3時間を超える激闘! 東播磨高校VS明豊高校 | 兵庫県議会議員|岡つよし公式ホームページ


フォントサイズ変更

新着記事

月間アーカイブ

ツイッター



3時間を超える激闘! 東播磨高校VS明豊高校 2021.05.01.

第93回選抜高等学校野球大会3日目の3月22日(月)、21世紀枠で初出場を果たした東播磨高校は、九州地区代表の明豊高校との1回戦に臨み、3時閣を超える激闘のすえ延長11回、惜しくも9対10でサヨナラ負けとなりました。
対戦相手の明豊は、春夏合わせて11回の甲子園出場を誇り、経験では圧倒的に上回っていましたが、東播磨は1回から5番の鈴木悠仁選手のタイムリーツーベースなどで一気に3点を先取しました。試合開始早々先制した東播磨の三塁側アルプススタンドでは、新型コロナウイルス感染症対策の影響で声が出せない中、大きく手を叩いたり、その場で飛ひ跳ねて応援するなど序盤から大きな盛り上がりをみせました。
その後、試合は激しい点の取り合いとなり、東播磨は一時4点のリードを奪われるも、必死に食らいつき、9回の土壇場で同点に追いつく驚異の粘りを見せました。試合は延長11固までもつれ込み、惜しくも敗れましたが、強豪校と互角に渡り合い、今大会21世紀枠最多の9得点を奪う奮闘を見せた選手たちの姿は観客に勇気を与え、まさに記憶に残る好ゲームと怠りました。
東播磨高校野球部の皆さん、夏の甲子園でも皆さんの活躍を見られることを期待しています。春夏連続の出場を目指して頑張ってください。
また、東播磨と対戦した明豊は、初の準優勝に輝かれました。おめでとうございます。



ページトップへ