4月 | 2020 | 兵庫県議会議員|岡つよし公式ホームページ


フォントサイズ変更

新着記事

月間アーカイブ

ツイッター

2020年4月の投稿記事一覧



令和2年度「食と健康づくりリーダー養成講座(いずみ会リーダー養成講座)」受講生募集 2020.04.16.

いきいきと毎日を過ごすための健康づくりや栄養バランスのよい食生活について学ぶ講座です。
と き 6月9日㊋~12月の火曜9時30分~12時30分(全9回)
ところ 加古川総合庁舎
料 金 無料(テキスト代、実習費は必要)
定 員 20人
申・問 6月2日㊋までに電話、ファクスで加古川健康福祉事務所健康管理課へ
☎079(422)0002 📠079(422)7589
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、中止または延期する場合があります。




5月からペイペイでも町税の納付ができます(播磨町) 2020.04.15.

5月1日から、スマートフォンなどで納税ができる「PayB(ペイビー)・LINEPay(ラインペイ)」に加えて「PayPay(ペイペイ)」で納税ができるサービスを開始します。
PayPay(ペイペイ)は、納付書のバーコードをスマートフォンやタブレットなどで読み取るだけで、事前にチャージしておいた金額から手数料不要で支払いができます。
納付書を金融機関やコンビニエンスストアの窓口に持って行く必要なく納税ができ、さらにPayPay(ペイペイ)ボーナスが付与される場合があります。
▶対象税目 町・県民税、固定資産税、軽自動車税、国民健康保険税
※1枚30万円以下の納期限を過ぎていない納付書が使用できます。
※操作方法、PayPayボーナスなど詳しくはPayPayのホームページでご確認ください。
※アプリケーションのインストールや利用決済時の通信料はかかります。
▶問合せ 税務グループ☎079(435)0358




令和2年度「人権教育・啓発に関する事業」のお知らせ(稲美町) 2020.04.15.

ひろげよう こころのネットワーク

人権教育課では、今年度も様々な事業を通して、稲美町内に広く人権文化を進めていきます。 お誘いあわせのうえ、どうぞご参加ください。

 ① 自治会別人権学習「ふれあい学習会」
町内自治会の公会堂や集会所で、年一回、身近な人権課題やまちづくりについての「ふ れあい学習会」を開催します。時期や学習内容については、自治会長、生涯学習推進員(人権学習担当)、ふれあい学習アドバイザーを中心にご相談いただき、事務局で日程調整後、各自治会の担当の人からお知らせしていただきます。
②人権啓発講座「ほっとホットセミナー」
各方面から講師をお招きし、様々な人権課題について、豊富なご経験に基づきお話していただきます。当日、直接会場にお越しいただければ、どなたでも参加することができます。開催日時や講師については、決定次第、広報いなみ等でお知らせします。
③体験から学ぶ人権講座「稲美町じんけんわくわくスクール」
小学生と保護者を対象に、様々な人と出会い、自然、文化にふれあい、人権尊重の心を育むことを目的とした「体験型人権学び講座」を開催します。各小学校を通じて講座生を募集し、5月中旬から開講する予定です。
④人権大会・フェスティバル・研究大会の開催
・第34回稲美町人権大会(こころあった会) 8月30日(日)
講演会 講師 テレジンを語りつぐ会 代表 野村 路子さん
・2020いなみ人権・福祉フェスティパル12月5日(土)
講演会 講師 やきつべの径診療所 夏苅 郁子さん
・第40回稲美町人権・同和教育研究大会令和3年1月30日(土)
町内の学校園・地域団体・職場における人権・同和教育の実践発表と情報交換の場です。
(間合先)人権教育課 ☎492・2550




ふれあい交流館4月のイベント情報 2020.04.14.

休館日 4月6日(月)・20日(月)

◆いなみ野山野草展~春~
春を飾る山野草が、皆さんをお待ちしています。
と き 4月25日(土) 9: 00~17:00 4月26日(日) 9:00~16:00
ところ ふれあい交流館研修室・ギャラリー
主 催 稲美町・稲美町教育委員会
主 管 <ふれあい交流館サークル> いなみ野山野草の会

◆さっき盆栽展
季節の盆栽・山野草を多数展示します。
と き 5月29日(金) ~ 31日(日) 9:00~17:00 (ただし、31日(日)は15:00まで)
ところ ふれあい交流館2階ホール
主 催 稲美町・稲美町教育委員会
主 管 <ふれあい交流館サークル> 稲美町盆栽同好会

※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、中止または延期する場合があります。




募集します!まちづくり活動サポート補助金(稲美町) 2020.04.13.

住民団体の皆さんが新たに取り組む自発的なまちづくり活動に対して、その活動に要した経費の一部を補助する制度です。補助を希望される団体はぜひご応募ください。
制度内容
事業費総額が10万円以上で、まちづくり活動に貢献する公益的な事業(分野は問いません)の実施に必要な経費について、1事業につき10万円を限度に補助します。
同じ団体への補助金の交付は、1年度に1事業となります。
※応募のあった事業については、審査会を開催し、補助金の交付・不交付を決定します。
※国や地方公共団体などから補助・委託等を受けている団体や、趣昧的な活動を行う団体は対象となりません。
※政治・宗教・営利を目的とする団体は応募できません。
募集期間
4 月1 日(水)~5 月7 日(木)
申請書は町ホームページに掲載しているもの、または企画課窓口に備え付けのものを使用してください。
対象となる要件など、詳しくはお問い合わせください。
令和元年度補助事業例
・野菜(大根など)を参加者自らが収穫する収穫祭を開催し、町のにぎわいを創造する。
・「手づくり」にこだわったフェスを開催し、交流人口の増加を図る。
・コスモス畑やサツマイモの収穫体験を通して、地域の交流を図る。
・地域の高齢者に対する健康、いきがいづくりと住民の交流の場所の提供。
お問い合わせは、企画課政策・行革係(☎492-9130)まで




結婚して稲美に住もう!「結婚新生活支援補助金」 2020.04.13.

ー引越費用や住居費用を助成します一
定住促進、少子化対策を推進するため、結婚を機に、町内で新生活を始める夫婦に対し、引越費用や住居費用(購入・賃借費用)について18万円を上限に助成します。
対 象 次の条件をすべて、満たす夫婦
①令和2年1月1日以降に婚姻届を提出し、受理された夫婦
②夫婦の所得の合計が340万円未満
※所得の要件は緩和される場合があります。
③夫婦の年齢がともに34歳以下
④助成対象となる住宅が町内にあり、住民登録のうえ、居住している
⑤町税等の滞納がない など
申込方法などの詳細は、町ホームぺージをご覧いただくか、企画課までお問い合わせく
ださい。
お問い合わせは、企画課政策・行革係(492-9130)まで




懐かしい仲間と集まろう!ふるさと稲美町同窓会支援事業 2020.04.13.

同窓会の案内を、町ホームページなどに掲載しませんか?
対 象
町内の小学校、中学校及び高等学校の卒業生で、学校、学年、学級及び部活動の単位で開催される同窓会で、開催人数が10人以上のもの
支援内容
①開催案内などを町ホームページ、町フェイススブックに掲載
②コミュ二ティセンターを使用する場合は使用料減免
メリッ卜
「ホームページ」
・検索が、簡単!稲美町Jで検索すると出てきます。
・期間を決めて掲載できる!長期間の掲載も可能です。
「フェイスブック」
・リアルタイムな情報発信が可能!
タイムラインが新しい情報に更新されていきます。
・写真も掲載できる!
写真があると目にとまりやすく、効果的に周知できます。
お問い合わせは、企画課政策・行革係(☎492-9130)まで




おおきくな~れ(子育て支援センター) 2020.04.12.

子育て支援センターに遊びにきませんか
今回は、0歳から4年間支援センターに参加されているママからの、感想を紹介させていただきます。
私が支援センターデビューしたのは、息子が5カ月になった頃。人見知りの私には、はじめの一歩を踏み出すのに少し勇気がいりましたが、そんな緊張や不安が吹き飛ぶくらい、先生方が温かく迎えてくださったのをよく覚えています。
親子が自由に遊ぶ中で見えてくる子どもの成長や、様々な行事を体験する中で発見できる子どもの成長があり、親子共々充実した時間を過ごせています。また、母親クラブの活動を通じて、子育ての情報交換をしたり、共に悩み、共に喜び合える仲間がいることがとても心強いです。いつでも相談できる場所がすぐそこにある安心感から、子育てにゆとりが生まれたようにも思います。
息子にとっても、私にとっても、かけがえのない大切で大好きな場所。それが支援センターです。
松本 明日香

子どもが成長する前は、子どもがぐずったりして、しんどいことが多くあります。
そんな時、子どもと一緒にいろいろな経験をする事で、親も子どもも成長できると思われます。子育てのつらさや楽しさをみんなで分かち合い、ゆったりと子育てをしていきましょう。




まちづくりに協働で取り組む団体募集(播磨町) 2020.04.12.

住民協働推進事業
▼申込み・問合せ 企画グループ☎079(435)0356

まちづくりに取り組む公益・非営利の法人や既に活躍されている住民活動団体(以下まちづくり活動団体)から、専門性・柔軟性などを活かした地域やまちの公益のための活動の提案を募集し、まちづくり活動団体と町の協働事業として実施することを目的としています。
▼募集する〝まちづくり活動団体〞とは
・町内で公益性のある活動をするNPO法人、公益法人
・活動実績があり、住民に認知されている町内の団体
・ゆめづくり塾OB
▼役割分担
まちづくり活動団体・・・町の施策により実施する必要がある取り組みを主体的に実施する
町・・・まちづくり活動団体を側面から支援し、まちづくり活動団体では対処が困難な部分を担う
▼活動期間 令和3年3月末までで必要な期間
▼選考 事業に関連する担当部署に提案内容についての意見を求めたうえで、運営委員会により選定採択が決定した提案に対して、20万円を上限とし、活動に必要な経費を支払います。
▼締切日 4月24日㈮
▼応募方法 応募用紙などは、町ホームページからダウンロードできます。企画グループ、中央公民館、各コミセン、土山駅南交流スペースでも配布しています。




播磨ゆめづくり塾塾長募集 2020.04.12.

▼申込み・問合せ 企画グループ ☎079(435)0356

播磨町を素敵なまちにしたい!というあなたの思いを塾のテーマとして、あなたがリーダー「塾長」となって夢のあるまちづくりにチャレンジしてみませんか。
播磨ゆめづくり塾は、まちづくりに関するテーマをもとに、住民の皆さん自らが研究・活動・提言などをしていただくことで、地域で活動するリーダーや団体を育成するための事業です。自由な発想と多くの人との交流を通して皆さんが自らの運営により研究・活動し、成果をまとめていただきます。
ゆめづくり塾活動終了後に、NPO法人や各種のボランティアグループで活躍している人もいます。
▼塾の選考 運営委員会の選考により選定
▼応募資格 町内在住または在勤の人
▼活動期間 令和3年3月末まで
採択された塾には、予算の範囲内において、活動資金として研究委託料(上限20万円)をお渡しします
▼締  切  日 4月24日㈮
▼応募方法 応募用紙などは、町ホームページよりダウンロードできます。企画グループ、中央公民館、各コミセン、土山駅南交流スペースでも配布しています




西部隣保館使用中止のお知らせ(稲美町) 2020.04.10.

西部隣保館工レベーター設置等工事に伴い、利用者の安全を考慮するため、工事期間中は下記のとおり施設の使用を中止します。
利用者の皆さんには大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。
使用中止期間
4月1日(水)~8月31日(月)(予定)
使用中止概要
①館の使用(貸館):すべて中止
②相談業務(人権相談・生活就労相談):電話相談は通常どおり受付します。
来館による相談をご希望される場合は、別施設で受付します(電話等で日時、場所を調整させていただきます)。
間合先 西部隣保館 ☎492-3119




ふるさとひょうご創生塾第25期生募集 2020.04.10.

地域コミュニティーをより良くする地域活動のノウハウと実践力を身に付ける塾生を募集しています
◆期間=5月~4年3月(2年)
と き 1年次は原則毎月第2・3土曜と宿泊研修(6月)、
2年次は原則土曜(年10回)とチームでの実践活動
ところ 神戸クリスタルタワー
定 員 30人
費 用 3万円(年額)
申・問 4月30日㊍(必着)までに所定の申込書をファクス、郵送で。
(公財)兵庫県生きがい創造協会 ふるさとひょうご創生塾
〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1-1-3 神戸クリスタルタワー6階
(生涯学習情報コーナー内)へ
☎078(360)9015 📠078(360)9016
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、中止または延期する場合があります。




県立考古博物館 4月イベント情報 2020.04.08.

☎079(437)5589
4月の休館日 6日、13日、20日、27日

播磨大中古代の村リニューアル記念 特別展
「弥生時代って知ってる? ―2,000年前のひょうご―」
近年の研究の進展により、弥生時代は約1千年以上の長い時代であったといわれています。水田稲作・金属器の使用がはじまり、大陸などとの交流が活発となり、ムラからクニへと大きな社会の変化が起きた時代です。弥生時代のさまざまなトピックをわかりやすく紹介します。
▼会期 4月18日㈯~7月5日㈰
▼観覧時間 午前9時30分~午後6時(入場は午後5時30分まで)
▼場所 特別展示室
▼観覧料 大人 500円、大学生 400円(各種割引有り)、高校生以下無料

毎日できる古代体験
●無料メニュー
組ひもづくり(製作時間約15分。6歳以上対象)、
古代の火おこし(所要時間約15分)、
土器あわせ、ぬりえ、パズル
●有料メニュー(材料代)
まが玉づくり(製作時間約1時間)、
ミニミニ石包丁づくり(製作時間約1時間)
▼時間
午前の部 10時~正午(午前11時30 分 受付終了)
午後の部 1時~3時30分(午後3時 受付終了)

※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、中止または延期する場合があります。




播磨町 郷土資料館 4月イベント情報 2020.04.08.

☎079(435)5000
4月の休館日 6日、13日、20日、27日

ボランティア募集
郷土資料館で開催している親子文化財教室などの行事全般のボランティアを募集します。講師から指導を受けながら、1年を通じて一緒に学び、活動して頂ける資料館行事にご理解のある人を町内外を問わず広く募ります。
※詳しくは、応募された人を対象に説明会を実施します。

弓矢をつくる
古代と同じ材料で弓矢をつくり、イノシシを的に狩りをします。作った弓矢は持ち帰れます。
▼日時 4月19日㈰午後1時~3時
▼場所 学習室ほか
▼対象 小学4年生以上
▼定員 先着10人
▼費用 200円
※事前に申し込みが必要です。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、中止または延期する場合があります。




播磨大中古代の村リニューアル記念特別展「弥生時代って知ってる?-2,000年前のひょうご-」 2020.04.06.

米作りが始まり、社会が大きく変化した弥生時代のひょうごを紹介します
と き 4月18日㊏~7月5日㊐9時30分~18時(入場は17時30分まで)
ところ 県立考古博物館特別展示室
料 金 大人500円、大学生400円、高校生以下無料
問合せ 県立考古博物館 ☎079(437)5589 📠079(437)5599
※最新の開催状況については、お問い合わせください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、中止または延期する場合があります。




第5回はりま 風薫るフェスタ 2020.04.05.

ふれあいと学びをテーマに、さわやかな気候の中「楽しい!」が盛りだくさんの春の青空イベント。ぜひ、お越しください。

日 時 4月25日(土)入場無料 10:00~15:00 ※雨天の場合26日(日)に順延。
場 所 大中遺跡公園・野添であい公園・野添北公園
主 催 播磨町、播磨町教育委員会
主 管 はりま風薫るフェスタ実行委員会
共 催 (社福)播磨町社会福祉協議会、兵庫県立考古博物館、
NPO法人スポーツクラブ21はりま
問合せ 生涯学習グループ ☎0 7 9(4 3 5)0 5 6 5  📠0 7 9(4 3 7)4 1 9 3
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、中止または延期する場合があります。




コスモホール4月のイベント情報 2020.04.05.

◆COSMO 夢コンサート 入場無料
~第一水曜日の夜7時から夢コンサートでひとときを!~
4月8日(水) 開演19:00(開場18:30)
vol.277 夢コンサート
【出演:加古川力マームジーク及びポス力の会】は、新型コロナウイルス対策のため、中止させていただきます。ご了承ください。
5月6日(水・休) 開演19:00(開場18:30)
vol.278 β(ベー)【クラシック他】
コスモシンフォニックウィンズ【吹奏楽】
※夢コンサートはボランティア(オペレータクラブ、レディーサークル)で運営しています。ただいま会員募集中!舞台設営の見学もできます。お気軽にお問い合わせ、またはお越しください。

第28回コスモ吹奏楽祭
町内の2中学に加え、近隣の中学・高校、大学の吹奏楽部、コスモシンフォ二ツクウィンズ等の団体で吹奏楽祭を開催します。
と き 7月5日(日)
開 演 14:0 0 (開場13:30)
※4歳以下のお子様の入場はお断りします。
と き
 3月8日(日)
開 演 13:30(開場13:00)
出演団体 コスモ夢コンサート出演団体
※4歳以下のお子さまの入場はお断りいたします。
(入場無料・全席自由)要入場整理券 5月3日(日・祝)9:00~発行開始

※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、中止または延期する場合があります。

 




加古郡4月のリサイクルプラザ情報 2020.04.03.

☎079(437)7671
毎週月・火曜日休館

加古ちゃんのリサイクルせっけん
加古郡リサイクルプラザでは、加古ちゃんのリサイクルせっけんを製造・販売しています。播磨町のご家庭から出される食用廃油を原料としていて、生分解性が早く、水質を守ります。また石油系の界面活性剤、蛍光剤、漂白剤、香料などは一切使用していませんので、人と自然にやさしい粉せっけんとも言えます。
汚れの酷い運動靴や作業服だけでなく、換気扇やコンロ回りなどの油汚れにも最適です。ぜひ一度お買い求めください。
「加古ちゃんのリサイクルせっけん」1㌔袋入り 200円
▼販売場所 町内の各コミセン、すこやか環境グループ、加古郡リサイクルプラザ

体験教室参加者募集
播磨町、稲美町以外の人は費用が2割増しになります。
作品は後日の引き渡しとなります。
①ステンドグラスの”こいのぼり“作り
ステンドグラスを半田でつないで、こいのぼりを作ります。
※半田ゴテを使います。
▼日時 4月10日㈮、12日㈰、18日㈯ 午前9時30分~正午、午後1時30分~4時
▼対象 小学4年生以上で保護者同伴(大人も体験可)
▼定員 各回2人
▼費用 千円
②ステンドグラスの”兜かぶと“作り
ステンドグラスを半田でつないで、兜を作ります。
※半田ゴテを使います。
▼日時 4月11日㈯、19日㈰午前9時30分~正午、午後1時30分~4時
▼対象 小学4年生以上で保護者同伴(大人も体験可)
▼定員 各回4人
▼費用 千円
③ガラスの時計作り
板ガラスの上に色ガラスを使って絵や文字を描きます。
▼日時 4月25日㈯、26日㈰午前9時30分~正午、午後1時30分~4時
▼対象 小学生以上(大人も可)で低学年は保護者同伴
▼定員 各回8人
▼費用 1千500円
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、中止または延期する場合があります。




4月2日〜8日 発達障害啓発週間(播磨町) 2020.04.01.

4月2日 世界自閉症啓発デー
▼問合せ 福祉グループ ☎079(435)2361

平成19年の国連総会において、毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」とすることが決議されました。日本でも発達障害者支援法に基づき、4月2日からの1週間を「発達障害啓発週間」と定め、自閉症を含む発達障がいについての正しい理解を深める取り組みをしています。
自閉症をはじめとする発達障がいについて理解していただくことは、誰もが幸せに暮らすことができる社会の実現につながると考えています。

自閉症とは
自閉症は、「常に自分の殻に閉じこもっている状態」と考えられたり、「親の育て方や本人の努力不足が原因ではないか」と思われることがありますが、これは正しくありません。脳の発達の違いから、「他人の気持ちや感情を理解すること」「言葉を適切に使うこと」「新しいことを学習すること」などが苦手であり、一般的な常識と思われることを身につけることも苦手です。このため、まじめに取り組んでいても誤解されることがあります。
なお、自閉症の人たちは、自分の感じたままに話したり行動したりすることがあり、感覚が過敏であったり、記憶が抜群の人がいます。
このような自閉症の人たちの行動や態度の意味を理解していただき、愛情をもって支援してくださるようお願いします。




第6次稲美町総合計画審議会 公募委員の募集 2020.04.01.

~自分たちのまちづくりに是非ご参加ください~
町民の皆さんの幅広い視点から、まちづくりの基本的方向を示す第6次総合計画の内容を審議していただく人を募集します。なお、応募者多数の場合は応募者の中から選考し、委員に委嘱します。
●募集人員 若干名
●任  期 審議が終了するまで(概ね令和4年3月末まで)
●応募資格
・20歳以上の町内在住者
・年4回程度(計8回程度)、平日夜間の会議に出席でき、個人の立場で自由に発言できる人
・現在、町の他の審議会等の委員でない人
●応募方法 企画課備え付けの応募用紙または書面に、住所、氏名、電話番号、応募動機
(200文字以上400文字以内)等を記入のうえ、役場企画課政策・行革係に提出してください。(FAX、メールでも可)
受付期間 4月1日(水)~4月24日(金)
間  合  先 企画課政策・行革係 ☎492-9130 FAX492-5162
Email kikaku@town.hyogo-inami.lg.jp




「人の心が和む稲美町」をめざして! 2020.04.01.

令和の時代を迎え、先人達から受け継いできた美しし田園風景と、新たな人の流れを呼び込む活力あふれるまちづくりとの調和を図ることで、「人の心が和む稲美町(まち)」をめざして誠心誠意、取り組んでまいります。

『子育て支援』
子育て世代と高齢者等の多世代が交流できる子育て支援拠点施設の建設工事に取り組むとともに、保育所に対する保育士の人材確保の取り組みを促進し、さらに「子育てしやすいまち」をめざします。

『公共交通』
事前予約によりドア・ツー・ドアで自宅から町内の目的地ヘ送迎するデマンド型乗合タクシーを導入し、地域における交通手段の確保をめざします。

『土地利用の推進』
稲美北東部地区の土地利用基本計画の調査事業を進めるとともに、菊徳地区土地区画整理事業を推進し、調和のとれた土地利用を進めます。

『福祉の充実』
定期巡回・随時対応型の訪問介護看護事業所を地域介護の拠点として整備するとともに、障がいのある人が気軽に相談できる基幹相談支援センターを設置します。また、高齢者や障がいのある人が利用するタクシー券の利便性を拡充し、誰もが安心して暮らせる福祉社会の実現をめざします。

『教育環境の整備』
母里小学校の大規模改造Ⅲ期工事、稲美北中学校の大規模改造V期工事を実施します。また、天満幼稚園においては、3歳児教育実施に向けた園舎増築工事の実施設計等に取り組み、教育環境の充実をめざします。

お問い合わせは、企画課政策・行革係(☎492-9130)まで




子育て支援センターをご利用ください(稲美町) 2020.04.01.

子育て支援センターは、いきがい創造センターの2階にあります。子育てで困った時、不安な時、遠慮なくお電話ください。秘密は厳守します。面接を希望される人は、事前に予約が必要です。電話でのご相談は、下記の時間帯におかけください。
と き 月曜日~金曜日(祝日は除く)  8 :3 0~ 17 : 1 5
お問い合わせは、子育て支援センター(☎492・9090)

子育ての情報発信は?
(※下記の情報は、町ホームぺージからもご覧いただけます)
1.子育て情報新聞「もも」
町内の子育てに関する情報や、身近な子育て仲間の思いなどを掲載しています。
(月1回発行)
2.育児日誌
子育て支援センターのスタッフが、子育てに関する思いを綴っています。
(月1回ホームページに掲載)
3.子育てひろばスケジュール
町内の子育てひろばの開催日や内容を力レンダーにして掲載しています。
(月1回発行)

ツインズ(多胎児ママの会)
多胎児の保護者と妊婦を対象に、多胎児ならではの育児の悩みや喜び、そしてアイデアを情報交換しています。今年度は、下記の日程で開催します。
① 4月6日(月)  ④ 10月5日(月)
② 6月1日(月)  ⑤ 12月7日(月)
③ 8月3日(月)  ⑥ 2月1日(月)
[とき] 10 :O O~ 11 :3 0
[ところ]いきがい創造センター子育てルーム
※申込不要

ネンネの会・ヨチヨチの会
保健師・栄養士・助産師・歯科衛生士から、月齢に応じた対応を相談できる場です。
座談会では、参加者同士が日常の子育ての様子を語り合っています。
ネンネの会          ヨチヨチの会
(0歳児対象)           (1歳児対象)
① 5月28日(木)         ① 4月9日(木)
② 7月30日(木)         ② 6月11日(木)
③ 9月24日(木)         ③ 8月6日(木)
④ 11月26日(木)         ④ 10月8日(木)
⑤ 1月21日(木)           ⑤ 12月10日(木)
@ 3月25日(木)         ⑥ 2月4日(木)
[とき] 10: 00~ 11 :3 0
[ところ]いきがい創造センター多目的ホール
※申込不要

1歳遊びの会
遊びを主にした1歳児の会です。他の親子ともゆっくり交流していただけます。
① 5月14日(木)    ④ 11月12日(木)
② 7月9日(木)      ⑤ 1月14日(木)
③ 9月10日(木)    ⑥ 3月11日(木)
[ とき] 10 :00~ 11 :3 0
[ところ] いきがい創造センター子育てルーム
[定員] 1歳児とその保護者15組
[申し込み] 前月の第2木曜白から募集開始し、定員になり次第締め切ります。

公認心理師・臨床心理士による子育て相談日
①5月11日(月)   ④ 11月9日(月)
②7月13日(月)   ⑤ 2月8日(月)
③9月11日(金)   ⑥ 3月5日(金)
[ところ]いきがい創造センター 相談室
[時 間] 1人1時間
[申 込]先々の予約可、託児有

出会いの広場
0歳児~就学前の子どもとその保護者が自由に遊びながら、交流を深める場です。
子育てルームを下記の時間帯に開放しています。
午前 水曜日・第2・4月曜日 9 : 00~12 : 00
午後 月曜日~金曜日    13 :00~ 16 : 30

※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、中止または延期する場合があります。




播磨町で子育てしよう(子育て支援センター) 2020.04.01.

子育て支援センターで子育て相談ができます
日頃の子育ての中で困っていることや、気になっていることはありませんか。
一人で悩まないで、相談してください。
●臨床心理士による相談
4月から曜日が変更になります。予約が必要です。
▼日時
▽北部子育て支援センター 第1木曜日午後1時~3時
▽南部子育て支援センター 第4木曜日午後1時~3時
※祝日などにより変更の場合があります。詳しい日程は、広報はりまの各種相談のページをご覧ください。
●子育て支援員による相談
予約は不要です。
▼日時 月~土曜日 午前10時~午後4時
北部子育て支援センター ☎︎078(944)0717
南部子育て支援センター ☎079(437)4188
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、中止または延期する場合があります。




各種利用券の申請をお忘れなく(稲美町) 2020.04.01.

4月1日(水)から受け付けます

高齢者優待利用券(タクシ一利用券)が2枚利用できます!
65歳以上の高齢者に対して、パス・タクシーの利用券を申請により交付しています。
4月から、タクシー利用券は1回の乗車利用額が1.320円以上の場合は2枚利用できるように拡充しました。 さらに使いやすくなりましたので、下記の条件にあてはまる人は、手続きをお願いします。
[対象その1]
65歳以上75歳未満で、次にあてはまる人
・平成31年度の町民税非課税世帯の人で、居宅において、外出時にパス・タクシーの利用を必要とする人
[対象その2]
75歳以上で、次にあてはまる人
・後期高齢者医療保険1割負担の人で、居宅において、外出時にパス・タクシーの利用を必要とする人
※令和元年8月以降に75歳以上の人にお渡ししたタクシ一利用券の表紙の裏面の注意事項には「1回の利用につき初乗運賃が助成されます」とありますが、4月1日からは75歳以上の人も同様に、1回の乗車利用額が1.320円以上の場合は2枚(660円x2枚)利用できます。
[利用券の種類と交付枚(冊)数]
○パス・・・1カ月あたり1冊(1,320円相当)の回数乗車券をお渡しします(利用は稲美町発
着の神姫パスに限ります)。
○タクシー・・・1カ月あたりタクシ一利用券4枚(2,640円)をお渡しします(利用は町と契約しているタクシー会社に限ります)。
※有効期限が令和2年7月31日のパス・タクシー券をすでにお持ちの75歳以上の人は、重複して交付できません。新しい利用券は、令和2年8月から受付を開始します。詳しくは「広報いなみ8月号」をご覧ください。
※平成31年度のパス・タクシー券(有効期限が2020年3月31日のもの)で使用されなかった利用券は、必ずお返しください。
[申請・間合先]
健康福祉課 高齢福祉係 ☎492-9137

重度障がい者(児)福祉タクシー利用券が3枚まで利用できます!
在宅の重度障がい者(児)に対して、タクシーの利用券を申請により交付しています。
4月から、タクシー利用券は1回の乗車利用額が1.500円以上の場合3枚まで利用できるように拡充しました。
[対象]
次の① から③ のいずれかにあてはまる在宅の人
① 身体障害者手帳1級または2級の人
②療育手帳A判定の人
③精神障害者保健福祉手帳1級の人
※高齢者優待利用券と重複して交付はできません。
[利用券の種類]
1枚500円の助成利用券を年間72枚(利用は町と契約しているタクシ一会社に限ります)
[利用方法]
1回の乗車利用額が1.000円未満の場合はl枚、1,000円以上1,500円未満の場合は2枚、1,500円以上の場合は3枚まで利用できます。また、ストレッチャーを利用した場合は、ストレッチャー使用料金として、2,000円(上限)を別途助成します。
[申請方法]
3月に実施したアンケートに基づき、希望者全員のご自宅へ利用券を郵送します。
なお、年度途中から希望される人は、障害者手帳と印かんをお持ちのうえ、窓口で申請してください。
[申請・間合先]
地域福祉課 障がい福祉係 ☎492-9136

lまり・灸・マッサージ利用券
65歳以上の高齢者を対象に、はり・灸及びマッサージ利用券を申請により交付します。
[対象] 65歳以上の人
[助成内容]
年間12枚(l枚につき1.000円の割引)のチケットを交付します。
利用は、稲美町・加古川市・明石市などの、町と契約している施術所に限ります。
この利用券は、各種保険診療による治療の場合は使用できません。
[申請・間合先]
健康福祉課 高齢福祉係 ☎492-9137




播磨町健康いきいきセンターだより 2020.04.01.

☎079(435)5578

トレーニング室やスタジオのレッスンを初めて利用する人はトレーニングの初回講習が必要です。事前にお電話でお問い合わせのうえ、ご予約ください。
●いきいきセンター初回講習会
▼日程
火曜日 午後1時、7時
水曜日 午前11時、午後1時
木曜日 午後1時
金曜日 午前11時、午後7時
土曜日 午後2時
日曜日 午後3時
※講習時間は約1時間程度。
※講習日時にどうしても都合がつかない人はご相談ください。
▼持ち物 印鑑、利用料(一般500円、播磨町在住の65歳以上 250円)、室内用シューズ、トレーニングウエア(上・下)、タオル
▼利用について
・ご利用の際は、運動のしやすい服装の着用および、室内用シューズをお履きください
・飲み物は必ずキャップのついたものを使用してください
▼問合せ 健康いきいきセンター ☎079(435)5578

※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、中止または延期する場合があります。




4月から福祉会館が町の直営になります(播磨町) 2020.04.01.

福祉会館は現在、指定管理者である播磨町社会福祉協議会が運営していますが、4月より播磨町の直営となります。
※休館日が日、月曜日休館に変わります。
▶問合せ 福祉グループ ☎079(435)2361

福祉会館の総合相談と各種相談
【総合相談】
どこへ相談したらいいかわからない悩みや困りごとを経験豊かな専門員が対応します。相談者や支援者と一緒に考え、解決の糸口となるような窓口へとつなげます。
▶相談日時 火~土曜日 9:00 ~ 17:00(16:00受付終了)※祝日を除く
▶相談・問合せ 予約不要。電話でも福祉会館内の総合相談窓口でも相談を受け付けています。☎079(430)6000

【障害福祉なんでも相談室】
専門家による障害に関する相談です。相談支援事業者の社会福祉士、精神保健福祉士などの資格をもつ相談員が相談に応じています。
▶相談日時
●知的障がい者(児)相談 毎週火曜日 10:00 ~ 12:00
●精神障がい者(児)相談 毎週金曜日 10:00 ~ 12:00
※祝日を除く。
▶予約・問合せ 予約が必要です
総合相談窓口 ☎079(430)6000

【障がい者相談員相談】
同じような悩みや経験をしている人に相談したいときにご利用ください。障がいのある人またはその家族が相談に応じています。
▶相談日時
●知的・精神・発達障がい者(児)相談 毎月第2火曜日 13:00 ~ 14:30
●身体障がい者(児)相談 毎月第4土曜日 10:00 ~ 11:30
※祝日の場合は振替日があります。
▶問合せ 予約不要。直接福祉会館へお越しください
総合相談窓口 ☎079(430)6000




新型コロナウイルス感染症への対策(播磨町) 2020.04.01.

からの方針に基づき、子どもたちの健康を守り、感染症拡大防止のために下記の措置を行いました。
《令和2年2月28日》
1、町立小・中学校、町立幼稚園
・3月3日(火)~3月15日(日) 町立小・中学校を臨時休業とする
・町立中学校の卒業式は、3月17日(火)に時間短縮により実施する
・町立幼稚園については、3月3日(火)~3月13日(金)は自由登園とする
2、私立保育園 通常どおり
3、学童保育
・3月3日(火)~3月15日(日) 長期休暇開所時間に準じた開所とする
開所時間 8:00 ~ 18:00
延長保育18:00 ~ 19:00
・感染防止のための環境を整えるため、各小学校と協議のうえ、教室を学童保育所として利用できることとする《3月2日》

●子育て支援施設《2月28日》
南部・北部子育て支援センターは3月3日(火)~3月15日(日) 休館とする
●社会教育施設など《2月29日》
中央公民館、各コミセン、図書館、郷土資料館、総合体育館および各種スポーツ施設については、臨時休館は行わず開館。ただし、一部の行事や各種教室については中止または実施の延期とする
●健康増進施設《3月2日》《3月10日》
健康いきいきセンターは県内で感染者が確認されたことから、感染拡大を防止するため、3月3日(火)~3月15日(日)休館とする 31日(火)まで休館とする
その他、3月末までの保健事業(乳児健診、特定健診、がん検診など)、不特定多数が参加するイベントなどを原則中止または延期としました。《2月29日》
※3月10日現在の状況です。以降、状況に応じて対策本部会議を開催して対応。
《》は実施を決定した日付。



ページトップへ