播磨町 子育て応援 すくすくタイム | 兵庫県議会議員|岡つよし公式ホームページ


フォントサイズ変更

新着記事

月間アーカイブ

ツイッター



播磨町 子育て応援 すくすくタイム 2020.08.03.

赤ちゃんが快適に夏を過ごすために
▶問合せ こども窓口☎079(435)0366

暑い夏は、赤ちゃんにとってもたくさんの体力を消耗します。ことばが話せない赤ちゃんは体調を伝えることができないので、暑さ対策をして快適に夏を過ごしましょう。
〇エアコンは暑すぎず、寒すぎず
赤ちゃんは、大人と比べて体温調節が未熟です。赤ちゃんにとって快適な夏の室温は26 ~ 28 度といわれています。室温は外気温との差を5 度以内にするのが良いでしょう。
気をつけたいのは、エアコンや扇風機の風を赤ちゃんに直接当てると、身体を必要以上に冷やす可能性があります。扇風機は部屋の空気を拡散させる目的で使用するのが良いでしょう。
〇夏のお出かけ
午前10時から午後2 時は紫外線の量が多い時間帯ですので出かけるのは控えましょう。
スーパーなどは冷房がよくきいているので、タオルケットやカーディガンなどを掛けて対応を。
赤ちゃんは大人よりも汗っかきです。汗をかいたままにするとあせもの原因になるので、外出時にはこまめに汗を拭き取り、汗取りパットを利用したり、肌着を着替えましょう。また、脱水症状にもなりやすいのでこまめに水分補給もしましょう。
〇日焼け止め
普通の生活くらいなら日傘や帽子などでの対応でいいでしょう。外に出る時間が長い時は、ベビー用の日焼け止めクリームを使用しましょう。SPF20・PA ++くらいが良いでしょう。紫外線吸着剤が不使用でお湯や石けんで落とせるものを選びましょう。
〇虫よけはディートが含まれていないものを
市販の虫除けスプレーには、農薬にも混入されている「ディート」を使用しているものが多いので、赤ちゃんにはあまり適しません。「ディート」を含まないものを選びましょう。



ページトップへ