12月 | 2019 | 兵庫県議会議員|岡つよし公式ホームページ


フォントサイズ変更

新着記事

月間アーカイブ

ツイッター

2019年12月の投稿記事一覧



新春書初めのつどい参加者募集(播磨町) 2019.12.16.

初めて筆を持つ人も、楽しんで書初めをしましょう!
▶日時 1月4日(土)
▶場所 中央公民館 大ホール
▶対象 町内の小学生
▶持ち物 習字セット、練習用半紙
▶講師 西口恭子
▶申込み 当日会場で受け付けします

学 年 課題文字 時間 用紙
1年生 うめ 9:00 ~10:00 半紙
2年生 ねどし
3年生 正月
4年生 新しい年 0:30 ~11:30 八ツ切
5年生 令和初光
6年生 天地四望春



年賀交歓会のお知らせ(稲美町) 2019.12.16.

と き 令和2年1月6日(月) 17:30~18:30(受付17:00~)
ところ コミュ二ティセンターホール (役場新館4階)
会 費 2,000円(当日集めます)
問合先 稲美町商工会 ☎ 492-0200

どなたでも参加いただけます。
事前の申し込みは必要ありませんので、お気軽にお越しください。
お酒もと用意しています。
※自転車による飲酒運転も法律違反です。
法令の順守をお願いします。




こんにちは♡保健師です(稲美町) 2019.12.16.

気づかぬうちに進行する糖尿病

糖尿病とは、血糖値を下げるインスリンの働きが低下する病気です。血糖値が高い状態(高血糖)が続くと、糖化した血液成分が全身をめぐって微小な血管を傷つけるため、全身の血管や臓器に次々と障害が生じる怖い病気です。失明の原因の第1位、慢性腎不全から人工透析にいたる原因の第1位がいずれも糖尿病であり、放っておくと危険な病気です。さらに、脳梗塞や心筋梗塞等の循環器病にもかかりやすくなります。しかい、糖尿病は自覚症状がないまま、進行している点も怖い病気といえます。
自分が、糖尿病になっていないか、糖尿病に関する数値が上がってきていないか、血液検査で知ることが大切です。特定健診を受けていない人は、必ず受けてください。そして、血糖値が高めと言われたら生活習慣の改善につとめ、糖尿病の疑いがあると言われたら、ためらわずに受診することが大切です。

【検査結果と照らし合わせて、確認してみましょう】

検査項目 正常領域 境界領域 糖尿病領域
HbA1C ~5.5% 5.6~6.4% 6.5%~
空腹時血糖値 ~99mg/dl 100~125mg/dl 126mg/dl~



令和4年度からごみ処理は高砂市の新施設で! 2019.12.15.

2市2町(加古川市・高砂市・稲美町・播磨町)によるごみ処理の
広域化に向け、高砂市にごみ処理施設を建設中です。
▶問合せ すこやか環境グループ☎079(435)2721

令和4年度より廃棄物の処理を高砂市で行います
東播臨海広域市町村圏を構成する加古川市、高砂市、稲美町とともに廃棄物の広域処理を行うため、高砂市に新しいごみ処理施設を建設しています。令和4年度より塵芥処理センターの稼働を停止し、ごみの焼却は新施設で行います。
▼稼働開始予定 令和4年4月1日
▼場所 高砂市梅井6丁目1‐1(現高砂市美化センター)
▼搬入する廃棄物 可燃ごみ、不燃ごみ及び粗大ごみ
▼廃棄物処理の広域化の目的
構成各市町が互いに役割分担しながらごみ処理に関する施策、事業を広域化し、共同で行うことで、ごみ処理の効率化を図るとともに環境学習をより推進し、ごみの資源化、減量化を促進する循環型社会の構築を目指します。

町民の暮らしへの影響は?
▼廃棄物処理の広域化に伴う問題と対策
ごみの運搬先が遠方となることから2つの問題が予想されます
・収集時間の遅延
・家庭から出るごみの施設への直接持ち込みへの対応

これら2つの問題は生活環境に直接影響するものですので、それを解決するため、播磨町塵芥処理センター敷地内に中継施設の建設を予定しています。

中継施設を作ればどうなる?
中継施設は、パッカー車で収集したごみと町民の皆さまが直接搬入されるごみを圧縮し、大型の車両に積み替え、処理施設のある高砂市までより効率的に運搬するための施設です。
▼中継施設建設の目的
この施設を建設することにより、令和4年度以降も現状と同じ収集時間でごみ収集を行うことができ、また、家庭ごみの持ち込みも受け入れることができるので、現状と同様の行政サービスを提供することが可能となります。

ごみ減量について
ごみの量が少なくなればより効率的に処理を行うことができます。ごみとして捨てられているものでも資源としてリサイクルができるものもたくさんあります。
可燃ごみ、不燃ごみ、粗大ごみ以外の資源ごみの処理については従来どおり播磨町で処理を行います。分別していただくことで資源が増え、ごみの減量にもつながりますので、今後とも分別にご協力をよろしくお願いいたします。

今後の予定

令和元年度 令和2年度 令和3年度 令和4年度
中継施設
(播磨町)
建設予定地の
測量、地質調査など中継施設建設に係る準備
施工業者
選定後、建設工事着工
中継施設完成 中継施設稼働
開始
ごみ処理施設
(加古川市・高砂市・稲美町・播磨町)
高砂市新処理施設の建設 10月より試験
稼働開始
廃棄物処理施設稼働開始

 




ジュニア・地域防災スクール 2019.12.14.

防災センター施設を活用して、防災講話や施設見学などを実施する防災講座への参加
者を募集します
対 象 小学生とその保護者
と き ①2年1月26日㊐ ②2月9日㊐ 各日10時~14時
ところ ①明石市防災センター②加古川市防災センター 各日
定 員 45人(先着)
料 金 無料
申込・問合せ 参加申込書をファクス、EメールでNPO法人県防災士会へ
☎ 090(4903)0188 📠 079(443)3616
Mail ishizaki01@hyogobousaisikai.or.jp




シニア(老人)クラブに加入しましょう! 2019.12.14.

お住まいの地域のシニア(老人)クラブに参加して、仲間と一緒に活動しませんか。
●シニア(老人)クラブとは
地域の高齢者が、これまでに培ってきた経験や知識を活かし、社会奉仕、教養、健康増進などの活動を自主的に取り組んでいます。
現在、播磨町では、21のクラブで1085人が活動されています。
▼申込み 直接地域のシニア(老人)クラブへ申し込みください
▼問合せ 福祉グループ ☎079(435)2361




資源回収運動奨励金(播磨町) 2019.12.14.

播磨町内の営利を目的としない団体が実施する、資源ごみ集団回収運動に対して、回収した資源ごみの量に応じて奨励金を交付しています。
▼奨励金の対象となる団体
自治会など(自治会、子供会、婦人会、老人会などの各種団体)、PTAなど(町内の各保育園、幼稚園、小学校、中学校の父母の会及びPTA)
▼単価 紙類及び布類は1㌔につき7円(アルミ缶・スチール缶・ガラス瓶は除く)、塵芥処理センターに搬入した紙パックは1㌔につき20円
▼申請方法 奨励金の交付を受けようとされる団体は、資源回収運動奨励金交付申請書に、回収業者が作成した仕切り伝票を添付して、すこやか環境グループまで提出してください。なお、奨励金の振込口座名義人は、申請団体名と一致した名義を使用してください
▼問合せ すこやか環境グループ ☎079(435)2721




外出支援(送迎)サービスがあります!!(稲美町) 2019.12.13.

対 象 いきいきセミナーやいきいきサロンに参加するにあたり自身で外出が困難であり、家族が送迎できない人
内 容 送迎用車両で自宅と会場を送迎します。
委託先 稲美町社会福祉協議会
申 込 いきいきセミナー申し込み後、社協による訪問調査の結果で利用の可否を決定します。




おおきくな~れ(播磨町子育て支援センター) 2019.12.13.

ギュツと抱きしめ気持ちを聞いて
このごろ、支援センターに来られている乳幼児の兄弟を育てているお母さんたちから、「上の子が下の子を押したり、叩いたりします。注意をしても、ぜんぜんなおりません」という相談がよく聞かれます。
お母さんは、下の子のお世話に忙しくて、上の子に対応する時間が少なくなっている場合があるかもしれませんね。
「上の子がおもちゃで遊んでいたのに下の子が邪魔をした」といった理由で、下の子を押したりするときがあります。
そんな時は、まず、上の子に声をかけて、共感しながら、気持ちを聞いてあげましょう。そうすることで、お母さんへの信頼感が高まり、「気持ちがわかってもらえた」と思って、押すことが、少なくなると思われます。
上の子が、お母さんの注目がほしくて、寂しくて、たたいたりする様子が見られたときは、お母さんは、イライラして「いい加減にしてよ」と、大きな声で怒ってしまうこともよくあります。「もう少し待ってね」「後でね」は子どもには理解できません。「今」してほしいのです。そんな時は、少しの時間でも目をあわせたり、添い寝をしてあげたり、ギュツと抱きしめたりすることが大事です。お母さんが、自分と向き合ってくれる時間があると、上の子の気持ちは落ち着きます。自分の気持ちが満たされると、
子どもは、親から離れて少しの時間を待つこともできます。




ふれあい交流館12月のイベント情報 2019.12.13.

門松づくり 参加者募集中
松・竹・梅・葉ぼたんなどを寄せ植えして門松をつくります。
と  き 12月21日(土)13:30~14:30
と  こ  ろ いなみ文化の森 正面玄関前駐車場
定  員 30人(先着順)
参  加  費 3,000円(材料費込、当日支払い)
申  込 受付中 定員になり次第終了とさせていただきます。

第43回新春かるた大会
と  き 令和2年1月5日(日)9:00~
と  こ  ろ 稲美町総合福祉会館 2階ホール
対  象 小学生以上
主  催 稲美町文化連盟
申  込 各小・中学校へは12月13日(金)まで ふれあい交流館へは12月20日(金)まで

第41回新春かきぞめ大会
と  き 令和2年1月11日(土)9:30~15:00
と  こ  ろ ふれあい交流館 2階ホール
対  象 小学3年生から中学3年生まで
申   込 各小・中学校へは12月13日(金)まで ふれあい交流館へは12月20日(金)まで

稲美町成人式
と  き 令和2年1月12日(日)13:30~(受付は13:00~)
と  こ  ろ 稲美町文化会館 コスモホール
対  象 平成11年4月2日~平成12年4月1日生まれの人




播磨町 子育て応援 すくすくタイム 2019.12.13.

▶問合せ こども窓口☎079(435)0366

冬場に多い感染症
インフルエンザ感染
毎年12月から3月頃にかけて、インフルエンザが流行します。インフルエンザは、感染者のくしゃみや咳に含まれるウイルスを吸い込む、またはウイルスが付着しているドアノブなどに触り、その手で目や口を触ることで感染します。
インフルエンザ感染を予防するには
①ウイルスを体内に入れない
・手洗いやうがいをこまめにする
・自分の顔のサイズに合ったマスクをする
・部屋の湿度を50%以上に保つ(ウイルスの生存率が激減します)
②ウイルスが体内に侵入しても発症させない
・バランスの良い食事、十分な睡眠、身体を冷やさないなどで、免疫力を高める
・予防接種を受ける(生後6カ月から接種可能)
ノロウイルス感染
食中毒というと夏場に起こりやすいイメージがありますが、ノロウイルスが原因の食中毒は主に11月から3月にかけて発生します。ノロウイルスは感染者の便や嘔吐物と一緒に排出されます。ウイルスに直接または間接的(トイレのドアノブなど)に触れ、手についたウイルスが食品などと一緒に口に入ることにより感染します。またウイルスに汚染した二枚貝(カキ、シジミなど)を食べて感染することがあります。
ノロウイルス感染を予防するには
・食事や調理前、トイレに行った後は必ずしっかりと手を洗う
・食品は、中心部が85℃~90℃の状態で90秒以上加熱調理する
・調理器具を清潔に保つ
・感染者が使用したものや触れたものは消毒用塩素液で拭く。
消毒用塩素液は、一般的な家庭用塩素系漂白剤(濃度6%)10mlを3Lの水で薄めて作れます(アルコール消毒はノロウイルスには効果があまりありません)

基本的なことですが、丁寧な手洗いや規則正しい生活が一番大切ですね。




展示関連講座「大災害を乗り越え るための心構えと行動」 2019.12.10.

「阪神・淡路大震災から25年」の展示に合わせて関連講座を開催します。
と き 12月22日㊐13時30分~15時
ところ 県立図書館
料 金 無料
申 込 ホームページから申し込み、または所定の申込書をファクスで同館利用サービス課へ
☎ 078(918)3366
📠 078(918)2500




稲美町婦人会おせち料理教室のお知らせ 2019.12.06.

◆と  き 12月21日(土)9:00~
◆と  こ  ろ 母里福祉会館 調理実習室
◆内  容 「おせち料理教室」
◆対  象 どなたでも
◆参  加  費 500円
◆申込期間 12月17日(火)まで(先着20人程度)
◆主  催 稲美町婦人会
◆申込・問合先 稲美町婦人会事務局 生涯学習課 ☎492-2340




子育て支援センターからのお知らせ(稲美町) 2019.12.05.

申込・問合先 こども課 育児支援係(子育て支援センター)☎ 492-9090

●ヨチヨチの会
歯科衛生士による、親子で楽しく遊べる「歯のお話し」があります。また、保健師、栄養士、子育て支援員による子育て相談も行います。申し込みはいりません。
【と き】 12月12日(木)10:00~11:30
【ところ】 いきがい創造センター 多目的ホール
【対 象】 1歳児のその保護者

● 1歳遊びの会
フェルトで簡単にできる「手作り布人形」を親子で楽しく作りませんか?
【と き】 令和2年1月9日(木)10:00~11:30
【ところ】 いきがい創造センター 子育てルーム
【対 象】 1歳児とその保護者
【定 員】 15組
【申込み】 12月12日(木)8:30~(定員になり次第締切ります)

● クリスマス会
❝演遊舎❞の人と一緒に親子で触れ合ったり、歌ったりしながらクリスマスを楽しみましょう!!サンタさんも来てくれるかも・・・。申し込みはいりません。
【と き】 12月13日(金)10:00~11:30
【ところ】 いきがい創造センター 多目的ホール
【対 象】 未就園児とその保護者
【講 師】 演遊舎(NPO法人 生涯学習サポート兵庫)




播磨ふれあいの家だより 2019.12.04.

▶申込み・問合せ 播磨ふれあいの家
☎079(678)1481 朝来市多々良木1244-1

忘・新年会にぜひ、播磨ふれあいの家を!
1年は早いもので、もう師走となります。今年の締めくくりとして忘年会を計画しませんか?日帰りでも、あるいはお泊りでの歓談などにご利用ください。送迎(無料)もご相談ください。
料理は豊富な品揃えからお選びください。
【会席料理】(税込)
●月替り会席 3,960円 女性、シニアに最適
●グルメ八鹿豚 5,940円 養父市のブランド豚を陶板焼きでどうぞ
●グルメ黒毛和牛 6,600円 ボリューム満点 黒毛和牛の陶板付き
●グルメ但馬牛 7,700円 陶板焼(和牛)が但馬牛のステーキにアップ
●グルメ但馬会席 8,800円 グルメ但馬牛に海鮮焼をプラス
●かに会席 7,150円 11月~3月限定 蟹をメイン食材とした会席
【鍋物】(税込)
●かも鍋 4 ,400円
●寄せ鍋 4 ,950円
●すきやき(和牛) 5 ,500円
●すきやき(但馬牛)   7,700円
●しゃぶしゃぶ(和牛+豚) 4 ,950円
●しゃぶしゃぶ(但馬牛+豚) 7,150円
●ぼたん鍋 7 ,150円
●かにすき 8 ,250円
●かにすき&但馬牛ステーキ 9 ,900円
送迎バスもあります
日帰りの場合、10人以上でのご利用をお願いします。
その場合、貸切とさせていただきます。
※お泊りの場合は、利用人数に関係なく下の時刻表のとおりに発着するバスをご利用ください。(バスの利用は事前の申し込みが必要です)

お迎え お送り
1便 2便 1便 2便
土山駅南口 11:50 15:50
播磨町役場 12:00 16:00 10:00 14:30
東加古川駅南口 12:15 16:15



12月は税収確保重点月間です 2019.12.03.

県税は、防災対策、子育て支援、道路整備など、さまざまな施策を展開するための財源として役立っています。加古川県税事務所では税収を確保するため、市町と連携し、次の取り組みを強化します。
●預金、給与、自動車、不動産等財産の差押え
●捜索や一斉集中催告
問合先 加古川県税事務所
    収税課   ☎ 079(421)9275
    自動車税課 ☎ 079(421)9023
         📠 079(421)4732




加古郡12月のリサイクルプラザ情報 2019.12.02.

☎079(437)7671
毎週月・火曜日休館

臨時休館日のお知らせ
第6 回加古ちゃんの3 Rフェスタ準備の為、定期休館日とは別に次の日程が臨時休館日となります。ベビー用品の貸出・返却はできませんので、ご注意ください。
▼日程 12月 7日㈯※粗大ごみの搬入はできます。
(午前8時~11時30分)

第6回加古ちゃんの3Rフェスタ
▼日時 12月8日㈰ 午前9時~12時30分(雨天決行・荒天中止)
▼場所 加古郡リサイクルプラザ館内

加古ちゃんの有機肥料ご愛顧感謝半額販売
日頃のご愛顧に感謝して、加古ちゃんの有機肥料(10㌔袋入)の半額販売を行います。
通常、1袋200円のところを100円で販売します。
▼販売数 1世帯に10袋まで(合計500袋)
※応募多数の場合は、抽選を行います。
▼引渡期間 抽選結果の発表時にお知らせします(1月初旬を予定)
▼応募方法 往復はがき、またはメールに住所、氏名、電話番号、希望数をご明記のうえ、お送りください
〒675-0155 加古郡播磨町新島60 加古郡リサイクルプラザ
plaza@kakoeisei.or.jp
▼申込期限 12月18日㈬必着
※申し込み内容に不備がある場合は、無効となります。

体験教室
※小学校低学年は、保護者同伴のこと。
①モザイクガラスのキャンドルホルダー作り
モザイクガラスを組み合わせてキャンドルホルダーを作ります。
▼日時
12月6日㈮ 午前9時30分~正午、午後1時30分~4時、
12月14日㈯ 午前9時30分~正午、
12月15日㈰ 午前9時30分~正午、午後1時30分~4時
▼定員 各回8人
▼費用 300円
▼持ち物 タオル1枚、紙ねんどで汚れてもいい服装
※作品は後日の引き渡しになります。
②ガラスの判子作り(サンドブラスト)
ガラス製の判子に砂を吹き付けて、好きなデザインを加工します。
▼日時 12月21日㈯、22日㈰午前9時30分~正午、午後1時30分~4時
▼定員 各回8人
▼費用 300円
※カッターナイフを使って、ガラスに加工します。




播磨町で子育てしよう(子育て支援センター) 2019.12.02.

南部子育て支援センター
北部子育て支援センター
ニコニコの森・わくわくの森 クリスマス会
クリスマスが近づいてくると大人も子どもも、わくわくしますね。支援センターで、クリスマス会をします。サンタさんもきっと来てくれると思います。みんなで参加して、楽しい時間を過ごしましょう。
●南部子育て支援センター
▼日時 12月6日㈮午前10時~11時
▼定員 先着50人
●北部子育て支援センター
▼日時 12月19日㈭午前10時~11時
▼定員 先着80人
▼持物 各自の靴を入れる袋
【両センター共通】
▼対象 町内在住の就園、就学前(平成31年4月1日生まれまで)の子どもとその保護者
▼費用 子ども1人100円
▼申込み・問合せ 12月2日㈪午前9時から受け付けます。費用を添えて申し込んでください(電話での申し込みは不可)
南部子育て支援センター ☎︎079(437)4188
北部子育て支援センター ☎︎078(944)0717
※できるだけたくさんの人に参加していただきたいのでどちらか一方のセンターにお申し込みください。

南部子育て支援センター
地域交流手作り会 正月かざり
竹をはじめとした天然の材料を使って、門松を作ります。オリジナルの飾りで、新年を迎えませんか。
▼日時 12月24日㈫午前10時~11時30分
▼場所 南部子育て支援センター
▼対象 町内在住の小学生
※保護者同伴であれば就学前の子どもでも可
▼定員 先着20人
▼費用 100円
▼申込み・問合せ 12月2日㈪午前9時から受け付けます。費用を添えて申し込んでください(電話での申し込みは不可)
南部子育て支援センター ☎079(437)4188




歴史講座「大正モダニズムと教育~印南野台地の小学校生活の記録~」受講者募集! 2019.12.01.

と  き 令和2年1月18日(土)13:30~15:30
と  こ  ろ いなみ文化の森 ふれあい交流館 研修室1
講  師 船越 哲也 氏
定  員 25人
受  講  料 100円 ※講座当日にお持ちください。
申込方法 図書館窓口(いなみ文化の森内)またはfaxにてお申し込みください。
申込期間 12月4日(水)~令和2年1月10日(金)(必着)
※定員になり次第、募集を終了します。
問  合  先 稲美町立図書館 ☎ 492-7800 📠 496-5074




2019 いなみ人権・福祉フェスティバル 2019.12.01.

国際連合は、昭和25(1950)年の第5回総会において、世界人権宣言が採択された12月10日を『人権デー』と定めました。法務省と全国人権擁護委員連合会は、毎年12月10日の人権デーを最終日とする1週間を『人権週間』と定め、人権尊重思想の普及高揚のための啓発活動を全国的に展開しています。
また、平成16(2004)年の障害者基本法の改定により、毎年12月3日から12月9日までは『障害者週間』と定めています。
稲美町においても、心のふれあう温かい人間関係を築き、お互いの人権を尊重する明るいまちづくりを目指して、《 2019 いなみ人権・福祉フェスティバル 》を開催します。

と き  12月7日(土)9:20~11:40(受付8:40~)
     ※手話通訳・要約筆記が付きますまた、会場にはヒアリングループを設置しています。
ところ  稲美町立文化会館(いなみ文化の森)コスモホール
(主催) 稲美町、稲美町教育委員会
(共済) 稲美町社会福祉協議会
(後援) 稲美町人権・同和教育研究協議会、神戸地方法務局加古川支局、
     加古川人権擁護委員協議会
《表彰式》令和元年度「障害者週間」啓発ポスターコンクール 表彰受賞者
     優秀賞 天満東小学校 3年 松本  麓さん
         稲美中学校  3年 吉山 萌生さん
     入 賞 天満小学校  4年 伊藤 琉真さん
         天満南小学校 5年 渡海 璃子さん
         天満南小学校 5年 山本 愛梨さん
         稲美中学校  3年 榎本 早希さん
         稲美中学校  3年 前川 晴哉さん
         稲美中学校  3年 丸尾 浩輝さん
《人権作文朗読》第39回「全国中学生人権作文コンテスト」兵庫県大会
     加古川・高砂・稲美・播磨地区予選優秀賞受賞
     「思いやる心」 稲美中学校1年 垣本 茉奈香さん
《講 演》「バリアバリューから未来を創る!」 講師 岸田 ひろ実さん
《模擬店》クッキー、手作り作品などを販売します(12:00頃まで)。
     出店 ワークルームふれあい、らいふサポートくるみ、こばと園




コスモホール12月のイベント情報 2019.12.01.

◆COSMO 夢コンサート 入場無料
~第一水曜日の夜7時から夢コンサートでひとときを!~
12月4日(水) 開演19:00(開場18:30)
vol.274 音の宝石箱【クラシック~ポップス・演歌】
β【クラシック他】
1月8日(水) 開演19:00(開場18:30)
vol.275 ポスカの会【クラシック】
兵庫大学吹奏楽部【吹奏楽】
※夢コンサートはボランティア(オペレータクラブ、レディーサークル)で運営しています。ただいま会員募集中!舞台設営の見学もできます。お気軽にお問い合わせ、またはお越しください。

海外合唱団と兵庫稲美少年少女合唱団の共演
チェコ少年合唱団 ボニ・プエリ クリスマスコンサート
毎年恒例の海外合唱団と兵庫稲美少年少女合唱団とのハーモニーをお楽しみください。
と き 12月13日(金)
開 演 19:00(開場18:30)
入場料 1階席2,000円(当日2,500円)【全席指定】 2階席1,500円(当日2,000円)
※未就学児入場不可
※好評発売中

いなみ野音楽祭
子どもから高齢者まで様々な人たちが、コーラスや吹奏楽を発表するコンサートです。
多数のご来場をお待ちしています。
と き 令和2年1月26日(日)
開 演 13:30(開場13:00)
ところ 稲美町文化会館コスモホール

大切なあの人のためにスタインウェイピアノを弾こう!
COSMOバレンタインピアノコンサート

今年も子どもから大人まで多数の方が大切な人へのメッセージを込めてスタインウェイピアノを弾きます。熱い想いを奏でる生演奏をお楽しみください。
と き
 令和2年2月9日(日)
開 演 午前の部10:00 午後の部13:00
企画・運営 コスモホール・オペレータークラブ コスモレディーサークル

2020 爆笑! お笑い絶品ものまねライブin稲美
と き 令和2年2月15日(土)
開 演 14:00(開場13:30)
出場予定 みはる 君島遼 阿佐ヶ谷姉妹 ヒロシ アキラ100%
入場料 【全席指定】 3,000円(当日3,500円)
※未就学児入場不可
※12月14日(土)10:00~発売開始




年末の交通事故防止運動12月1日㈰〜10日㈫ 2019.12.01.

〇交通安全意識を高める日 12月1日㈰
年末は師走特有の気ぜわしさや飲酒の機会が増えることから、交通事故の多発が懸念されます。
このような情勢を踏まえ、交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を習慣付け、交通事故防止の徹底を図りましょう。
〇運動の重点
・子どもと高齢者の安全な通行の確保
・高齢運転者の交通事故防止
・飲酒運転の根絶
・夕暮れ時と夜間の歩行中
・自転車乗用中の交通事故防止
・全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
▼問合せ 危機管理グループ ☎079(435)0991




令和元年度 「こころふれあう 町民のつどい」講演会 2019.12.01.

12月4日〜10日は人権週間です

演題  「変わりゆく社会の中で、守りたい いのちと心」
講師   住田 裕子さん(弁護士)
日程   12月8日(日)
▶プログラム
  13:00 開場
  13:30 開会行事
     (町長挨拶・小中学生人権作文表彰と朗読)
  14:00 講演(90分)
  15:45 閉会
▶場所  中央公民館大ホール
▶定員  400人
  来場者多数の場合、入場をお断りすることがあります。ご了承ください。
  駐車場には限りがありますので、できるだけ徒歩か自転車でお越しください。
▶司会進行 8月の「共に生きよう ふれあいのまち」映画会と同じく、兵庫県立
  播磨南高等学校放送部の生徒が担当します
▶問合せ 播磨町教育委員会 生涯学習グループ ☎079(435)0565




高齢者インフルエンザ予防接種のお知らせ(稲美町) 2019.12.01.

高齢者に対するインフルエンザ予防接種を一部公費負担で実施しています。接種を希望する人は、事前に協力医療機関に予約のうえ接種してください。
対  象 稲美町内に住民票がある方で、接種当日に満65歳以上の人、または60歳以上65歳未満の人で心臓、腎臓もしくは呼吸器に重い障がいのある人など
接種機関 令和2年1月31日(金)まで
接種回数 1回
必要なもの ①予診票(協力医療機関にあります) ②町内に住んでいることを確認できるもの(健康保険証など)
接種費用 1,500円(自己負担分、実際の費用は総額約5,000円ですが、町が差額を負担しています)
※生活保護法による被保護世帯、または町民税非課税世帯の人には、接種費用を助成します。接種前に助成券申請手続きが必要ですので、上記接種期間内に身分証明書等をお持ちのうえ、健康福祉課へお越しください。平成31年度介護保険料額決定通知書(介護保険料区分が1~3段階の人に限る)を協力機関に提示する場合は、手続きは不要です。
稲美町、加古川市、明石市、高砂市、播磨町の協力医療機関で接種できます。
(事前に予約してください)。
上記以外の兵庫県内医療機関でご希望の人は、接種される1週間前までに健康福祉課へお越しください。

お問い合わせ 健康福祉課健康推進係 ☎492-9138




「共に生きよう ふれあいのまち」宣言30周年(播磨町) 2019.12.01.

12月4日〜10日は人権週間です

播磨町の前身である阿閇村誕生100周年を迎えた平成元年4月28日、思いやりとぬくもりのある新たなふるさと創生をめざし、人間尊重の原点に立った「共に生きよう ふれあいのまち」宣言が行われました。
今年はその宣言からちょうど30周年を迎えています。
21世紀の扉はすでに開かれていますが、播磨町の人権教育の基盤となるこの宣言文の意味を改めて考える機会としたいものです。

人権尊重「共に生きよう ふれあいのまち」宣言文
                             平成元年4月28日

ゆかしい歴史と恵まれた自然の中に生きるわたしたちは、心豊かに幸せな生活をおくりたいと願っています。
そのために、一人一人がお互いのいのちと人権を大切にし、共に学び、仲間としてふれあい、共感の輪を広げていきます。
ここに、わたしたちは人間尊重の原点に立ち、「共に生きようふれあいのまち」を宣言します。
みんなの暮らしにぬくもりがかよいあう明るいまちづくりをめざし、誇りをもって21世紀の扉をひらくよう努めます。

わたしたちは、
一、 人権意識を高め、あらゆる差別をなくします。
一、 学習をすすめ、正しい生き方を身につけます。
一、 ふれあいを深め、あたたかい人間関係を築きます。

特設人権相談を開設
いじめ、いやがらせなどでお悩みの人は、お気軽にご相談ください。
相談は無料で、秘密は守られます。(予約不要)
▶日 時 12月2日(月) 13:00~15:00
▶場 所 福祉しあわせセンター
▶問合せ 福祉グループ ☎079(435)2362




年末の交通事故防止運動(稲美町) 2019.12.01.

運動期間】 12月1日(日)~10日(火)
年末は飲酒の機会が増えることや交通量の増加等により交通事故の多発が心配されます。正しい交通マナーを実践し、交通事故を防ぎましょう。
※町では、夜間や早朝の交通事故防止のため、希望される人には反射タスキを配布しています。
【問合先】 危機管理課 安全安心係 ☎ 492-9168




県立考古博物館 12月イベント情報 2019.12.01.

☎079(437)5589
12月の休館日 2日、9日、16日、23日~1月1日

特別展「埴輪の世界―埴輪から古墳を読みとく―」
▼会期 12月1日㈰まで開催中
特別展解説
▼日時 12月1日㈰午後1時30分~2時(当日受付)
▼場所 特別展示室
※観覧券が必要です。(高校生以下無料)

兵庫考古学研究最前線2019
講演会「考古学からみた人形ながし」
▼日時 12月7日㈯ 午後1時30分~3時(当日受付、午後0時50分開場)
▼場所 講堂
▼定員 先着120人
▼講師 藤田淳(兵庫陶芸美術館所長補佐兼学芸課長)

考古博DEコンサート
●高校生による「歌おう!メリークリスマス」
地元高校生による合唱コンサートです。参加校は加古川西高校、加古川東高校、加古川南高校、東播磨高校、明石西高校の5校の予定です。
▼日時 12月15日㈰
①正午~、②午後3時~
▼場所 ネットワーク広場
●サクソフォン・アンサンブル・コンサート
東播磨を中心に活動する実力派グループ「サクソフォンアンサンブル宴」によるコンサートです。
▼日時 12月22日㈰午後2時~
▼場所 ネットワーク広場



ページトップへ