日(土)、12月1日(火)10:00~16:00(予約優先)
▶場所 福祉会館

成年後見人すずさん活動記②
〇月×日 Yさんを施設に訪問
「あなた、久しぶりね。元気だった?」と後見人を気遣われるYさん。近況や体調の話をしていると、介護士さんが来られました。『来月、久しぶりに近所の喫茶店に少人数で外出するのですが、Yさんも申し込まれませんか?』とのこと。紅茶が好きなYさんは、「行きたいわ」とぱっと明るい笑顔に。当日のお小遣いも添えて、申し込み完了。
毎日の暮らしの中に、楽しみがあるのはいいことですね。いいお天気になって、
素敵なティータイムになりますように。




令和2年度大中遺跡まつり代替イベント「努来勝(どっこいしょ)」を開催 2020.11.11.

第30回大中遺跡まつりは、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、次年度に延期となりました。これに代わるイベントとして、今年度は、住民の皆さまに少しでも思い出に残るような代替イベントとして、ドローンを使って撮影した、まちの風景や子どもたちの元気、またこれまでの大中遺跡まつりの様子などを取り込んだ映像(約15分)及び播磨町制作DVD「新聞の父ジョセフ・ヒコ物語」(約14分)、「新井開削の父今里傳兵衛物語」(約13分)を屋外においてビジョンカーの大型スクリーンで楽しんでいただくイベントを開催します。

「努来勝」にこめた思い
町民一人ひとりが努力することで、コロナに打ち勝ち、きらめく播磨町がきっと来る。どっこいしょ!のかけ声とともに今を乗り切り、明るい未来を引き寄せよう。
(播磨南高等学校考案)

大中遺跡会場(入場無料)
▶日時 11月21日(土)10:00 ~ 20:00 雨天決行
▶場所 大中遺跡会場(兵庫県立考古博物館 体験広場)
役場会場(入場無料)
▶日時 11月22日(日)、23日(祝)10:00 ~ 20:00 雨天決行
▶場所 播磨町役場会場(播磨町役場第1庁舎駐車場)
※播磨町役場会場では、車中からもご覧いただけます。駐車台数には限りがあります。▶問合せ 大中遺跡まつり実行委員会事務局(郷土資料館内)☎079(435)5000

大中遺跡公園駐車場付近でイルミネーションも同時開催
▶日時 11月21日(土)~28日(土) 17:00~21:00
※いずれの催しも開催日時は変更になる場合があります。

マスク着用など感染防止対策をして、ご来場ください。




子育て支援センターからのお知らせ(稲美町) 2020.11.10.

申込・問合先 こども課 育児支援係(子育て支援センター) ☎492-9090

●ネンネの会
助産師、栄養士、保健師を交えて日常の育児について相談したり、親子のリラクゼーション遊びが体験できます。申し込みはいりません。
【と き】 11月26日(木)10:00~11:00
【ところ】 いきがい創造センター 多目的ホール
【対 象】 0歳児とその保護者
【持ち物】 バスタオル

●ヨチヨチの会
歯科衛生士による、親子で楽しく学べる「歯のお話」があります。また、保健師、栄養士、子育て支援員による子育て相談も行います。申し込みはいりません。
【と き】 12月10日(木)10:00~11:00
【ところ】 いきがい創造センター 多目的ホール

●ツインズ(多胎児ママの会)
多胎児を育児中のママ達が、日常の育児や工夫していることなどを話し合っています。現在多胎児を妊娠中のお母さんも気軽にご参加ください。申し込みはいりません。
【と き】 12月7日(月)10:00~11:00
【ところ】 いきがい創造センター 子育てルーム
【対 象】 多胎児の保護者(子ども同伴可)




播磨町 緊急通報システム(N ET119) 2020.11.10.

音声による119番通報が困難な方のための緊急通報システムです。分かりやすく、簡単な操作で、確実な通報が行えます。
携帯電話やスマートフォンのWEB機能(チャット機能)を利用して文字による緊急通報を行うもので、通報者はボタン操作だけで通報内容を伝えることができ、救急車や消防車の要請ができます。
▼対象 音声による119番通報が困難な人で播磨町に居住、在勤、在学している人
▼利用条件 インターネットが利用できるスマートフォンや携帯電話を所持し、事前に利用登録をすること
▼登録方法 スマートフォンや携帯電話を持って福祉グループ(窓口④)までお越しください
▼問合せ・申請窓口 福祉グループ 📠079(435)0831




産前産後期間の保険料が免除されます(播磨町) 2020.11.08.

▶問合せ
加古川年金事務所 ☎079(427)4740
保険年金グループ ☎079(435)2581

国民年金第1号被保険者が出産を行った際に、出産前後の一定期間の国民年金保険料が免除される制度が平成31年4月から始まりました。産前産後期間として認められた期間は、保険料を納付したものとして老齢基礎年金の受給額に反映されます。
産前産後期間の保険料を前納している場合、全額還付されます。
▶免除期間
・出産予定日または出産日が属する月の前月から最大4カ月間
・多胎妊娠の場合、出産予定日または出産日が属する月の3カ月前から最大6カ月間
▶対象
国民年金第1号被保険者で出産日が平成31年2月1日以降の人
▶届出時期
・出産予定日の6カ月前から
・平成31年2月1日以降の出産であれば、出産後の届け出はいつでも可能
▶申請
加古川年金事務所または保険年金グループ
▶必要書類
①年金手帳または納付書など基礎年金番号のわかるもの
②印鑑(朱肉を使うもの)
③母子健康手帳(出産予定日または出産日の記載があるもの)




個人事業税第2期分の納期限は 11月30日㊊です 2020.11.06.

第1期分と併せて8月に送付している納付書により金融機関やコンビニエンスストア(30万円以下に限る)で納付してください※新型コロナウイルス感染症の影響で納税が困難な人は、一定の要件により県税の徴収が猶予されるので納期限までに相談してください。
問合先 加古川県税事務所課税第1課
☎ 079(421)9902 📠 079(421)4732




播磨町 郷土資料館 11月イベント情報 2020.11.05.

☎079(435)5000
11月の休館日 2日、9日、16日、24日、30日

土器・埴輪をつくろう
粘土で土器や埴輪などを作り、2週間後に、野焼きで焼き上げます。
▼日時
土器・埴輪づくり 11月15日㈰ ①午前10時~、②午後1時〜
野焼き 11月29日㈰ 午前10時~午後3時(参加時間30分程度)
※作品は29日㈰午後3時以降に持ち帰れます。
▼場所 学習室ほか
▼定員 ①、②いずれも先着8人
▼費用 400円
▼申込み 事前に申し込みが必要




稲美町 産後ケア事業をご利用ください! 2020.11.03.

出産後に、家族などから家事や育児の支援が受けられず、健康面や育児に不安があるお母さんを対象に、出産後のお母さんと赤ちゃんの新生活を支援するため、「産後ケア事業」を実施しています。
ひとりで悩まず、気軽にご相談ください。
例えば・・・
産後、体力が十分に回復していない
赤ちゃんの成長が心配
授乳に困っている
日中、赤ちゃんと二人きりで不安
沐浴に自信がない      など

利用対象(下記のすべてに該当する人)
※医療行為が必要な人は利用できません。
*稲美町に住民登録のある産後4カ月未満のお母さんと赤ちゃん
*家族などから家事や育児などの十分な支援が受けられないお母さん
*自身が健康面や育児に対して不安などがあるお母さん
ケアの内容
*お母さんの心身の健康管理と生活に関する相談
*乳房のケアや相談
*赤ちゃんの発育や発達確認
*沐浴や授乳などの育児に関する相談、指導  など
利用できるサービスの種類・料金・期間など

種 類 利用料 多胎児の場合は( )の料金となります 利用できる期間
一般世帯 町民税非課税世帯 生活保護世帯
宿泊サービス 1日 3,750円(4,350円) 2,500円(2,900円) 1,250円 年間それぞれ
7日以内
通所サービス 1日 2,250円(2,700円) 1,500円(1,800円)  750円
半日 1,500円(1,800円) 1,000円(1,200円) 0円
訪問サービス 1回 1,500円 1,000円 0円

※実施機関により別途必要経費がある場合は、実費負担となります。
※宿泊サービス、通所サービス(1日)は、食事の提供があります。
利用できる施設
加古川市・高砂市の協力医療機関、神戸市・加西市の協力助産院
相談窓口・問合先
こども課 育児支援係「すくすく子育てサポートセンター」☎492-9154




11月は 『兵庫の教育推進月間」です(播磨町) 2020.11.03.

▶問合せ 学校教育グループ ☎︎079(435)0545

兵庫県教育委員会は、環境体験事業や地域に学ぶ「トライやる・ウィーク」、高校生ふるさと貢献・活性化事業~トライやる・ワーク~、さらには「スポーツクラブ21ひょうご」等と連携した体育・スポーツ活動など、学校や地域において、県民の皆さんの協力を得て、様々な教育活動を展開しています。そして、11月を「兵庫の教育推進月間」と設定し、学校、家庭および地域社会の連携のもとに展開されている活動を支援するとと
もに、子どもたちの教育への県民の皆さんの理解を一層深めるための取り組みを進めています。
播磨町でも、この「兵庫の教育推進月間」の趣旨にそって、教育委員会や各種団体、各学校園で様々な取り組みを展開しております。しかし、この度は新型コロナウイルス感染症対応のため、やむを得ず中止や参加制限などの変更も生じています。こうした中、各学校園では「学校の新しい生活様式」を取り入れつつ、子どもたちが学ぶ楽しさや喜びを実感できるよう、工夫して教育活動に取り組んでいます。引き続き、皆さんのあたたかいご理解とご協力をお願いします。

▶問合せ
・播磨小学校  079(437)9849
・蓮池小学校  078(943)2211
・播磨西小学校  079(435)3264
・播磨南小学校  078(942)0730
・播磨中学校  079(437)8147
・播磨南中学校  078(943)6622
・播磨幼稚園  079(437)0729
・蓮池幼稚園 078(942)8328
・播磨西幼稚園  079(435)3265
・県立播磨南高等学校  078(944)1157
・県立東はりま特別支援学校 079(430)2820
・学校教育グループ  079(435)0545
・生涯学習グループ  079(435)0565




令和2年度「トライやる・ウィーク」(播磨町) 2020.11.03.

今年で23年目を迎えるトライやるウィークですが、新型コロナウイルス感染症の影響により、例年行ってきました5日間の各事業所での体験活動ができなくなりました。
そこで、『地域に学ぶトライやるウィーク』の趣旨のもと、今年は地域に貢献する取り組みとして、奉仕作業や町内の清掃などを予定しています。
11月13日(金)午前
中学2年生(播磨中学校193人、播磨南中学校126人)が町内の至る所で活動します。
地域の皆さんにも、中学生にお声かけいただくとともに、ご指導いただけますようお願いします。




アーツ&クラフツ秋・明石城 2020.11.02.

木工、ガラス、皮革、布、陶器などジャンルを問わずさまざまなものづくりの作家が全国から集まり、“世界に一つだけ”のオリジナリティーあふれる作品を販売します。
と き 11月6日㊎~8日㊐ 10時~16時 ※雨天決行
ところ 明石公園西芝生広場入場無料
問合先 アルテフェスタ実行委員会
☎📠 078(597)6930




東ハリマくらし学校まちの先生募集 2020.11.02.

東播磨の人々の暮らしをもっと楽しくするために、「かこむ」で活動してくれる先生を募集しています。本年度からオンライン開催も可能になりました。“まちの先生”として東ハリマくらし学校をつくる仲間になって、一緒に東播磨を盛り上げていきませんか。
問合先 東播磨生活創造センター「かこむ
☎ 079(421)1136 📠 079(421)1148




「社会保険料(国民年金保険料)控除 証明書」が発行されます(播磨町) 2020.11.02.

▶問合せ
ねんきん加入者ダイヤル☎0570(003)004
加古川年金事務所☎079(427)4740
保険年金グループ☎079(435)2581

国民年金保険料は、所得税法及び地方税法上、健康保険料や厚生年金保険料などの保険料と同様に、社会保険料控除として納めた年の課税所得から控除することができます。
控除の対象となるのは、令和2年1月から12月までに納めた国民年金保険料の全額です。
自身の保険料だけでなく、家族の負担すべき保険料を支払っている場合、合わせて控除することができます。
社会保険料控除を受けるためには、控除証明書や領収証書など納めたことを証明する書類の添付が必要となります。
このため、令和2年中に納めた人には、11月上旬または翌年2月上旬に日本年金機構から「社会保険料(国民年金保険料)控除証明書」が送られますので、年末調整や確定申告の際には必ず添付してください。




2020.11.01.

文化会館(コスモホール)
☎ 079-492-7700 📠 079-492-7878
休館日 10月2日(月)・16日(月)

《聞政施行65周年記念事業》
稲美町吹奏楽団 コスモシンフォニックウィンズ 第4回 定期演奏会
と き 11月3日(火・祝)
開 演 14:00(開場13:30)
お詫び
今年度は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、出演団体関係者のみでの開催とさせていただきます。一般の人のご入場はできません。

緊急決定!コロナに負けるなソーシャルディスタンスコンサート
「秋川雅史 クリスマスコンサート」
と き 12月19日(土)
開 演 14:30(開場14:00)
入場料 一般  4,000円 中学生以下 2,000円【全席指定】
(未就学児の入場はご遠慮願います)
※チケット発売は、窓口のみです(電話での予約は受け付けていません)。
※なお、このコンサートは新型コロナウイルス感染症防止対策に準じて、客席は間隔を空け、開催します(約200人程度)。そのため、お連れ様との隣り合わせでのご鑑賞は
できませんのでご了承ください。
チケット発売日 11月8 日(日)10:00~発売開始 発売初日 お一人様2枚まで

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため下記公演は、中止とさせていただきます。

COSMO 夢コンサート
令和2年度の夢コンサート
ロシア国立モスクワアカデミー合唱団
と き 12月11日(金)
バレンタインピアノコンサート
と き 令和3年2月14日(日)
第22回COSMO夢コン音のフェスティバル
と き  令和3年3月7日(日)

下記の公演については、来年度以降に延期します(日程は未定)。

~ MASAX JAZZ Live Concert~ 100人限定ライブ
イルカ&太田裕美 ラブリー♥コンサート




訪問理美容サービスのお知らせ(稲美町) 2020.11.01.

寝たきりで調髪に行くことが困難な高齢者や障がい者に、理容師や美容師を派遣しています。
対  象
理容院や美容院に行くことが困難な人で、次のいずれかに該当する人(世帯)
・65歳以上の人のみの世帯
・重度心身障がい者のみの世帯
・高齢者と重度心身障がい者のみの世帯
内  容
3カ月に1回以内を限度に、委託契約事業者から理容師または美容師を派遣します。
費用負担
町が出張料を負担しますので、利用者は次の費用を負担してください。
カット   2,000円
丸刈り   1,000円
シャンプー 1,000円
顔そり   500円
申込・問合先
健康福祉課 高齢福祉係 ☎492-9137




高齢者用肺炎球菌ワクチンは 令和3年3月31日まで(稲美町) 2020.11.01.

定期接種として接種できるのは今年度の1回限りですので、早めに接種してください。
※既に肺炎球菌ワクチンを接種したことがある人 は対象外となります。
対  象
①令和2年4月2日から令和3年4月1日までに65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳に到達する人(4月下旬に予診票を郵送しています。)
②満60歳以上65歳未満の人で、心臓、じん臓または呼吸器に重い障がいのある人など
接種期間 令和3年3月31日(水)まで
接種費用 4,000円
※対象者のうち、生活保護法による被保護世帯または町民税非課税世帯の人は、接種費用(4,000円)を全額助成します。
詳しくは、下記の問合先までご連絡ください。
問合先 健康福祉課 健康推進係 ☎492-9138




高齢者インフルエンザ予防接種のお知らせ(稲美町) 2020.11.01.

高齢者に対するインフルエンザ予防接種を一部公費負担で実施しています。接種を希望する人は、事前に協力医療機関に予約のうえ、接種してください。

対  象
町内に住民票がある人で、接種当日に満65歳以上の人、または満60歳以上65歳未満の人で、心臓、じん臓または呼吸器に重い障がいのある人など
接種期間
令和3年1月31日(日)まで
接種回数
1回
必要なもの
予診票(協力医療機関にあります)、健康手帳(お持ちの人のみ)、町内に住んでいることが確認できるもの(健康保険証など)、接種費用(1,500円)
費用の助成
生活保護法による被保護世帯または町民税非課税世帯の人は、接種費用(1,500円)を全額助成しますので、下記の①または②により手続きしてください。
①接種時に「介護保険料額決定通知書(第1~3段階の人に限る)」を協力医療機関へ提示してください。
②接種前に身分証明書等をお持ちのうえ、健康福祉課で助成券を申請してください(代理人が申請する場合は、委任状または対象者の身分証明書が必要になり、原則郵送とします)。
問合先
健康福祉課 健康推進係 ☎492-9138

稲美町、加古川市、明石市、高砂市、播磨町内の協力医療機関で接種できます(事前に予約してください)。上記以外の兵庫県内医療機関で接種ご希望の人は、接種される1週間前までに健康福祉課へお越しください。




東播磨ファンタジー スタンプラリーの開催 2020.11.01.

東播磨の観光施設等をスマートフォンを使って巡るスタンプラリーを実施します。スタンプ獲得数に応じて抽選で景品をプレゼントします。詳細はこちらへ。
と き 10月19日㊊~12月20日㊐
問合先 東播磨県民局県民課ものづくり産業担当
☎ 079(421)9414 📠 079(424)9977




県立考古博物館 11月イベント情報 2020.11.01.

☎079(437)5589
11月の休館日 2日、9日、16日、24日、30日

特別展「兵庫ゆかりの武将たち―明智光秀とその時代―」
天下統一への歩みのなかで、県内各地で活躍した武将の肖像画や歴史資料・武具などを紹介するとともに、関連城跡から出土した考古資料などを展示します。
▼会期 11月29日㈰まで
▼観覧時間 午前9時30分~午後5時(入場は午後4時30分まで)
▼場所 特別展示室
▼観覧料 大人 500円 大学生 400円(各種割引有り) 高校生以下無料

特別展講演会「天下統一への道―苦悩する秀吉―」
▼日時 11月14日㈯午後1時30分~3時
▼場所 講堂
▼講師 鳥居和之(前名古屋市蓬左文庫長)
▼定員 72人
▼締切日 10月30日㈮
▼申込み 事前申込みが必要

関連イベント「三木合戦軍図絵解き」(三木市指定無形民俗文化財)
▼日時 11月15日㈰
①午後1時30分~ ②午後2時20分~
▼場所 講堂
▼語り手 生田淳仁
▼対象 小学生以上
▼定員 各回30人
▼締切日 10月30日㈮
▼申込み 事前申込みが必要
※申し込み方法などの詳細は、館のHPをご覧ください。




加古郡11月のリサイクルプラザ情報 2020.11.01.

☎079(437)7671
毎週月・火曜日休館

体験教室参加者募集
①ステンドグラスのクリスマスオーナメント作り
ステンドグラスでクリスマス用のオーナメントを作ります。
▼日時 11月6日㈮、7日㈯、20日㈮、21日㈯、22日㈰
午前9時30分~正午、午後1時30分~4時
▼費用 千円
▼定員 各回4人(6日、20日は各回2人)
▼対象 小学生以上(大人のみの参加も歓迎します)
▼持ち物 エプロン
※半田ゴテを使用しますので、必ず大人同伴(体験者1人につき、同伴者1人のみ)で参加してください。
※作品は後日の引き渡しとなります。
②モザイクガラスのクリスマスツリー作り
モザイクガラス(シーグラス風ガラス)と紙粘土で、クリスマスツリーを作ります。
▼日時 11月14日㈯、15日㈰、28日㈯、29日㈰
午前9時30 分~正午、午後1時30分~4時
▼費用 500円
▼定員 各回4人
▼持ち物 タオル1枚
▼対象 小学生以上(低学年は保護者同伴で、体験者1人につき、同伴者1人のみ)
※作品は後日の引渡しとなります。
※紙粘土で汚れてもいい服装できてください。

「第7回加古ちゃんの3Rフェスタ」開催延期
令和2年12月に開催を予定しておりました「第7回加古ちゃんの3Rフェスタ」は、新型コロナウイルスの感染状況を鑑み、今年度の開催を延期させていただきます。
(次回開催は、来年12月を予定しています)
開催を楽しみにしていただいていた皆さまには大変申し訳ございませんが、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。




播磨町で子育てしよう 2020.11.01.

北部子育て支援センター
子育て講座 ベビーマッサージ
ホホバオイルを使ったベビーマッサージです。ママの温かい手のぬくもりと優しい声で赤ちゃんの心と体をリラックスさせてあげながら、お母さんもゆったりとした時間を過ごしませんか。
※新型コロナウイルス感染予防対策として、時間の短縮と、定員の削減をして実施します。
▼日時 11月17日㈫午前10時~10時50分
▼場所 北部子育て支援センター
▼講師 滝川美紀
▼定員 先着10組
▼対象 令和2年4月~令和2年7月に生まれた乳児とその保護者
▼費用 オイル代200円
▼持ち物 バスタオル、水分補給できる飲み物
▼申込み・問合せ 11月2日㈪午前9時から受け付けます。費用を添えて申し込んでください(電話での申し込みは不可)
※初めての人を優先させていただきます。
北部子育て支援センター
☎︎078(944)0717
※駐車場が少ないので、徒歩か自転車でお越しください。




ふれあい交流館11月のイベント情報 2020.11.01.

ふれあい交流館
☎ 079-492-7700 📠 079-492-7878
休館日:10月2日(月)・16日(月) ※11月4日(水)は資料整理日です

《お知らせ》
今年度の稲美町あたご大学は、休校とさせていただきます。

第53回 稲美町菊花展
と き 11月8日(日)まで
ところ いなみ文化の森 南側駐車場
主 催 稲美町・稲美町教育委員会
共 催 稲美菊の会(ふれあい交流館サークル)

第52回 稲美町美術展作品募集
日本画、洋画、彫塑・工芸、書、写真の各部門の入選作品を展示します。多数のご来場をお待ちしています。
展示期間 11月4日(水) ~8日(日)
と  こ  ろ ふれあい交流館 2階ホール
主  催 稲美町・稲美町教育委員会
運営協力 稲美町美術協会

門松づくり参加者募集
松・竹・梅・葉ぼたんなどを寄せ植えして門松をつくります。
と  き 12月19日(土)13:30~14:30
と  こ  ろ いなみ文化の森 正面玄関前駐輪場
定  員 30人(先着順)
参  加  費 3,000円(材料費込、当日支払い)
受付開始 11月20日(金)9:00~



ページトップへ